半保護されたページ

荘真由美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

しょう まゆみ
荘 真由美
プロフィール
本名 難波 真由美(なんば まゆみ)[1](旧姓:荘[2]
性別 女性
出生地 日本の旗 日本東京都東京都練馬区大泉学園町[3]
生年月日 (1965-02-05) 1965年2月5日(55歳)
身長 156 cm[4]
職業 実業家
事務所 ケッケコーポレーション取締役
配偶者 難波圭一声優
活動
活動期間 1984年 - 2007年
デビュー作 ミミー(『コアラボーイコッキィ』)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

荘 真由美(しょう まゆみ、 1965年2月5日[5] - )は、日本女性実業家、元声優東京都練馬区大泉学園町出身[3]ケッケコーポレーション取締役、かつては青二プロダクションに所属していた[3]

人物紹介

特色

若手時代は元気な少女から物静かな少女まで、幅広く演じていた。また、栗田ゆう子のような芯の強い大人の女性も担当し、『ドラゴンボールZ』、『吸血姫美夕』などでは母親役を担当していた。この他、少ないながら少年役の担当経験も持つ。

復帰後は多少声質が変化したこともあって、年齢の高い役柄が主となっている。『金色のガッシュベル!!』のシェリーの母、『ふたりはプリキュア』の美墨理恵、『しあわせソウのオコジョさん』のゆうたの母など、母親役がより増加した他、濡れ場を演じることもある。

経歴

大妻女子大学中野女子高等学校(現:大妻中野高等学校)在学中の高校2年生の時に授業中にアニメ雑誌が回覧されており、読んだところ勝田久の声優教室の記事を見つけて業界に興味を持ち[3]青二塾東京校に2期生として入学。1984年、『コアラボーイコッキィ』(ミミー役)で声優デビュー。

機動戦士Ζガンダム』(クムハロ役)、『ドラゴンボール』(チチ役)、『めぞん一刻』(音無郁子役)、『ハイスクール!奇面組』(一堂霧役)、『美味しんぼ』(栗田ゆう子役)、『キテレツ大百科』(初代・野々花みよ子役)などヒット作品に多く出演。1980年代後半における主要声優の1人となった。

難波圭一との結婚後も活動を続けていたが、1990年末から1991年初頭にかけては出産のため、栗田ゆう子を除く当時の持ち役を全て降板。『美味しんぼ』の終了後、1992年には一度引退することとなった。その際、夫や業界関係者には「様子を見て時期が来たら復帰したい」と意志表示をしていたという。しかし不定期に活動を続行し、『美味しんぼ』のテレビスペシャル、ゲーム『QUOVADIS 2〜惑星強襲オヴァン・レイ〜』、難波主演のOVA作品、難波主催の劇団による舞台演劇などに出演。特に演劇は、年に1度は参加していたという。

その後、「子どもの成長」、「当時の関係者からの復帰依頼」、「ファンの要望」などを理由に、1990年代後半頃より本格的に復帰。復帰後の初レギュラーは、1997年の『夢のクレヨン王国』における武烈女王役となった。

現在はケッケ・コーポレーションの取締役であると同時に、2010年からは松濤アクターズギムナジウムの声優部門・主任講師となった。声優業からは完全に引退し、新人声優の育成にも携わっている。

エピソード

声質

キテレツ大百科』のみよ子役には、荘の後任として本多知恵子が選ばれているが、この引継ぎは「違和感の無いスムーズな交代」の例としてよく挙がるものの1つである。アニメ版『キテレツ大百科』の大ファンを自負していた原作者・藤子・F・不二雄も、「全く気付かなかった」と発言している。

また日清チキンラーメンCMにおいては、姉妹として登場する外国人少女の吹き替えを、荘が姉役・本多が妹役という形で担当したこともある(実年齢は本多の方が2歳年上)。

交友関係

  • デビュー当時にインタビューの中で、目標とする声優として戸田恵子藤田淑子を挙げていた。2人とは『キャッツ・アイ』第2期15話で共演した後、戸田とはOVA『戦え!!イクサー1』、藤田とは『キテレツ大百科』などで共演が実現している。
  • 宮内幸平に『ドラゴンボール』収録時に手取り足取り演技指導してもらったことを、忘れられないエピソードとして後年語っている。生前の宮内とは同シリーズの他、『愛の若草物語』、『ルパン三世 風魔一族の陰謀』と共演が多かった。
  • 久川綾は自著の中で、尊敬する声優として荘の名前を挙げている。また同時に、「青二塾に在学していた際、講師が『荘は在学時、様々な工夫をして勉強していた』と言っていた」と努力家の例に挙げていたエピソードも示している。

