岩崎愛 (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩崎愛
生誕 (1986-05-29) 1986年5月29日(31歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府
職業 シンガーソングライター
担当楽器 アコースティックギター
活動期間 2006年 -
レーベル only in dreams
公式サイト http://www.iwasakiai.com/

岩崎愛(いわさき あい、1986年5月29日 - )は、大阪府出身のシンガーソングライター2006年にミニアルバム『雨があがったら』でデビュー。2012年からインディーズの音楽レーベルonly in dreamsに所属。

略歴[編集]

ミュージシャンである兄・岩崎慧(セカイイチ)の影響で高校在学時から音楽活動を始め[1][2]、関西でライブやラジオ出演を行う[3]。2005年に関西のタワーレコード各店主催ライブイベントに唯一弾き語りで選出され[4]コンピレーション・アルバム『通天MUSIC-関西早耳アワード’05-』に参加[要出典]。2006年にインディーズレーベルcolla discから発売されたミニアルバム『雨があがったら』が初めて全国に流通した。

2009年以降は東京へ活動拠点を移す。2011年3月から日向秀和ストレイテナー)を中心とした東日本大震災支援プロジェクト・HINATABOCCOに参加し[2][5]、2012年には後藤正文ASIAN KUNG-FU GENERATION)のディレクションで、現在の所属レーベルであるonly in dreamsから『東京LIFE』をリリースした[6]。またASIAN KUNG-FU GENERATIONのツアーのサポートメンバーとしてコーラスを務めた[7]

2016年には初のフルアルバム『It's Me』をリリース[8]。またNHKみんなのうた』への曲の書き下ろし[9]や、V6への楽曲提供を行った[10]

作品[編集]

アルバム[編集]

  • 雨があがったら(2006年5月24日、colla disc)
  • 太陽になりたいお月様(2008年4月16日、FIRST AID NETWORK) - 根上誠二プロデュース、森信行(元・くるり)らサポート[11]
  • いっせーのーで(2011年11月18日、会場販売と通信販売のみ) - セルフプロデュース
  • 東京LIFE(2012年9月12日、only in dreams) - 後藤正文プロデュース[6]
  • It's Me(2016年3月16日、only in dreams) - ディレクターとして中村タイチエンジニアとして中村研一が参加[5]あらきゆうこらがゲスト参加[8][14]

シングル[編集]

only in dreamsから発売。

  • RAINBOW(2013年12月13日)
  • 哀しい予感(2014年11月28日) - 後藤正文プロデュース[14]
  • Brother & Sister(2015年4月18日) - 兄・岩崎慧と共作[1][15]
  • すっぽんぽんぽん(2016年4月16日) - NHK「みんなのうた」2016年度4-5月放送曲[9][14]

配信[編集]

only in dreamsから配信。

  • Live in Shibuya Hikarie(2015年3月12日) - 公開レコーディング音源
  • (2016年1月27日) - アルバム『It's Me』に収録。小谷美紗子がピアノとコーラスで参加[16]

楽曲提供[編集]

  • ハナヒラケV6、2016年) - 作詞・一部作曲[10]
  • 太陽と月の子どもたち(V6、2017年) - 作詞・作曲。井上陽介と共同アレンジ[17]

その他[編集]

出演[編集]

ライブツアー[編集]

