それでは、また明日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
それでは、また明日
ASIAN KUNG-FU GENERATIONシングル
初出アルバム『ランドマーク
B面 冷蔵庫のろくでもないジョーク
リリース
規格 マキシシングル
録音 2012年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル Ki/oon Music
作詞・作曲 後藤正文(作詞・作曲 #1・#2)
山田貴洋(作曲 #1)
伊地知潔(作曲 #2)
チャート最高順位
ASIAN KUNG-FU GENERATION シングル 年表
踵で愛を打ち鳴らせ
(2012年)
それでは、また明日
(2012年)
今を生きて
2013年
テンプレートを表示

それでは、また明日」(それでは、またあした)とは、日本バンドASIAN KUNG-FU GENERATIONの楽曲で、18枚目のシングルである。2012年7月25日に発売(発売元はKi/oon Music)。

概要[編集]

収録曲[編集]

全作詞:後藤正文、編曲:ASIAN KUNG-FU GENERATION

  • 1.それでは、また明日 (作曲:後藤正文、山田貴洋
  • 2.冷蔵庫のろくでもないジョーク (作曲:後藤正文、伊地知潔)

出典[編集]

  1. ^ 「それでは、また明日」ASIAN KUNG-FU GENERATIONオリコン芸能人事典)2014年11月4日閲覧。
  2. ^ a b アジカン新曲は映画「NARUTO」主題歌、9年ぶりコラボ実現音楽ナタリー)2014年11月4日閲覧。
  3. ^ アジカン、新シングル“それでは、また明日”は劇場版「NARUTO」主題歌 (TOWER RECORDS ONLINE) 2014年11月4日閲覧。