ディック・トレイシー (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ディック・トレイシー
Dick Tracy
監督 ウォーレン・ベイティ
脚本 ジム・キャッシュ
ジャック・エップス・Jr
原作 チェスター・グールド英語版
製作 ウォーレン・ベイティ
製作総指揮 バリー・M・オズボーン
アート・リンソン
フロイド・マトラックス
出演者 ウォーレン・ベイティ
マドンナ
アル・パチーノ
音楽 ダニー・エルフマン(劇伴)
スティーヴン・ソンドハイム(劇中歌)
撮影 ヴィットリオ・ストラーロ
編集 リチャード・マークス
配給 タッチストーン・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年6月15日
日本の旗 1990年12月24日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $46,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $162,738,726[2]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $103,738,726[2]
テンプレートを表示

ディック・トレイシー』(Dick Tracy)は、1990年アメリカ映画チェスター・グールド英語版の人気コミック『ディック・トレイシー』を実写映画化したもの。

ストーリー[ソースを編集]

1930年代アメリカのとある犯罪都市。そこで日夜悪と戦う神出鬼没の刑事ディック・トレイシーは、街を牛耳るギャングのボスであり宿敵でもあるビッグ・ボーイ・キャプリスを追っていた。一方キャプリスは、絶世の美女である歌姫ブレスレスを手に入れるため、彼女が勤めていたクラブのオーナーを殺害。これを聞いたトレイシーは、ひょんなことから知り合った少年スリ、キッドと共にキャプリスを逮捕するための捜査を開始する。そこでトレイシーはブレスレスに接触し、彼女にキャプリスを追い詰める証言を求めるが、彼女はそれと引き換えにトレイシーの愛を求めるのだった。

キャスト[ソースを編集]

※括弧内は日本語吹替

出典[ソースを編集]

  1. ^ Stewart, pp. 111-115
  2. ^ a b Dick Tracy” (英語). Box Office Mojo. 2011年10月16日閲覧。

その他[ソースを編集]

1991年にはメガドライブ用ゲームソフトとして発売されている。内容は映画版をモチーフとしており、アニメ画ではあるがキャラクターは実写に忠実な作風となっている。(開発はアメリカのセガが担当)

外部リンク[ソースを編集]