  • 岩崎家お里帰り~岩崎慧×岩崎愛~brother &sister(2012年 - 、盆と正月など定期) - 兄・岩崎慧と共同開催[15]
  • 岩崎愛 Presents 「月とギターと猫と君」(2013年 - 2015年、不定期) - ワンマンライブ
  • オカメインコツアー(2013年) - SHISHAMOら3組での対バン[19]
  • Brother & Sister Tour 2015(2015年) - 兄・岩崎慧と共同開催[15]
  • 『Brother & Sister』リリースツアー ~ふたりは兄妹~(2015年) - 兄・岩崎慧と共同開催[15]
  • 『It's Me』リリースツアー(2016年)
  • ROCK IN JAPAN FESTIVAL2016(2016年8月14日)[20]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 千葉明代"岩崎愛 岩崎慧 インタビュー" only in dreams公式サイト(2015年4月17日)2017年2月18日閲覧。
  2. ^ a b 岡本貫之"特集<interview>岩崎愛" OTOTOY(2012年9月14日)2017年2月17日閲覧。
  3. ^ "岩崎愛プロフィール" CDジャーナル、2017年2月17日閲覧。
  4. ^ "岩崎愛プロフィール" レコチョク、2017年2月17日閲覧。
  5. ^ a b インタヴュー : 飯田仁一郎、文構成 : 石川美帆"これが岩崎愛である──待望のフル・アルバム、ハイレゾ配信" OTOTOY(2016年3月3日)2017年2月18日閲覧。
  6. ^ a b "岩崎愛、新作「東京LIFE」でアジカン後藤正文とタッグ" 音楽ナタリー(2012年9月1日)2017年2月17日閲覧。
  7. ^ "アジカン「ランドマーク」ツアー、結成の地横浜で終了" 音楽ナタリー(2012年12月26日)2017年2月17日閲覧。
  8. ^ a b "岩崎愛、ニューアルバム『It's Me』発売日&豪華参加アーティスト明らかに" RO69(2016年2月16日)2017年2月17日閲覧。
  9. ^ a b "すっぽんぽんぽん" NHK みんなのうた、2017年2月17日閲覧。
  10. ^ a b 【岩崎愛】V6の新曲『ハナヒラケ』に作詞と一部作曲で楽曲提供!only in dreams 公式サイト(2016年11月28日)2017年2月17日閲覧。
  11. ^ "大阪発話題のシンガーソングライター、岩崎愛がニュー・アルバム『太陽になりたいお月様』を4月16日に発売" タワーレコード(2008年4月2日)2017年2月17日閲覧。
  12. ^ New Can Magazine編集部"インタビュー 岩崎愛" Music Lounge(2008年4月)2017年2月17日閲覧。
  13. ^ "『w.p.c × 大政絢 × 東京LIFE』スペシャルショートムービーがWEBで公開中" RETOY'S(2013年2月2日)2017年2月17日閲覧。
  14. ^ a b c 奥"ボウイ"昌史"女性としての人生も、シンガーソングライターとしての生きざまも素晴らしき『It'a Me』に刻んだ奇跡の日々を語る 岩崎愛インタビュー&動画コメント" ぴあ関西版(2016年6月22日)2017年2月17日閲覧。
  15. ^ a b c d "岩崎 愛、RSDに兄・岩崎 慧(セカイイチ)と製作した7inchをリリース!5月にはリリース・ツアーの開催も" CDジャーナル(2015年3月24日)2017年2月17日閲覧。
  16. ^ "岩崎 愛、今春発売のアルバムから先行シングル配信スタート" CDジャーナル(2016年1月28日)2017年2月17日閲覧。
  17. ^ "V6、AKB48がNHK「みんなのうた」に歌唱で参加" 音楽ナタリー(2017年2月1日)2017年2月17日閲覧。
  18. ^ "the chef cooks me、ASIAN KUNG-FU GENERATION 後藤正文をプロデューサーに迎えついに本格始動!" OTOTOY(2013年9月3日)2017年2月17日閲覧。
  19. ^ "岩崎愛、SHISHAMOらが対バンツアー「オカメインコツアー」を開催" RO69(2013年3月3日)2017年2月17日閲覧。
  20. ^ "ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016 クイックレポート" RO69(2016年)2017年2月17日閲覧。
  21. ^ "岩崎愛、1年ぶりのワンマンライヴ開催決定&10月よりラジオ番組がスタート" RO69(2014年9月28日)2017年2月17日閲覧。

外部リンク[編集]