富田祐弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

富田 祐弘(とみた すけひろ、1948年4月14日[1] - )は、日本のアニメーション脚本家ライトノベル小説家漫画原作者埼玉県出身。

経歴・代表作[編集]

映画の照明スタッフを目指して日大藝術学部へ入学するが、当時の大学紛争によって、授業もろくに受けられない休講状態の日々を過ごす。そこで当時の紛争をパロディ戯曲を書いてみたところ、周囲の好評を得たことから、脚本家志望へと方向転換。卒業後は、著名な脚本家の事務所へと就職するが「書くよりもマネージャーをやれ!」と命じられ、事務所の若手タレントを各方面へと売り込む外回り営業の日々を過ごす羽目に。そんな中、東映動画プロデューサーからの叱咤激励によって再び脚本家を目指すようになり、事務所の先輩である田村多津夫に師事。3年間の修行を経て1978年に『SF西遊記スタージンガー』の第4話「夢を求める冒険野郎!!」で脚本家デビューを果たした[2]ことになっているが、修行期間中にも『元祖天才バカボン』などの脚本に関わっていたことがあった。そのような経緯から、主に東映動画作品のスタッフとして、同社の手がけた様々なアニメーション作品の脚本を手がける。また、メイン脚本家として手がけた脚本作品のノベライズや、漫画化における原作も担当。そのためライトノベル小説家漫画原作者としての作品も存在している。

代表的な作品は、原作脚本の両方を務めた作品として『愛天使伝説ウェディングピーチ』。脚本スタッフとしての代表作は『伝説巨神イデオン』・『美少女戦士セーラームーン』・『神風怪盗ジャンヌ』・『地獄先生ぬ〜べ〜』・『デジモンフロンティア』など。小説家としての代表作として、ノベライズ作品では『超時空要塞マクロス』などが、オリジナル作品では角川スニーカー文庫から発刊された「D.A.ジャンクション」シリーズ、富士見ファンタジア文庫から発刊された「ペ天使たち」シリーズなどが挙げられる。

作品リスト[編集]

脚本参加作品[編集]

アニメ原作[編集]

小説・漫画[編集]

オリジナル[編集]

漫画原作[編集]
小説作品[編集]
  • ペ天使たち シリーズ (富士見ファンタジア文庫
    翼を盗め
    ペ天使たちの危険なゲーム
    ペ天使たちのイタズラ騒ぎ
    ペ天使たちの魔法レッスン
  • D.A.ジャンクション シリーズ (角川スニーカー文庫
    チャレンジ・ネットワーク
    ダンシング・ファイア!
    ダスティ・ドール
    ラブゲーム・パニック
    ロマネスク・ドリーム
  • 聖魔術戦士サンドラ シリーズ (ベストセラーズ
    幻獣を呼ぶプリンセス
    タロットカードは死の香り
    翼を燃やす天使たち

小説化・漫画化作品[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『日本音声製作者名鑑2007』、286頁、小学館、2007年、ISBN 978-4095263021
  2. ^ 『月刊ドラマ』、映人社、2010年4月号。