ブッチ・ウォーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Butch Walker
Butch Walker.jpg
2008年のライブ
基本情報
出生名 Bradley Glenn Walker
生誕 (1969-11-14) 1969年11月14日(49歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ジョージア州ローム
ジャンル グラム・メタル (初期)
オルタナティヴ・ロック
ポップ・パンク
職業 シンガーソングライター, ミュージシャン, 音楽プロデューサー
担当楽器 ヴォーカル
ギター
ピアノ
ベース
パーカッション
オルガン
活動期間 1985–present
共同作業者 Marvelous 3, SouthGang
公式サイト ButchWalker.com

ブッチ・ウォーカー(Butch Walker,1969年-)は、アメリカシンガーソングライタープロデューサー

経歴[編集]

ジョージア州ロームで生まれ、ジョージア州カーターズビルで育つ[1]アトランタでByte the Bulletというヘヴィメタル・バンドを結成し、その後ロサンゼルスに移って、メジャー・デビュー前にSouthGangと改名[2]。メンバーはジェシー・ハート(ボーカル)、ブッチ・ウォーカー(ギター)、ジェイス・フィンチャー(ベース)、ミッチ・マクリー(ドラム)。1991年にはハワード・ベンソンデズモンド・チャイルドのプロデュースによるデビュー・アルバム"TAINTED ANGEL"を発表した[2]。1993年にセカンドアルバム、"GROUP THERAPY"を発表。しかし時代的に、オルタナティヴ・ロック/グランジ勢に押されレコード契約を切られSouthGangは解散。

その後、新たにボーカルのジェシー以外の3人でマーベラス3を結成(ブッチがボーカル)。1997年"MATH AND OTHER PROBLEMS"を自主制作で発表。翌年"HEY!ALBUM"を発表。このアルバムが地元ラジオで頻繁にオンエアされ一目置かれるようになり、翌年メジャーレーベルのエレクトラ・レコードより、"HEY!ALBUM"が新装されメジャーデビュー。アルバムからのファーストシングル、"FREAK OF THE WEEK"が大ヒットする。そして2000年、サードアルバム"READYSEXGO"を発表。しかしアルバムの不振やツアーの疲れなどいろいろあり、翌年解散。

2002年には初のソロ・アルバム『レフト・オブ・セルフ・センタード』を発表。また、SR-71の大ヒット曲"Right Now"の作曲やInjectedのアルバムプロデュースなどでソングライター・プロデューサーとしての地位も確立した。その後はアヴリル・ラヴィーンピンクトミー・リーなどの作品もプロデュースしていく[1]。ソロ活動も継続し、2015年にはライアン・アダムスをプロデューサーに招いたアルバム『Afraid of Ghost』を発表した[1]

アルバム[編集]

  • レフト・オブ・セルフ・センタード - Left Of Self-Centered(2002年)
  • レターズ - Letters(2004年)
  • ライズ・アンド・フォール - The Rise and Fall of Butch Walker and the Let's-Go-Out-Tonites(2006年)
  • シカモア・メドウズ - Sycamore Meadows(2008年)
  • ブッチぎり街道まっしぐら!!!!! - I Liked It Better When You Had No Heart(2010年)
  • The Spade(2011年)
  • Afraid of Ghosts(2015年)

主なプロデュース作品(一部楽曲プロデュースも含む)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Sendra, Tim. “Butch Walker - Biography & History”. AllMusic. 2015年11月14日閲覧。
  2. ^ a b SouthGang - Biography & History”. AllMusic. 2017年6月19日閲覧。

外部リンク[編集]