清水マリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
しみず まり
清水 マリ
プロフィール
本名 山内 鞠
(やまのうち まり)
出生地 日本の旗 日本埼玉県浦和市
(現・さいたま市浦和区
誕生日 6月7日
所属 81プロデュース
清水マリ事務所(個人事務所)
配偶者 あり
活動
活動期間 1963年 -
デビュー作 鉄腕アトム』(アトム)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

清水 マリ(しみず まり、6月7日[1] - )は、日本女性声優女優埼玉県浦和市(現:さいたま市浦和区)出身[2]浦和市立仲本小学校浦和市立原山中学校埼玉県立浦和西高等学校卒業[3]劇団俳優座付属養成所7期、劇団新人会高松事務所青二プロダクションぷろだくしょんバオバブを経て[4]2016年7月1日から[5]81プロデュースに所属[1]。本名は、山内 鞠(やまのうち まり)[3]。父親は俳優の清水元[6]

2003年から個人事務所である清水マリ事務所でも活動している[3]

経歴・人物[編集]

中学1年時に父親の劇団で『ピノキオ』の舞台を上演することになったが、劇団に子役がいなかった為、清水がピノキオ役で出演することになり、それがきっかけで役者の道に進む[7]。父親は役者になることについては反対していた[7]

高校では演劇部に所属し、卒業後に俳優座の養成所に入所[7]。卒業後は劇団新人会に入団[4]。女優業の他、渡辺美佐子の付き人や、演出助手などを経験[7]。日本初の30分アニメの主役、『鉄腕アトム』のアトム役を演じる。これは手塚プロに清水元の劇団の出身者がおり、手塚治虫からアトムのモチーフがピノキオであると聞かされた事から、中学生時代にピノキオを演じた清水にオファーを出したとされる[7]。その後もほぼ一貫してアトム役を演じていたが、2003年4月6日をもってアトム役を降りることを決める[2]

虫プロダクションのアトムの仕事が終わった後は劇団の活動を中心にするつもりだったが、番組放映期間中に子供が生まれて舞台活動を続けていくことが困難になり[8]1966年に新人会を退団[3]大山のぶ代の誘いで[8]、高松事務所に所属[3]。声優に転身した[8]

バオバブの附属養成所 B・A・Oや[3]音響芸術専門学校演習・演劇研究講師の講師でもある[9]

2006年、第5回東京アニメアワード功労賞を受賞[4]。2017年、第11回声優アワード功労賞を受賞[10]

父親の清水元が出演していた[6]『マグマ大使』の主題歌の歌詞の中で、「SOS SOS カシン カシン カシン」の声を担当していた[11]

代役[編集]

清水の産休中、代役を務めた人物は以下の通り。

後任[編集]

清水の降板後、アトム役を引き継いだ声優・俳優は以下の通り。

出演作品[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1963年

1968年

1969年

1971年

1972年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1989年

2000年

2004年

劇場アニメ[編集]

1969年

1975年

1982年

吹き替え[編集]

舞台[編集]

<共演:西塔紅美古谷敏水垣洋子土屋嘉男木澤雅博

テレビドラマ[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ[編集]

  • 東京REMIX族(聞き役)
  • NHK-FM アニソン・アカデミー 第16回でゲスト講師

著書、エッセイ等[編集]

  • 清水マリ:「鉄腕アトムと共に生きて ― 声優が語るアニメの世界」、さきたま出版会、ISBN 978-4878914201(2015年6月30日)。
  • 産経ニュース記事、[話の肖像画] 声優・清水マリ (全4回)
    • (1)「アトムに魂…」と喜んだ手塚治虫(2015年10月12日掲載)[20]
    • (2)「ミテレコ」に悪戦苦闘(2015年10月14日掲載)[21]
    • (3) 出産降板で「声違う」と局に殺到(2015年10月15日掲載)[22]
    • (4) アトムに込められた警鐘(2015年10月16日掲載)[23]
  • 「新・家の履歴書 清水マリ」、週刊文春(2017年7月6日号掲載、頁64-67)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 清水 マリ”. 81プロデュース. 2018年4月28日閲覧。
  2. ^ a b 清水マリの声優道 感情を表現するにはたくさんの経験を積まないといけない”. 声優グランプリweb. 2014年6月28日閲覧。
  3. ^ a b c d e f プロフィール”. 清水マリ公式ホームページ. 2013年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月28日閲覧。
  4. ^ a b c 主な講師”. 音響芸術専門学校. 2013年3月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月28日閲覧。
  5. ^ インフォメーション - 81プロデュース(2016年7月8日時点のアーカイブ
  6. ^ a b hashimotoichi23のツイート(831219968427503616)
  7. ^ a b c d e 清水マリの声優道 みんなでひとつの舞台を作っていくという感覚が好きだった”. 声優グランプリweb. 2014年6月28日閲覧。
  8. ^ a b c 清水マリの声優道 不思議なご縁でさまざまな素晴らしい作品に巡り会えた”. 声優グランプリweb. 2014年6月28日閲覧。
  9. ^ 講師紹介”. 音響芸術専門学校. 2018年4月28日閲覧。
  10. ^ “「第11回 声優アワード」受賞者の一部を先行発表! 小林清志さん・清水マリさん・堀絢子さん・中尾隆聖さん・島本須美さんが受賞決定”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年2月21日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1487652061 2017年2月21日閲覧。 
  11. ^ hashimotoichi23のツイート(831204764385898496)
  12. ^ “鉄腕アトム”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/30.html 2016年5月3日閲覧。 
  13. ^ 妖怪人間ベム”. メディア芸術データベース. 2016年10月1日閲覧。
  14. ^ “ジェッターマルス”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/43.html 2016年5月3日閲覧。 
  15. ^ 宝島”. メディア芸術データベース. 2016年11月27日閲覧。
  16. ^ “海底超特急マリンエクスプレス”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/56.html 2016年5月3日閲覧。 
  17. ^ “鉄腕アトム(1980年)”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/44.html 2016年5月3日閲覧。 
  18. ^ 手塚治虫物語 ぼくは孫悟空”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月20日閲覧。
  19. ^ “手塚治虫が消えた!? 20世紀最後の怪事件”. 手塚治虫公式サイト. http://tezukaosamu.net/jp/anime/152.html 2016年5月3日閲覧。 
  20. ^ “【話の肖像画】声優・清水マリ(1)「アトムに魂…」と喜んだ手塚治虫”. 産経ニュース (産経新聞社). (2015年10月12日). http://www.sankei.com/entertainments/news/151012/ent1510120003-n1.html 2018年4月28日閲覧。 
  21. ^ “【話の肖像画】声優・清水マリ(2)「ミテレコ」に悪戦苦闘”. 産経ニュース (産経新聞社). (2015年10月14日). http://www.sankei.com/entertainments/news/151014/ent1510140001-n1.html 2018年4月28日閲覧。 
  22. ^ “【話の肖像画】声優・清水マリ(3)出産降板で「声違う」と局に殺到”. 産経ニュース (産経新聞社). (2015年10月15日). http://www.sankei.com/entertainments/news/151015/ent1510150003-n1.html 2018年4月28日閲覧。 
  23. ^ “【話の肖像画】声優・清水マリ(4)アトムに込められた警鐘”. 産経ニュース (産経新聞社). (2015年10月16日). http://www.sankei.com/entertainments/news/151016/ent1510160020-n1.html 2018年4月28日閲覧。 

外部リンク[編集]