ハード・キャンディー (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハード・キャンディー
マドンナスタジオ・アルバム
リリース
録音 2007年
ジャンル ヒップホップ、R&B、ポップ、ダンス
レーベル Warner Bros. Records / ワーナーミュージック・ジャパン
プロデュース マドンナ、ジャスティン・ティンバーレイク、ファレル・ウィリアムスティンバランドネイト“デンジャ”ヒルズ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(全米ビルボード
  • 1位(全英
  • 1位(フランス
  • 1位(カナダ
  • 1位(オーストラリア
  • 週間1位(日本オリコン
  • 2008年度年間42位(オリコン)
  • ゴールドディスク
  • ゴールド(アメリカ
  • プラチナ(日本
  • マドンナ 年表
    コンフェッションズ・ツアー・ライヴ
    (2007年)
    ハード・キャンディー
    (2008年)
    'セレブレイション 〜マドンナ・オールタイム・ベスト〜
    (2009年)
    テンプレートを表示

    ハード・キャンディー』(Hard Candy)は、マドンナのオリジナル・アルバム。同作が、ワーナー・ブラザース・レコードから発売される最後のオリジナル・アルバムとなる。

    概要[編集]

    • ジャスティン・ティンバーレイクティンバランドファレル・ウィリアムズザ・ネプチューンズ)などを起用していることから、ヒップホップ色が強いものに仕上がっている。
    • 当初は、エイコンらの名前が挙がるなど、多数のプロデューサーを起用するとみられていた。結局は、ネプチューンズによる曲と、ティンバーレイク・ティンバランドとの共作曲がほぼ半々となっている。
    • 2007年から、いくつかの楽曲がネット上にリークされたり、タイトルや発売時期に関する噂が乱れ飛んだ。正式タイトルと発売日が発表されたのは、2008年2月下旬になってである。
    • アルバム・タイトルについて、「これはタフさとスイートさの共存を表すもの。私があなたを痛めつけてあげるわ。でもあなたはそれを気持ちいいと感じるはず」と、コメントしている。

    記録[編集]

    • 米ビルボードアルバムチャートで通算7作目の第1位を獲得。女性として歴代2位の記録となる。
    • オリコンアルバムチャートで、1990年6月の『アイム・ブレスレス』以来、17年11か月ぶりに第1位を獲得。ソロ歌手の1位インターバル最長記録となった。さらに、80年と90年、00年代で1位を記録という"3年代連続1位"を成し遂げた。
    • 世界36ヶ国で第1位を記録(5月13日現在)。
    • 第23回日本ゴールドディスク大賞で「ザ・ベスト3・アルバム」部門を受賞した。
    • 「マイルズ・アウェイ」が第23回日本ゴールドディスク大賞で以下の部門を受賞した。
    • 「着うたフル ソング・オブ・ザ・イヤー」
    • 「着うた ソング・オブ・ザ・イヤー」
    • PC配信ソング・オブ・ザ・イヤー

    収録曲[編集]

    1. キャンディー・ショップ(Candy Shop
    2. フォー・ミニッツ4 Minutes
      ジャスティン・ティンバーレイクとのデュエット曲。1stシングル。
    3. ギヴ・イット・トゥ・ミーGive It 2 Me
      後に、2ndシングルとして発売(日本では、3rdシングルとしてリリース)。
    4. ハートビート(Heartbeat)
    5. マイルズ・アウェイMiles Away
      フジテレビ系列・木村拓哉主演の月9ドラマ『CHANGE』の主題歌。自身初のドラマタイアップ。制作スタッフ側がダメ元でオファーしたところ、快諾。ドラマのイメージを反映して制作したとされる[1]。後に、3rdシングルとして発売(日本では、2ndシングルとしてリリース)。
    6. シーズ・ノット・ミー(She's Not Me
    7. インクレディブル(Incredible
    8. ビート・ゴーズ・オン(Beat Goes On
      カニエ・ウェストがラップで参加。
    9. ダンス・トゥナイト(Dance 2night
    10. スパニッシュ・レッスン(Spanish Lesson
    11. デヴィル・ウドゥント・レコグナイズ・ユー(Devil Wouldn't Recognize You
    12. ヴォイシス(Voices
    13. リング・マイ・ベル(Ring My Bell
      日本盤のみのボーナストラック。ちなみに、2000年の『MUSIC』以来となるボーナストラックである。

    脚注[編集]

    1. ^ サンケイスポーツ 2008年3月17日付