ミュージック (マドンナのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミュージック
マドンナスタジオ・アルバム
リリース 日本の旗2000年9月18日
アメリカ合衆国の旗2000年9月19日
録音 1999年 - 2000年
ジャンル ダンスポップエレクトロニカ
時間 54分50秒(日本盤)
レーベル マヴェリック / Warner Bros. Records / ワーナーミュージック・ジャパン
プロデュース マドンナ、ミルウェイズ・アマッザイ
チャート最高順位
ゴールド等認定
マドンナ 年表
レイ・オブ・ライト
1998年
ミュージック
(2000年)
グレイテスト・ヒッツ VOL.2
2001年
ミュージック収録のシングル
  1. 「ミュージック」
    リリース: 2000年8月18日
  2. 「ドント・テル・ミー」
    リリース: 2000年11月21日
  3. 「ホワット・イット・フィールズ・ライク・フォー・ア・ガール」
    リリース: 2001年4月16日
テンプレートを表示

ミュージック』(Music)は、2000年にリリースされたマドンナの8枚目のスタジオ・アルバム

概要[編集]

  • 前作『レイ・オブ・ライト』からイメージをガラリと変え、クラブ向けのサウンドで大ヒットを記録した。フランス人のプロデューサー・ミルウェイズを初起用し、キャッチーなエレクトリックサウンドを多用しているほか、カントリー・ミュージックの要素も取り入れている。
  • ローリングストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』では、452位にランクイン[1]
  • なお、発売直前の2000年8月に、マドンナはガイ・リッチーとの間の長男ロッコ君を出産。12月にはリッチーと挙式している。

収録曲[編集]

# タイトル 作詞・作曲 プロデューサー 時間
1. ミュージック(Music) マドンナ、ミルウェイズ・アマッザイ マドンナ、アマッザイ
2. インプレッシヴ・インスタント(Impressive Instant) マドンナ、アマッザイ マドンナ、アマッザイ
3. ランナウェイ・ラヴァー(Runaway Lover) マドンナ、ウィリアム・オービット マドンナ、オービット
4. アイ・ディザーヴ・イット(I Deserve It) マドンナ、アマッザイ マドンナ、アマッザイ
5. アメイジング(Amazing) マドンナ、オービット マドンナ、オービット
6. ノーバディーズ・パーフェクト(Nobody's Perfect) マドンナ、アマッザイ マドンナ、アマッザイ
7. ドント・テル・ミー(Don't Tell Me) マドンナ、アマッザイ、ジョー・ヘンリー マドンナ、アマッザイ
8. ホワット・イット・フィールズ・ライク・フォー・ア・ガール(What It Feels Like for a Girl) マドンナ、ガイ・シグスワース マドンナ、シグスワース、マーク・"スパイク"・ステント
9. パラダイス(ノット・フォー・ミー)(Paradise (Not for Me)) マドンナ、アマッザイ マドンナ、アマッザイ
10. ゴーン(Gone) マドンナ、ダミアン・レガシック、ニック・ヤング マドンナ、オービット、ステント
日本盤ボーナス・トラック
# タイトル 作詞・作曲 プロデューサー 時間
11. アメリカン・パイ(American Pie) ドン・マクリーン マドンナ、オービット
12. サイバー・ラガ[注 1](Cyber-Raga) マドンナ、タルヴィン・シン マドンナ、シン

シングル[編集]

4作全てでBillboard Hot Dance Club Playの1位を獲得。

脚注[編集]

  1. ^ 500 Greatest Albums: Music - Madonna”. Rolling Stone (2012年5月31日). 2010年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月23日閲覧。
  2. ^ マドンナの新作プロモーションビデオが過激な暴力性で放送は1度だけ”. BARKS (2001年3月21日). 2016年6月23日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 日本盤とオーストラリア盤に収録。