サーフ ブンガク カマクラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
サーフ ブンガク カマクラ
ASIAN KUNG-FU GENERATIONスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル Ki/oon Records
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会
  • ASIAN KUNG-FU GENERATION 年表
    未だ見ぬ明日に
    2008年
    サーフ ブンガク カマクラ
    2008年
    マジックディスク
    2010年
    『サーフ ブンガク カマクラ』収録のシングル
    テンプレートを表示

    サーフ ブンガク カマクラ』は、日本ロックバンドASIAN KUNG-FU GENERATIONの5thフルアルバム。2008年11月5日キューンレコードから発売。

    概要[編集]

    収録曲[編集]

    • 全作詞/全作曲:後藤正文、全編曲:ASIAN KUNG-FU GENERATION
    #タイトル作詞作曲・編曲時間
    1.藤沢ルーザー  
    2.鵠沼サーフ  
    3.江ノ島エスカー  
    4.「腰越クライベイビー」  
    5.「七里ヶ浜スカイウォーク」  
    6.「稲村ヶ崎ジェーン」  
    7.「極楽寺ハートブレイク」  
    8.「長谷サンズ」  
    9.由比ヶ浜カイト  
    10.「鎌倉グッドバイ」  
    合計時間:

    楽曲について[編集]

    鵠沼サーフ
    イントロ部分が変更されており、約20秒短縮されている。
    江ノ島エスカー
    イントロのカウントがカットされており、約4秒短縮されている。曲の舞台は江ノ島だが、歌詞に「埼玉のとある町」が出てくる。歌詞中の「カワサキ」は川崎重工業製のオートバイを指していると思われる。
    稲村ヶ崎ジェーン
    後藤が「潔が叩きそうなドラム」をイメージして作曲した曲だが、後藤の想像した伊地知の方が2割増で叩けたらしい。ライブでは、一部を喜多がメインで歌うことがある。
    極楽寺ハートブレイク
    『アジカンLOCKS!』内でイントロだけをアコースティックギターで披露したことがある。
    長谷サンズ
    タイトルは「馳せ参ず」とかけた駄洒落。
    後藤は自身のブログでアルバムの収録曲のタイトルを虫食い問題にしていたが、この曲のみは最後まで正解者が出なかった。
    由比ヶ浜カイト
    曲の最後にあった笑い声がカットされている。