データカードダス ドラゴンボールZ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

データカードダス ドラゴンボールZは、バンダイより発売されているトレーディングカードを使用するアーケードゲームデータカードダス』の一つ。また、「データカードダス ドラゴンボールZシリーズ」の1作目である。

2005年3月中旬から、2006年4月中旬にかけて稼働し、続編の「データカードダス ドラゴンボールZ2」の登場によって、稼働終了した。 そして、ドラゴンボール改放送開始時、ドラゴンボールヒーローズが稼働した。

遊び方[編集]

  1. お金を入れる。
  2. 『ひとりで遊ぶか』(赤のボタン)、『ふたりで対戦するか』(緑のボタン)、『遊ばずに買うか』(青のボタン)のどれか一つを30秒以内に選ぶ。時間内に、どのボタンも押さなければ、自動で「遊ばずに買う」となる。
  3. 『ひとりで遊ぶ』を選んだ場合は、ゲームのレベルを選択することになり、はじめて(緑のボタン)、ふつう(赤のボタン)、つよい(青いボタン)を、また30秒以内に選択。時間内に選択しなかったとき、「はじめて」となる。
  4. 『二人で遊ぶ』を選んだ場合は、1Pと2Pに分かれて対戦することが出来る。
  5. 『遊ばずに買う』を選んだら、「本当によろしいですか?」という画面が出てきて、「はい」と選択すると、カードを買うことができる。また、カードが機体から排出されたとき、画面にこのゲームに関する情報を見ることが出来る。

カード関係[編集]

種類[編集]

種類は、バトルカード、サポートカード、イベントカードの3種類。カード表面のふちの部分の色がバトルカード(青)、サポートカード(緑)、イベントカード(赤)とそれぞれ異なっている。また、カード裏面に表記されている漢字の文字もそれぞれ異なっており、バトルカード(闘)、サポートカード(技)、イベントカード(激)となっている。

レア度[編集]

レア度は4種類。

  • ノーマル……文字も光っていなく、キラ加工されていない。
  • レア…………文字のみ光っている。
  • 激レア………キラ加工のみされている。
  • 爆レア………文字が光っており、キラ加工もされている。

ラインナップ[編集]

第1弾から第8弾まで販売された。また、「SPカード」というイベント関係、雑誌などの付録でしか手に入らないカードもある。カード枚数は、3種類合計にすると285枚になる。

  • 第1弾(3月中旬稼働)……合計52枚
  • 第2弾(4月下旬稼働)……合計15枚
  • 第3弾(6月中旬稼働)……合計25枚
  • 第4弾(8月中旬稼働)……合計25枚
  • 第5弾(10月中旬稼働)……合計25枚
  • 第6弾(11月上旬稼働)……合計25枚
  • 第7弾(1月下旬稼働)……合計25枚
  • プレミアムエディション(第8弾)(3月上旬稼働)……合計50枚
  • SPカード……合計43枚

超カードゲームとの関係[編集]

今作の「プレミアムエディション(第8弾)」のカードは、カードゲームと混ぜて使用することが出来る。しかし、第1~7弾までのカードは、超カードゲームの情報が表記されていないため、混ぜて使用することが出来ない。

関連項目[編集]