2番目に幸せなこと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2番目に幸せなこと
The Next Best Thing
監督 ジョン・シュレシンジャー
脚本 トム・ロペレフスキー
製作 レスリー・ディクソン
リン・ラドミン
トム・ローゼンバーグ
マーカス・ヴィシディ
リチャード・S・ライト
メレディス・ザムスキー
製作総指揮 ゲイリー・ルチェッシ
ルイス・マニロウ
テッド・タネンバウム
出演者 マドンナ
ルパート・エヴェレット
音楽 ガブリエル・ヤレド
主題歌 マドンナ
アメリカン・パイ
撮影 エリオット・デイヴィス
編集 ピーター・ホーネス
製作会社 レイクショア・エンターテインメント
パラマウント映画
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 ブエナビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年3月3日
日本の旗 2000年6月17日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
フランス語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 $24,362,772[1]
テンプレートを表示

2番目に幸せなこと』(The Next Best Thing)は2000年制作のアメリカ映画

親友同士であるゲイの男性とストレートの女性、そして女性の恋人とをめぐるロマンティック・コメディ

ジョン・シュレシンジャー監督の遺作となった。

ストーリー[編集]

ヨガ・インストラクターのアビーと、ゲイのロバート。親友同士の彼らは、お互いに大切な人を失ったばかり。そんな二人は、酔った勢いで一晩を共にしてしまう。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

受賞歴[編集]

第21回ゴールデンラズベリー賞
  • 最低主演女優賞 受賞
  • 最低作品賞 ノミネート
  • 最低監督賞 ノミネート
  • 最低脚本賞 ノミネート
  • 最低スクリーンカップル賞 ノミネート

備考[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b The Next Best Thing (2000)”. Box Office Mojo. 2010年8月8日閲覧。

外部リンク[編集]