後藤正文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
後藤 正文
Asian Kung Fu Generation - Masafumi Gotoh (cropped).jpg
『Anime Friends 2017』にて
基本情報
別名 Gotch
生誕 (1976-12-02) 1976年12月2日(44歳)
出身地 日本の旗 日本静岡県島田市
学歴
ジャンル
職業
担当楽器
活動期間 1996年 -
レーベル
  • Ki/oon Music(2003年 - 、ASIAN KUNG-FU GENERATIONとして)
  • only in dreams(2014年 - 、ソロアーティストとして)
共同作業者 ASIAN KUNG-FU GENERATION

後藤 正文(ごとう まさふみ、1976年12月2日 - )は日本ミュージシャン[1]ボーカリストギタリスト作詞家作曲家コラムニストであり、ASIAN KUNG-FU GENERATIONボーカルギター担当。Gotch(ゴッチ)名義でも活動し、数枚のアルバムをリリースしている。

来歴[編集]

1976年12月2日静岡県島田市に生まれる[2][3][4]静岡県立島田高等学校では野球部に入っていたが、レギュラーにはなれなかった[5]。高校卒業後、1年間東京都立川市で浪人生活を送った後、関東学院大学経済学部に進学[6]。在学中の1996年にASIAN KUNG-FU GENERATIONを音楽サークル内で結成[7]。大学卒業後は、小さな出版社の営業として働いており、このときの経験から裏方の気持ちがわかると語っている[8]。2003年ASIAN KUNG-FU GENERATIONのメンバーとして、メジャー・デビュー[6]

2011年の東日本大震災の際には、ソロでチャリティ活動を積極的におこなっており、おもにライブ会場で募った通称「ゴッサン基金」を元に、現地のニーズに合わせた[要出典]物品を購入し被災地へと送る活動を実施した[9]。また同年には、《The Future Times》というおもにインタビュー記事で構成される[要出典]「未来について考える新聞」を自費発行[10]。同年配信限定リリースした初のソロ音源「LOST」(ヴォーカルにYeYeを迎える)の売上は、同誌の運営資金とした[11]

2013年ごろよりザ・タイマーズを模した覆面バンド「エセタイマーズ」の一員も務めている[12]。2014年の『Can’t Be Forever Young』以降、Gotch名義で複数のソロ・アルバムをリリースしており、ライブ活動もおこなっている[13]。《朝日新聞》や《ロッキンオン・ジャパン》などでコラムニストとしての活動もおこなっており、複数の書籍が刊行されている[13][14]

ASIAN KUNG-FU GENERATIONでの活動についてはASIAN KUNG-FU GENERATION#概要#来歴の節を参照。

デビュー以前の各時期に影響を受けた音楽については本項の#影響を受けたアーティストなどの節を、アルバムやライブの履歴については本項の#作品および#ライブの節を参照。

おもな発言など[編集]

音楽活動について[編集]

後藤はソロ活動について、音楽がだれでも発信できるようになってきて、一方で技術がコンピューターに置き換わり誰でもいい仕事が増えているが、その危機感から、だれでもよくない、この人でないとできないことを追求したと述べている[15]

影響を受けたアーティストなど[編集]

小学生のころはサザンオールスターズ井上陽水マイケル・ジャクソンなどをカー・ステレオで聴いていた。とくにサザンオールスターズは、両親が大ファンであったため印象に残っており、『KAMAKURA(1985年)は当時もカッコいいと思っていたが、2020年現在に聴いても凝ったサウンド・デザインだと感じると語っている。また、ジャニーズのアイドルも好きであったという。自分で初めて買ったCDはTHE BLUE HEARTSの「青空」(「リンダリンダ」や「TRAIN-TRAIN」のような激しい曲のほうがよかったが、売っていなかった)である。[6]

