サンタリア 魔界怨霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サンタリア 魔界怨霊
The Believers
監督 ジョン・シュレシンジャー
脚本 マーク・フロスト
原作 ニコラス・コンデ
製作 ジョン・シュレシンジャー
マイケル・チルダース
ビヴァリー・キャメイ
製作総指揮 エドワード・ティーツ
出演者 マーティン・シーン
音楽 J・ピーター・ロビンソン
撮影 ロビー・ミューラー
編集 ピーター・ホーネス
製作会社 オライオン・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 オライオン・ピクチャーズ
日本の旗 オライオン=ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1987年6月10日
日本の旗 1987年11月14日
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗$18,753,438[1]
テンプレートを表示

サンタリア 魔界怨霊』(原題:The Believers)は、1987年制作のアメリカ合衆国ホラー映画

ニコラス・コンデ原作のホラー小説をジョン・シュレシンジャー監督が映画化。

あらすじ[編集]

ニューヨークで、6歳から10歳位までの幼い男子が腹部を切り裂かれて惨殺されるという、猟奇的殺人事件が頻発していた。その事件を担当していた刑事トム・ロペスはノイローゼを発症し、警察の精神科医カル・ジャミソンの患者となった。やがてロペスはあることから犯人の見当をつけるが、カルにそれを知らせる前に謎の死を遂げてしまう。

ロペスの後任となったマクタガート警部補と共に捜査を進めるカルは、ロペスが見当をつけていたカルダー財団の代表ロバート・カルダーに行き当たる。

やがて、この連続殺人事件の背後にアフリカの宗教集団サンタリアの存在があることを知ったカルは、その正体がカルダー財団であることを突き止める。しかし、サンタリアの次の標的はカルの息子クリスだった。

キャスト[編集]

テレビ放映:テレビ朝日日曜洋画劇場1991年1月20日

脚注[編集]

  1. ^ The Believers (1987)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2014年3月20日閲覧。

外部リンク[編集]