エイコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エイコン
Akon.jpg
(2007年5月12日)
基本情報
出生名 Aliaune Thiam
アリウネ・チアム
生誕 (1973-04-16) 1973年4月16日(44歳)[1]
セネガルの旗 セネガルサンルイ
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニュージャージー州ジャージーシティ
ジャンル R&Bヒップホップポップ
職業 シンガーソングライター音楽プロデューサー
活動期間 1996年 - 現在
レーベル ユニバーサルミュージック、SRC、Konvict Muzik、アップフロント・レコード
共同作業者 DJキャレドリル・ウェイン、コルビー・オドニス、カーディナル・オフィシャルスヌープ・ドッグT-ペインヤング・ジージー50セントエミネムデヴィッド・ゲッタマイケル・ジャクソンレディー・ガガ

エイコンAkonIPA:ˈeɪkɒn[2]Aliaune Badara Akon Thiam)は、セネガル出身でアメリカ合衆国R&Bシンガーソングライター音楽プロデューサー実業家、慈善家である。

彼はデビュー・アルバム『トラブル』からの最初のシングル『ロックト・アップ』が大ヒットになった。2枚目のアルバム『コンヴィクテッド』はグラミー賞候補になるシングル『スマック・ザット』を生み出す。彼は自ら創設した2つのレーベル、コンヴィクト・ミュージックとコンライブ・ディストリビューションを持つ。彼は21世紀で最も成功した多才なR&B歌手の1人として知られ、エイコンはしばしば他の歌手の為にゲストとして楽曲制作に参加しており、200以上の曲に参加し、36のBillboard Hot 100入りした曲を持つ。また、同チャートで同時に1位と2位を独占するという、ソロ歌手では初めての記録を達成した[3]。彼は6つのグラミー賞候補経験があり、レディー・ガガT-ペインレオナ・ルイス他多数のアーティストのヒットソングを手がけた。

人物[編集]

ジャズミュージシャンのモル・チャムを父に持ち、ミズーリ州セントルイスで誕生し、7歳になるまでセネガルで育つ。その後アメリカとセネガルに交互に暮らしたが、15歳で家族とニュージャージー州ジャージーシティへ来てからは一貫してアメリカに住んでいる。

母語であるウォロフ語、セネガルの公用語であるフランス語、(訛りのない)英語の3言語を話すことができる。エイコンはムスリムである[4][5] 。雑誌「ブレンダー英語版」とのインタビューで、3人の異なる女性との間に6人の子供がいると語った[6]

彼は、アフリカの恵まれない子供たちのために「コンフィデンス・ファンデーション(Konfidence Foundation)」と呼ばれる自らの慈善団体を持っている[7]南アフリカ共和国でダイヤモンド鉱山を所有しており、「血塗られたダイヤモンド」(またの名を紛争ダイヤモンド)と呼ばれるものの存在を否定していた。「私は紛争ダイヤモンドを信じていない。それは単なる映画だと思う。考えてみてよ。ブラッド・ダイヤモンドが公開されるまで、紛争ダイヤモンドについては誰も考えなかった。」[8] 。しかし、彼はその後、紛争ダイヤモンドの存在を認め、彼が紛争ダイヤモンドの使用を避けることに専念しているアフリカ鉱山の部分所有者であることを認めた。エイコンはそこでの利益を地域社会に寄付している[9]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[10]
AUS
[11]
CAN
[12]
GER
[13]
IRL
[14]
NZ
[15]
SWE
[16]
SWI
[17]
UK
[18]
2004 Trouble 18 12 24 3 2 49 31 1
2006 Konvicted
  • 発売日: 2006年11月14日[26]
  • レーベル: Konvict, UpFront, SRC, Universal Motown
  • フォーマット: LP, digital download
  • 全米売上: 280万枚[20]
2 16 4 75 10 1 41 23 16
  • US: 3× プラチナ[21]
  • AUS: プラチナ[27]
  • CAN: 2× プラチナ[23]
  • IRL: プラチナ[28]
  • NZ: 2× プラチナ[29]
  • SWI: ゴールド[30]
  • UK: プラチナ[25]
2008 Freedom
  • 発売日: 2008年12月2日[31]
  • レーベル: Konvict, SRC, Universal Motown
  • フォーマット: LP, digital download
  • 全米売上: 76.2万枚[32]
7 20 4 82 10 29 22 6
  • US: ゴールド[21]
  • AUS: プラチナ[33]
  • CAN: プラチナ[23]
  • UK: プラチナ[25]
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

受賞とノミネート[編集]

エイコンの受賞とノミネート
受賞とノミネート
受賞 ノミネート
アメリカン・ミュージック・アワード
1 3
グラミー賞
0 5
MTV Video Music Awards
0 4
合計
受賞 1
ノミネートのみ 12

アメリカン・ミュージック・アワード[編集]

ノミネート対象 結果
2007年 エイコン Favorite Soul/R&B Male Artist 受賞
Artist of the Year ノミネート
Favorite Pop/Rock Male Artist ノミネート

グラミー賞[編集]