バンドへの興味という点では、中学生のころ聴いていたユニコーン(とくに奥田民生)の影響が大きかったという。高校時代は、パンクオールディーズなどの洋楽も聴き始めている。その後、浪人時代にオアシスベックティーンエイジ・ファンクラブなど傾倒し、リーフ英語版フー・ファイターズなどのライブにも足を運んだという。とくに、曲作りにはオアシスのノエル・ギャラガーの影響が大きく、当時は作詞もノエルを真似ていたという。大学卒業前の時期には、eastern youthナンバーガールサニーデイ・サービスなどの影響を受けて、日本語での作詞をはじめている。[6]

その他好きなアーティストは、ウィーザーティーンエイジ・ファンクラブレディオヘッドthee michelle gun elephantなど。また、親交の深い細美武士の大ファンであり、インタビューなどで細美による楽曲を高く評価している。[要出典]

私生活について[編集]

2007年9月22日付のASIAN KUNG-FU GENERATIONの公式サイト上の日記において、デビューごろのインタビューで友人のことを話して傷つけてしまったことを後悔しており、職業柄好奇心にさらされることは当然かもしれないが、生活があるのでプライベートについてはノーコメントを貫きたい、そっとしておいてほしい、という旨のコメントを発表している[16]

趣向[編集]

  • うどんを好み、2018年に出演したラジオ番組では「香川に住みたい」と発言している。
  • 肉を多く食べないことを公言している(まったく食べないわけではない)。ラーメンを食べる時もチャーシューを残すことがある。
  • 2019年ごろにカラオケにはまり、同年のツアーの打ち上げの際にASIAN KUNG-FU GENERATIONのメンバーとともにカラオケに行った。

作品[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2012年8月1日 LOST ODEP-002 7inchEPでの発売
NANO-MUGEN FES. 2012 会場でのみ限定販売
2nd 2013年4月20日 The Long Goodbye ODEP-003 7inchEPでの発売
3rd 2014年3月12日 Wonderland / 不思議の国 ODEP-004 7inchEPでの発売
4th 2014年11月28日 Route 6 ODEP-007 7inchEPでの発売
5th 2017年4月24日
(ライブ会場・デジタルダウンロード)
2017年6月21日(一般販売)
Taxi Driver ODEP-010 7inchEPでの発売

アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2014年4月19日
2014年4月30日
Can't Be Forever Young ODJP-001(12inch LP+バックアップCD付)
ODCP-006(通常盤CD)
ライブアルバム 2014年11月19日
2014年12月3日
Live in Tokyo ODJP-002(12inch LP+バックアップCD付)
ODCP-008(通常盤CD)
2nd 2016年7月13日
2016年9月7日
Good New Times ODCP-014(通常盤CD)
ODJP-005(12inch LP+バックアップCD付)

DVD[編集]

発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2016年10月1日 「Good New Times」at Billboard Live TOKYO ODBL-001 通信販売限定

参加作品[編集]

  • SPECIAL OTHERS「SPECIAL OTHERS」(2011年11月30日、SPEED STAR RECORDS)
    • 「DANCE IN THE TSURUMI」を作詞、ボーカルで参加
  • チャットモンチー「きらきらひかれ」(2012年7月4日、Ki/oon Music)
    • プロデュースを担当。「カリソメソッド」を作曲、ボーカルで参加
  • Dr.DOWNER「幻想のマボロシ」(2013年7月3日、Ki/oon Music)
    • プロデュースを担当
  • the chef cooks me「回転体」(2013年9月4日、only in dreams)
    • プロデュースを担当
  • 長谷川健一「my favorite thing」(2013年12月18日)
    • レコーディング・ディレクションを担当。一部の楽曲ではコーラスとして参加
  • ART-SCHOOL「YOU」(2014年4月9日、Ki/oon Music)
    • 「革命家は夢を観る」のプロデュースを担当
  • THE BED ROOM TAPE「Undertow」(2016年3月9日、SPACE SHOWER MUSIC)
    • 「音符の港 feat.Gotch」にボーカルで参加
  • ACE『STRAIGHT』(2015年9月23日、戦極CAICA[17]
  • レキシ「Vキシ」(2016年6月22日、ビクターエンターテイメント)
    • 「やぶさめの馬 feat. ハッピー八兵衛」にボーカルで参加

