ホームタウン (ASIAN KUNG-FU GENERATIONのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホームタウン
ASIAN KUNG-FU GENERATIONスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル Ki/oon Music
チャート最高順位
ASIAN KUNG-FU GENERATION アルバム 年表
BEST HIT AKG Official Bootleg
2018年
ホームタウン
(2018年)
『ホームタウン』収録のシングル
テンプレートを表示

ホームタウン』は、日本ロックバンドASIAN KUNG-FU GENERATIONの9thフルアルバム。2018年12月5日Ki/oon Musicから発売。

概要[編集]

  • ベストアルバムを除いた場合、「ソルファ(2016)」から2年、オリジナルアルバムとしては「Wonder Future」以来3年6ヵ月ぶりとなるアルバム。
  • 今作にはリヴァース・クオモWeezer)、ブッチ・ウォーカーを迎え入れ制作された「クロックワーク」、リヴァースと後藤の共同で制作された「ダンシングガール」が収録されている[1]
  • 初回限定盤にはCD「Can't Sleep EP」に加え、特典DVDが付属。特典DVDには、昨年行われた南米ツアーの模様の他、現地のファンの生活を追ったドキュメンタリー映像が収録されている[2]
  • 付属CD「Can't Sleep EP」には「生者のマーチ」やグラント・ニコラスFEERDER)との共作曲「スリープ」に加え、ホリエアツシ(ストレイテナー)が作曲を手がけた楽曲「廃墟の記憶」(尚、ホリエも一部ボーカルとして参加している)、Bassの山田貴洋が初のメインボーカルを務めた「イエロー」、THE CHARM PARKが作曲を担当した「はじまりの季節」が収録されている[3]
  • 今作のジャケットはこれまでと同様、中村佑介のイラストが適用されている。

収録曲[編集]

ホームタウン[編集]

  • 全作詞:後藤正文、全編曲:ASIAN KUNG-FU GENERATION
#タイトル作詞作曲時間
1.「クロックワーク」 Rivers Cuomo・Butch Walker・後藤正文
2.「ホームタウン」 後藤正文
3.「レインボーフラッグ」 後藤正文
4.「サーカス」 後藤正文
5.荒野を歩け 後藤正文
6.「UCLA」 後藤正文
7.「モータープール」 後藤正文
8.「ダンシングガール」 Rivers Cuomo・後藤正文
9.「さようならソルジャー」 後藤正文
10.ボーイズ&ガールズ 後藤正文

Can't Sleep EP[編集]

  • 全作詞:後藤正文、全編曲:ASIAN KUNG-FU GENERATION
#タイトル作詞作曲時間
1.「スリープ」 Grant Nicholas・後藤正文
2.「廃墟の記憶」 ホリエアツシ
3.「イエロー」 山田貴洋
4.「はじまりの季節」 THE CHARM PARK
5.「生者のマーチ」 後藤正文

初回限定盤DVD[編集]

  1. ASIAN KUNG-FU GENERATION America Tour Documentary Pt.2(Latin America)

脚注[編集]