ワールド ワールド ワールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ワールド ワールド ワールド
ASIAN KUNG-FU GENERATIONスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル Ki/oon Records
チャート最高順位
ゴールドディスク
ASIAN KUNG-FU GENERATION 年表
フィードバックファイル
2006年
ワールド ワールド ワールド
(2008年)
未だ見ぬ明日に
(2008年)
『ワールド ワールド ワールド』収録のシングル
テンプレートを表示

ワールド ワールド ワールド』は、日本ロックバンドASIAN KUNG-FU GENERATIONの4枚目のフルアルバム。2008年3月5日キューンレコードから発売された。

概要[編集]

前作の『フィードバックファイル』から約1年5か月ぶりのアルバム。

フルアルバムとしては、『ファンクラブ』以来約2年ぶりとなる。初回限定版のみワールドスリーブケース仕様。『ソルファ』と同様に、アナログ盤も同年3月26日に発売された。通常の歌詞カードとは別に、全曲の歌詞の英訳が載った歌詞カードが入っている。2007年はこのアルバム制作に重点を置いていたようで、後藤の日記を見ても新曲の構成や、レコーディングという類の文字が目立つ。それと同時に、夏フェスなどにも精力的に参加していたためか、アルバムの発売前にライブ等で演奏された曲がかなり存在する。

NANO-MUGEN COMPILATION.2006」に収録されている「十二進法の夕景」は収録されていない。

アルバムのジャケットに同時多発テロで破壊されたワールド・トレード・センターらしき絵があり、本作の象徴となっている。

収録曲[編集]

  • 全作詞:後藤正文、全編曲:ASIAN KUNG-FU GENERATION
# タイトル 作詞 作曲 時間
1. 「ワールド ワールド ワールド」   後藤正文・喜多建介・山田貴洋・伊地知潔
2. アフターダーク(テレビ東京系アニメ『BLEACH』第7代オープニングテーマ)   後藤正文・山田貴洋
3. 「旅立つ君へ」   後藤正文
4. 「ネオテニー」   後藤正文・喜多建介
5. 「トラベログ」   後藤正文
6. 「No.9」   後藤正文
7. 「ナイトダイビング」   後藤正文
8. 「ライカ」   後藤正文
9. 「惑星」   後藤正文
10. 転がる岩、君に朝が降る   後藤正文
11. 「ワールド ワールド」   後藤正文
12. 或る街の群青(スタジオよんどしい配給映画『鉄コン筋クリート』主題歌)   後藤正文
13. 「新しい世界」   後藤正文
合計時間:

楽曲について[編集]

ワールド ワールド ワールド
ASIAN KUNG-FU GENERATIONの楽曲のうちでは最短の曲だが、インスト曲ではない。
2007年に行われた「Tour 酔杯2007 Project Beef」のオープニングセッションが土台となっており、メンバー全員がコーラスに参加している。
MVが存在し、『映像作品集 4巻』に収録されている。
旅立つ君へ
アウトロが次曲に繋がっている。
ネオテニー
タイトルは「幼形成熟」の意。イントロが次曲と繋がっている。
トラベログ
タイトルは「旅行記」の意。
曲中に、2005年のNANO-MUGEN FES.で演奏された「Re:Re:」〜「N.G.S」の曲間セッションをアレンジしたものが使われている。これは、喜多と山田の「あのセッションが忘れられない」という強い要望によって加えられた。
No.9
歌詞中の「パトリオット」は「愛国者」の意。また、同名の地対空ミサイルが存在する(こちらの読みは「ペイトリオット」)。
沖縄県平和祈念公園にある「平和の礎」の前から見た海の事を歌詞にしている。
ナイトダイビング
ギター担当の喜多が一部メインボーカルを務めている。
ライカ
タイトルは、スプートニク2号で宇宙に行った雌犬の「ライカ」の事を指す。
ワールド ワールド
ASIAN KUNG-FU GENERATIONでは初となる、後藤の弾き語りによる楽曲。
曲の後半は次曲の「或る街の群青」のシングルにも収録されている街の雑踏音が収録されており、次の「或る街の群青」と繋がっている。この曲のバックで聞こえているメトロノームはアウトロでテンポが遅くなるように(次曲のテンポに合うように)プログラムによって制御されている。
新しい世界
中澤一登によるアニメーションMVが存在し、「ワールド ワールド ワールド」と同じく『映像作品集 4巻』に収録されている。
曲の最後の印象的なEメジャーコードは「The Beatlesの『A Day in the Life』からの引用ではないか」という公式サイトの閲覧者からの指摘に関して後藤が「ズバリ!鋭い」と答えている。このアルバムがコンセプトアルバムであることを踏まえた上で、The Beatlesの『Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band』を強く意識し、加えた部分であるという。
歌詞の冒頭に、自身を含めたロック・ミュージシャンに対しての揶揄と思われる一節がある。