書籍[編集]

発売日 タイトル
2006年3月17日 ゴッチ語録-GOTCH GO ROCK!
2012年1月18日 ゴッチ語録 A to Z
2016年4月27日 何度でもオールライトと歌え
2016年5月12日 ゴッチ語録 決定版ーーGOTCH GO ROCK!

おもな連載など[編集]

  • 「後藤正文の朝からロック」(朝日新聞朝刊・水曜日・文化芸能面、2017年4月5日 -)[18][14]

使用機材[編集]

ギター[編集]

  • Gibson Marauder - 2本所有しており、かつてはメインとして使用していたが、パワー不足などの理由で現在はほとんど使用していない。ボディーには、ステッカーが何枚か貼られている。また本人の発言では、本機材にてレコーディングされた曲は驚くほど少ない。
  • Gibson Les Paul Standard - 過去に細美武士に貸し出されていた。
  • Gibson Les Paul Special
  • Gibson Les Paul Jr. - 現在のメインギター。2004年7月22日付の日記で購入を報告している。
  • Gibson Les Paul Jr.(John Lennon Model)

エフェクター[編集]

  • BOSS DD-5/DD-20(ディレイ)
  • BOSS PH-2(フェーザー)
  • BOSS TU-2/TU-12(チューナー)
  • BOSS SL-20(スライサー)
  • BOSS LS-2(ラインセレクター)
  • BOSS FS-5L(フットスイッチ)
  • Ibanez TS-9(オーバードライブ)
  • Custom Audio Japan Twin Tremolo(トレモロ)

アンプ[編集]

  • Fender Vibro King
  • Fender Twin Reverb '68 - 2004年7月24日付の日記で購入を報告。曰く「掘り出し物」。
  • Roland JC-160

ライブ[編集]

ツアー[編集]

日程 タイトル 会場(共演者) 備考
2014年5月16日 - 6月12日 Tour 2014 「Can't Be Forever Young」 初のツアー。
2016年9月6日 - 9月29日 Tour 2016 "Good New Times" Gotch & The Good New Times名義でのツアー。

出演イベント[編集]

  • 2013年11月06日 - RA RA RIOT JAPAN TOUR 2013
  • 2014年04月30日 - THE FUTURE TIMES Gallery&Live 2014
  • 2014年05月11日 - THE FUTURE TIMES Gallery&Live 2014
  • 2014年06月01日 - POWER STOCK 2014 in MIYAKO
  • 2014年07月24日 - FUJI ROCK FESTIVAL '14
  • 2014年08月16日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO
  • 2014年11月16日 - うづくしまLIVE 2014
  • 2014年11月23日 - LITHIUM ROCK FESTIVAL 2014
  • 2014年12月29日 - COUNTDOWN JAPAN 14/15
  • 2015年11月27日 - NO NUKES 2015 Acoustic Night
  • 2016年04月27日 - Knockin'on the Next Door3
  • 2016年05月29日 - Barbate Rock 5th Anniversary ~Hige Mirage~ Powered by QUATTRO MIRAGE
  • 2016年06月05日 - 頂 -ITADAKI- 2016
  • 2016年06月08日 - 「Good NewTimes」at Billboard Live <TOKYO>
  • 2016年06月09日 - 「Good NewTimes」at Billboard Live <TOKYO>
  • 2016年06月12日 - Yasei Collective「WE ARE ALL "LIGHT"TOUR 2016」
  • 2016年06月20日 - 「Good NewTimes」at Billboard Live <OSAKA>
  • 2016年07月10日 - Niw! Records & kit gallery PRESENTS "DON'T TRASH YOUR VOTE"
  • 2016年08月20日 - SUMMER SONIC 2016 <OSAKA>
  • 2016年12月03日 - POWER STOCK EXTRA GIG DAY.2