その他

  • かつてマミーパットのCMにナレーションだけでなく顔を出して出演した経験を持つ。また声優デビュー以前には、テレビドラマに何本か脇役として出演したこともある。
  • これまで担当したキャラクターのうち、最も自然体で演じることが出来たものとして、またお気に入りの役として、一堂霧、ベス、栗田ゆう子、チチを挙げている(どの役も甲乙点け難いが、強いて選ぶならという意味である)。
  • 愛の若草物語』では2代目オープニングテーマの『いつかきっと!』を、四姉妹を演じた他の声優と共にキャラクターとして歌っている。また、『Bugってハニー』においては、レギュラー出演こそしなかった(劇場版および第11話、第19話、第44話にゲスト出演)ものの、2代目エンディングテーマの『わたしと踊ってくれませんか』を単独で歌っている。この他、いくつかのアニメやゲームでキャラクターソングを歌ったことがある。
  • 趣味はエアロビクス、水泳[4]

後任

荘の休業に伴い、役を引き継いだ人物は以下の通り。

後任 役名 概要作品 代役・後任の初担当作品
渡辺菜生子 チチ ドラゴンボールZ ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空[注 1]
本多知恵子 野々花みよ子 キテレツ大百科 1991年4月28日放送回
潘恵子 らーめんてんし それいけ!アンパンマン
富沢美智恵 芹沢未来 スーパーリアル麻雀PIII 移植版
沢村真希 クム 機動戦士Ζガンダム 機動戦士ΖガンダムII A New Translation -恋人たち-
木村亜希子 マジョルカ おジャ魔女どれみ Blu-ray BOX 初回生産限定特典ドラマCD「小悪魔なおんぷはいかが?」

出演

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ

1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1992年
1994年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年

OVA

1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1994年
1996年
2000年
2004年

劇場アニメ

1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1999年

ゲーム

1988年
1989年
1990年
1992年
1996年
1997年
1998年
2000年
2002年
2003年

吹き替え

CD

テレビドラマ

ラジオドラマ

舞台

  • 恋の天秤
  • 夜叉

その他コンテンツ

音楽

  • 紅いランタン通り(メガゾーン23PART II 秘密く・だ・さ・い)※冨永みーな川村万梨阿と共同で歌う
  • いつか王子さまが(メガゾーン23PART II 秘密く・だ・さ・い)※冨永みーな、川村万梨阿と共同で歌う
  • 今が一番いい時(メガゾーン23PART II 秘密く・だ・さ・い)※川村万梨阿と共同で歌う
  • いつかきっと!(愛の若草物語 OP)※潘恵子山田栄子佐久間レイと共同で歌う
  • 今・恋・してる(スーパーリアル麻雀▽かすみ▽ミキ▽ショー子のはじめまして)
  • 卒業〜GRADUATION〜(スーパーリアル麻雀▽かすみ▽ミキ▽ショー子のはじめまして ED)山本百合子柴田由美子と共同で歌う
  • 心から濡れた二人(ドラゴンボールZ)※野沢雅子とのデュエット
  • ママは倖せ祈ってる(ドラゴンボールZ)※セリフで参加
  • 多角形物語(優&魅衣)※塩屋翼川浪葉子江森浩子と合同で歌う
  • RAINY LOVE(戦え!!イクサー1 ACT-II イクサーΣの挑戦)
  • わたしと踊ってくれませんか(Bugってハニー/Bugってハニー メガロム少* 女舞4622 ED)

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 2003年のゲーム『ドラゴンボールZ』にて一時復帰。2006年以降からは渡辺が再びメインで担当するようになり、2009年のテレビアニメ『ドラゴンボール改』から完全に引き継がれた。
  2. ^ 荘由美子と誤表記。

出典

  1. ^ 『日本タレント名鑑(1992年版)』VIPタイムズ社、1992年、467頁。
  2. ^ 『日本タレント名鑑(1990年版)』VIPタイムズ社、1990年、403頁。
  3. ^ a b c d 「声優クローズあっぷ」『ジ・アニメ』1985年1月号、近代映画社、1984年12月、 144頁。
  4. ^ a b 荘真由美”. ケッケコーポレーション公式サイト. 2009年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月19日閲覧。
  5. ^ 荘真由美(しょうまゆみ)の解説”. goo人名事典. 2020年8月21日閲覧。
  6. ^ コンポラキッド”. 東映アニメーション. 2016年6月8日閲覧。
  7. ^ 愛の若草物語”. 日本アニメーション. 2016年6月23日閲覧。
  8. ^ レディレディ!”. 東映アニメーション. 2016年7月10日閲覧。