ノミネート対象 結果
2007年 スマック・ザット(with エミネム) Best Rap/Sung Collaboration ノミネート
2008年 スウィート・エスケイプ (with グウェン・ステファニー) Best Pop Collaboration with Vocals ノミネート
Bartender(with T-ペイン) Best R&B Vocal Performance by a Duo or Group ノミネート
コンヴィクテッド Best Contemporary R&B Album ノミネート
I Wanna Love You (with スヌープ・ドッグ) Best Rap/Sung Collaboration ノミネート

MTV Video Music Awards[編集]

ノミネート対象 結果
2005年 ロックト・アップ MTV2 Award ノミネート
2007年 エイコン Male Artist of the Year ノミネート
スマック・ザット(with エミネム) Most Earthshattering Collaboration ノミネート
スウィート・エスケイプ(with グウェン・ステファニー) Most Earthshattering Collaboration ノミネート

ワールド・ミュージック・アワード[編集]

2007年の受賞:

  • (1) Best Selling R&B Male Artist
  • (2) Best Selling African Artist
  • (3) Best Selling Internet Artist.

2008年の受賞:

  • (1) Best Selling African Artist

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 125 Pop Stars' Real Names”. Billboard (2011年1月28日). 2011年2月14日閲覧。
  2. ^ Ingolo.com: Pronunciation of Akon.
  3. ^ Bronson, Fred. "Chart Beat", Billboard Magazine, 2007-04-05.
  4. ^ Fraser McAlpine, Ask Akon, And Answers Arrive!, BBC Radio 1, Chartblog, February 7, 2007. Accessed December 20, 2010.
  5. ^ Peter Relic, "Q&A: Akon – How Akon went from car thief to inmate to hip-hop's top R&B singer", Rolling Stone, November 2, 2006. Accessed June 1, 2012.
  6. ^ Who Does Akon Think He Is? Blender, September 19, 2007. Archived September 30, 2007, at the Wayback Machine.
  7. ^ Founders”. Konfidence Foundation. 2007年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  8. ^ Egere-Cooper, Matilda. Akon: So what if I own a diamond mine?.Independent, February 16, 2007.
  9. ^ Akon Interview with Howard Stern part 4 of 4”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  10. ^ Akon – Chart History: Billboard 200”. Billboard. Prometheus Global Media. 2013年9月16日閲覧。
  11. ^ Discography Akon”. 'australian-charts.com'. Hung Medien. 2013年9月16日閲覧。
  12. ^ Akon – Chart History: Canadian Albums”. Billboard. Prometheus Global Media. 2013年9月16日閲覧。
  13. ^ Chartverfolgung / Akon / Longplay” (German). 'musicline.de'. Media Control Charts. 2013年9月16日閲覧。
  14. ^ Discography Akon”. 'irish-charts.com'. Hung Medien. 2013年9月16日閲覧。
  15. ^ Discography Akon”. 'charts.org.nz'. Hung Medien. 2013年9月16日閲覧。
  16. ^ Discographie Akon” (French). Swedish Charts. Hung Medien. 2013年9月16日閲覧。
  17. ^ Akon (select "Charts" tab)”. 'swisscharts.com'. Hung Medien. 2013年9月16日閲覧。
  18. ^ Akon (select "Albums" tab)”. Official Charts Company. 2013年9月16日閲覧。
  19. ^ Kellman, Andy. “Trouble – Akon > Overview”. AllMusic. Rovi Corporation. 2013年9月16日閲覧。
  20. ^ a b Concepcion, Mariel (2008年11月25日). “Redemption Song: Akon”. Billboard. Prometheus Global Media. 2013年9月16日閲覧。
  21. ^ a b c Gold & Platinum: Akon”. Recording Industry Association of America. 2013年9月16日閲覧。
  22. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2005 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2013年9月16日閲覧。
  23. ^ a b c Gold/Platinum – Akon”. Music Canada. 2014年7月5日閲覧。
  24. ^ Top 40 Albums Chart: Chart #1462 (Monday 30 May 2005)”. Recorded Music NZ. 2013年9月16日閲覧。
  25. ^ a b c Certified Awards (enter "Akon" into the "Keywords" box, then select "Search")”. British Phonographic Industry. 2013年9月16日閲覧。
  26. ^ Konvicted by Akon”. iTunes Store. アップル. 2013年9月16日閲覧。
  27. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2007 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2013年9月16日閲覧。
  28. ^ 2007 Certification Awards – Platinum”. Irish Recorded Music Association. 2013年9月16日閲覧。
  29. ^ Top 40 Albums Chart: Chart #1571 (Monday 30 May 2005)”. Recorded Music NZ. 2013年9月16日閲覧。
  30. ^ The Official Swiss Charts and Music Community: Awards (Akon)”. 'swisscharts.com'. Hung Medien. 2013年9月16日閲覧。
  31. ^ Freedom by Akon”. iTunes Store. アップル. 2013年9月16日閲覧。
  32. ^ Lipshutz, Jason (2010年9月22日). “Akon Previews 'Akonic' Album at NY Listening”. Billboard. Prometheus Global Media. 2013年9月16日閲覧。
  33. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2009 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2013年9月16日閲覧。

外部リンク[編集]