出演[編集]

ラジオ[編集]

  • INNOVATION WORLD ERA(J-WAVE) - 毎月第2日曜日 番組ナビゲーター[19][20]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ “後藤正文がロックミュージシャンの視点で伝統音楽の魅力を語る、国立劇場「日本音楽のススメ」”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2021年6月29日). https://natalie.mu/music/news/434711 2021年10月11日閲覧。 
  2. ^ About”. Gotch / 後藤正文 / ASIAN KUNG-FU GENERATION / ゴッチ. 2020年12月28日閲覧。
  3. ^ Gotch (後藤正文)”. TOWER RECORDS ONLINE. 2020年12月28日閲覧。
  4. ^ 後藤正文が語る「もう都会に住む必要はない」 故郷・島田の思い出 - インタビュー”. CINRA.NET. 2020年12月28日閲覧。
  5. ^ ベンチだから見えた景色も アジカン後藤さんの球児時代 - 高校野球:”. 朝日新聞. 2020年12月28日閲覧。
  6. ^ a b c d 森朋之 (2020年4月28日). “後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)のルーツをたどる | アーティストの音楽履歴書 第18回”. 音楽ナタリー. ナターシャ. 2020年12月28日閲覧。
  7. ^ アジカンは楽器を始めて3ヶ月で結成された! ブレイクまでの軌跡【特集】”. J-WAVE NEWS. 2020年12月28日閲覧。
  8. ^ 千葉真子 (2011年4月29日). “千葉真子 ×後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION) - TALKING ABOUT THE X vol. 3”. only in dreams. Spectrum Management. p. 3. 2020年12月28日閲覧。
  9. ^ ゴッサン基金活動報告...”. Gotch / 後藤正文 / ASIAN KUNG-FU GENERATION / ゴッチ (2018年7月27日). 2020年12月28日閲覧。
  10. ^ 後藤正文 (2011年7月13日). “未来について話そう”. TheFutureTimes. 2020年12月28日閲覧。
  11. ^ 『LOST』後藤正文”. TheFutureTimes. 2020年12月28日閲覧。
  12. ^ 日記ASIAN KUNG-FU GENERATION、2014年9月23日。
  13. ^ a b works”. Gotch / 後藤正文 / ASIAN KUNG-FU GENERATION / ゴッチ. 2020年12月28日閲覧。
  14. ^ a b 後藤正文. “連載「後藤正文の朝からロック」記事一覧”. 朝日新聞デジタル. 2021年7月9日閲覧。
  15. ^ ロッキング・オン・ジャパン』(ロッキング・オン)2015年1月号、2014年冬、後藤正文、「ソロの1年」を締めくくるライブアルバム、そしてアジカンの今を語る、p120-123
  16. ^ 後藤正文 (2007年9月22日). “留萌”. ASIAN KUNG-FU GENERATION. 日記. Ki/oon Music. 2008年12月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年12月28日閲覧。
  17. ^ gotch_akgのツイート(632462628766412800)
  18. ^ 第1回「音楽は俺たちのものだ」
  19. ^ “J-WAVE INNOVATION WORLD ERA : J-WAVE 81.3 FM RADIO”. INNOVATION WORLD ERA (J-WAVE). https://www.j-wave.co.jp/original/innovationworldera/ 2021年3月14日閲覧。 
  20. ^ “【後藤正文】4月から放送開始のJ-WAVE「INNOVATION WORLD ERA」に番組ナビゲーターとして登場!”. ASIAN KUNG-FU GENERATION (ソニー・ミュージックエンタテインメント). (2020年3月25日). https://www.sonymusic.co.jp/artist/ASIANKUNG-FU/info/517006 2021年3月14日閲覧。 

外部リンク[編集]