古城武司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古城 武司(こしろ たけし[1]1938年12月10日 - 2006年2月8日)は広島県呉市(旧豊田郡安浦町三津口出身の漫画家である。

略歴[編集]

1958年に上京[1]1960年講談社雑誌なかよし』の懸賞漫画に応募し入賞。同誌に『花の子マリ』を発表しデビュー。 吉田竜夫のアシスタントも務めていた[2][3]

1966年に妹が結婚して、漫画家の望月三起也と姻戚になる[4]

1970年代には『超人バロム・1』、『流星人間ゾーン』、『勇者ライディーン』、『伝説巨神イデオン』などのコミカライズで活躍[5][6]集英社伝記物の学習漫画も手掛けた[7]。代表作は1973年から連載した『おれとカネやん[5][6]

舌癌を病み鎖骨まで転移したが、絵が描けなくなるという理由で手術を拒み[8]、2006年2月8日に死去[7]

人物[編集]

原稿はほとんど残さずに捨ててしまっているという[5]

作品リスト[編集]

関連項目[編集]

  • 寺田憲史 - 小学生の頃は学校の帰りにベタ塗りを手伝っていた[9]

脚注[編集]

  1. ^ a b 日外アソシエーツ編集部『漫画家・アニメ作家人名事典』日外アソシエーツ、1997年、p.159
  2. ^ 原口正宏、長尾けんじ、赤星政尚『タツノコプロ・インサイダーズ』講談社、2002年、p.27
  3. ^ 幸森軍也『ゼロの肖像 「トキワ荘」から生まれたアニメ会社の物語」』講談社、2012年、p.89
  4. ^ 瀬戸龍哉編『コミックを創った10人の男 巨星たちの春秋』ワニブックス、2002年、p.116
  5. ^ a b c 「偉大なるB級マンガ家たち!」『別冊宝島288 70年代マンガ大百科 こんな名作・快作・珍作があったのか』宝島社、1996年、p.119
  6. ^ a b と学会『トンデモマンガの世界』楽工社、2008年、pp.244-245
  7. ^ a b 古城武司氏死去/漫画家 四国新聞社 2006年2月11日
  8. ^ 2008年4月1日放送『開運!なんでも鑑定団[信頼性要検証]
  9. ^ 寺田憲史『アニメ・ゲームビジネス創作術』小学館、2000年、p.24