プレイディア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
プレイディア
Playdia-Console-Set.png
プレイディア
メーカー バンダイ
種別 据置型ゲーム機
世代 第5世代
発売日 日本の旗 1994年9月23日[1]
CPU TMP87C800
対応メディア QIS規格CD-ROM
コントローラ入力 無線(赤外線)
売上台数 日本の旗 12万台
前世代ハードウェア アルカディア
次世代ハードウェア ピピンアットマーク
テンプレートを表示

プレイディアPlaydia)とは、1994年バンダイより発売された家庭用ゲーム機。バンダイはゲーム機ではなく「CD-ROMプレイヤー」と称していた。定価24,800円(税別)[1]。正式発表前の仮称はBA-X[1]

概要[編集]

CD-ROMドライブを装備し、ソフトウェアはCD-ROMで供給された。音楽CDの再生も可能で、再生中の画面はブルーバックで再生状態やトラックナンバーなどは表示されない。コントローラは赤外線によるワイヤレス方式で単4電池2本を使用し、使用しない際には本体にはめ込んで格納することが可能である。

ターゲットとなる年齢層は小学生をメインとして設定されており、当時の家庭用ゲームとしてはハード・ソフト共に安価であった[1][2]

イメージキャラクターは、子役当時の安達祐実[2]。安達は、本機そのものの関連CMはもとより、本機用の非売品ソフトにも出演していた。安達の代表作として知られるテレビドラマ家なき子』はソフト展開当時に放送されたため、番組自体(土曜グランド劇場)はバンダイがスポンサーでなかったのにもかかわらず、『テレビシリーズ 家なき子 〜すずの選択〜』のタイトルかつ唯一のサードパーティー製タイトル[注 1]として本機でゲーム化されていた。

本体やソフトウェアのパッケージには、「QIS」というロゴと、「このソフトはQIS規格専用ソフトです」という表記がされている[2]。QISとは、「Quick Interactive System」の略であり、CD-ROMへの高速アクセス機能を指す[1]

当初は29,800円(税別)で発売される予定であったが、発売前の8月に24,800円(税別)に値下げされた。初年度の目標は本体出荷台数20万台、ソフト出荷本数30万本。[3]1995年度に入ると出荷台数20万台、ソフト出荷本数40万本を目標に、アニメファンと知育需要に特化したソフト展開にシフトした。[4]

後年、バンダイの公式サイトに本機の情報は記載されず、社史にも記載がない[5]。アンケート結果にて本機用のソフトが言及されているのみである[6]

バンプレストから1996年に稼働した業務用筐体の『みちゃ王』は、内部に本機[注 2]を改造して搭載した[7]ため、みちゃ王用のディスクは本機でも利用できていた。

なお、当時の競合他社製品が軒並み32ビットCPUや64ビットCPUを搭載したため、本機は5世代目ゲーム機としては唯一の8ビットである。

ハードウェア[編集]

仕様[編集]

プレイディアの基板
  • 三洋電機 LC89515 - CD-ROM ホスト インターフェース
  • 東芝 TA2035F - CD フォーカス、トラッキングサーバー
  • 東芝 TC9263F - CDシングルチッププロセッサー
  • ローム BA6398FP - 4チャンネルBTLドライバー CDプレイヤーモーター用
  • 東芝 TMP87C800F - 8 Bit マイクロコントローラ(8K ROM, 16K RAM) - 8 MHzで作動64K(TLCS-870シリーズは大部分をZ80に基づいている)にアクセス可能
  • シャープ LH52B256 - 256K(32K × 8)SRAM
  • NEC μPD78214GC - 8 Bit マイクロコントローラ(16K ROM, 512 byte RAM) - 12 MHz で動作, 1MB(NEC 78K series)にアクセス可能
  • 東芝 TC514256JAJ - 256K ワード × 4 ファストページDRAMチップ
  • 旭化成 AK8000 - オーディオ / ビデオプロセッサー
  • フィリップス DA8772AH - トリプル 8Bit DAC
  • ソニー CXA1229M - NTSC/PAL エンコーダー
  • ローム BA10324AF - クアッド Opアンプ
  • 三洋電機 LC78835K - 18BIT フィルタ付DAC
  • ローム BU3052BCF - デュアル 4 チャンネルアナログマルチプレクサ

その他[編集]

読み込み速度やコントローラのレスポンスはお世辞にも迅速とは言いがたく、アクション性の要求されるようなソフトは皆無だった。 ターゲットとなる年齢層は小学生をメインとして設定されており、リリースされたソフトは幼児知育ものや、バンダイお得意の、ドラゴンボールセーラームーンといったキャラクターものがそのほぼすべてを占める。前述のようにリアルタイム性の低い、クイズゲームや図鑑のような体裁のものが中心となった。 商業的にはセガサターンプレイステーションよりも安価(当時)とはいえ、見劣りしてしまうスペックや、ソフトを供給するサードパーティが現れなかったこと、対象年齢がいわゆる『ゲーマー』とは重ならなかったこと、テレビゲームのショップがハード・ソフトともにあまり取り扱われなかったことなどから、成功したとは言いがたい。後に『プレイディアV エレメントボイスシリーズ』という、当時ブームになりつつあった深見梨加、久川綾、白鳥由里などの女性声優にスポットを当てて、声優ファンを取り込もうという試みたシリーズをリリース。このエレメントボイスシリーズは同内容のPC版ものちにリリースされている。 特徴としては旭化成が開発したアナログ方式MPEGデコーダのチップを搭載していたので、アニメ再生の画質はセガサターンやプレイステーションと比較にならないほど綺麗でなめらかだった。 テレビ東京で放送されていたテレビゲーム情報番組「Theゲームパワー」では、視聴者参加によるゲーム対戦コーナーにおいて、勝者への賞品としてプレイディアが贈呈されていた時期があった。ちなみに、敗者にはその対戦で使用したものと同じゲームソフト(主にスーパーファミコン用)が贈呈されていた。 プレイディアのコンセプトは後のバンダイが発売するプレイステーション用ソフトの幼児向けシリーズである、キッズステーションに受け継がれたと言える。

ソフトウェア[編集]

脚注[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e マイコンBASICマガジン』1994年11月号とじ込み付録「スーパーソフト・ホット・インフォメーション」より。『マイコンBASICマガジン』1994年11月号付録35頁。
  2. ^ a b c “3,000万円を投資したコレクターが語る「セーラームーン」!Vol.10 知る人ぞ知るゲーム機「プレイディア」ー20年以上経っても動くことに衝撃が走る”. インサイド (イード). (2021年2月11日). https://www.inside-games.jp/article/2021/02/11/130907.html 2021年5月29日閲覧。 
  3. ^ 「秋の商戦 これが切り札 プレイディア バンダイ」日経産業新聞、1994年8月19日、14頁。
  4. ^ 「プレイディア 人気声優起用ソフト バンダイ アニメファンに的」日経産業新聞、1995年4月26日、9頁。
  5. ^ 歴史 | バンダイ公式サイト - バンダイ
  6. ^ 1995年|調査結果バックナンバー|バンダイこどもアンケート|株式会社バンダイ - バンダイ
  7. ^ @pekindaq - 2017年4月4日

注釈[編集]

  1. ^ 販売元はバップで、日本テレビ系列(連結子会社)のソフトウェア関連企業であり、発売当時はゲームソフト事業(vap GAME)も持っていた。
  2. ^ 稼働時期がソフト展開の末期であったため、デッドストック品を譲り受けていた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]