細美武士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
細美 武士
生誕 (1973-02-22) 1973年2月22日(44歳)
出身地 日本の旗 日本 千葉県香取市
ジャンル パンク・ロック
オルタナティヴ・ロック
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 1998年 -
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
共同作業者 ELLEGARDEN
the HIATUS
MONOEYES
公式サイト 細美武士 公式サイト
Weezer など

細美 武士(ほそみ たけし、Takeshi Hosomi 1973年2月22日 - )は、日本のミュージシャン。身長168cm。

概要[編集]

ロックバンドELLEGARDEN」のボーカルギターとして約10年活動した。同バンド活動休止中にthe HIATUSMONOEYESを結成し、ボーカルギターを担当している。 また、BRAHMANTOSHI-LOWと結成した弾き語りユニットthe LOW-ATUSとしてボーカルギターを担当する。

ギターは主にギブソン・レスポールを使用している。

最近は、『矢野顕子2010 「ここが音楽堂!」弾き語りツアー 』に出演するなど、ソロとしての活動も始めている。

経歴[編集]

  • 1998年
生形真一に誘われ、ELLEGARDENのボーカル、ギターとして活動を開始。
  • 2008年
ELLEGARDENの活動休止を発表し、9月7日に新木場スタジオコーストで活動休止前最後のライブを行った。その際、「解散ではなく休止、大学生でいう休学だからね。待っててね。」と公言。その後、自身のブログでソロ活動を始めることを発表し、the HIATUSを結成した。ちなみにthe HIATUSの意味は「中断」「隙間」。ソロで行うDJ活動では休止についての話はしない。「メンバーみんながいない所で話すのはフェアじゃないから。待っててね。」と再開についての質問も答えないと明言している。
  • 2009年
5月27日にアルバム「Trash We'd Love」を発売し、the HIATUSとして正式にデビュー。
  • 2015年
the HIATUSと並行してMONOEYESを結成。

人物[編集]

  • 千葉県香取市出身
  • 神田外語大学英米語学科卒業。
  • 自身のバンドではボーカルギター、そしてほぼ全楽曲の作詞・作曲を担当している。
  • 敬愛するアーティストに、Weezerを挙げている。
  • 高校中退後、父に「学校へ行かないなら働け」と言われバイクのレーサーを目指していたが、数年で辞めた。その後、工場で住み込みのバイトを続けたのち、独学で神田外語大学に入学し英語を学ぶ。
  • ELLEGARDEN結成前に組んでいたバンドはデビューを目前にして解散。音楽をすることが社会に対する「逃げ」なのかを判断するため就職し、数ヶ月サンフランシスコでプログラマとして働いていた。プログラマになろうと思った理由は幼少期にパソコンを使ったことがあったから。履歴書も詐称し、面接でもできると勢いで乗り切った。幼少期以来まともにパソコンには触れていなかったので当時のメモリ主流はCD-RであったのにFDを使おうとして職場の外国人プログラマに馬鹿にされ、これはやっていけないことなのではないのかと思っている時に、生形真一に誘われて音楽活動を再開する。
  • 作詞する(歌う)大半の曲が英語詞になっている。
  • 10-FEETのメンバーと仲が良い。
  • 矢野顕子と交流が深くソロ活動では共演することも多くお互いの曲を歌うこともある。矢野顕子の娘である坂本美雨とはthe HIATUSの2012ホールツアーにて共演している。
  • ストレイテナーとはとても仲が良く(特に、ストレイテナーボーカルのホリエアツシをホリエテナーと呼んだりしている)、ELLEGARDENのころからお互いのライブに出ている。現在活動中のthe HIATUSでも対バンツアーをした。
  • 近年(2012年)では、Feederグラント・ニコラスタカ・ヒロセと交友があり、Feederのアルバム『Generation Freakshow』(2012/4)の日本語盤では、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文とそれぞれ収録曲2曲をカバーしている。
  • ロサンゼルスのミュージシャンとも複数親交がある。
  • ELLEGARDEN時代、活動に行き詰まり悩んでいた時に下北沢の王将にてEASY GRIPMASSUNから、「インディーズやれなくなったらアマチュアになれば。で、アマチュアでライヴハウス出れなくなったら、路上で弾き語りでもすればええんちゃうんか。それでもおまえは音楽を続けていくんやろ?」という言葉にいたく感銘を受け、一気に「ジターバグ」を書き上げた話は伝説として古くからのファンの間で今でも語り継がれている。その後MASSUNとは兄弟分になった。余談であるが、GOOD4NOTHINGTANNYも入れて3兄弟と言われている(長男はMASSUN、三男はTANNY)。
  • SKULLSHITSABBAT13の服を好んで着ていた。特に、SABBAT13のTHRILLERキャップは現在でも相当のお気に入りとのこと。
  • 以前はFOSSILNIXONの時計を愛用していたが、失くしたため、ここ数年はDIESELの時計を愛用してる。
  • ELLEGARDEN時代はいわゆるストリート風な服を好んでいたが現在はLAD MUSICIANなどを愛用している。ライブで履く靴はVANSを好むことが多い。雑誌の写真などではコンバースを履いていることもある。
  • ギブソンレスポール(ELLEGARDEN時代)にはEASY GRIPのステッカーを張っている。
  • あまり楽器の値段にはこだわらない主義。このレスポールはELLEGARDEN結成直後2万程度の初心者ギター(テレキャスのようなタイプ)を使用していたところ、ドラムの高橋がツアー練習中に「細美さん、そんなギターじゃダメだよ!楽器屋いこう!」と強引に連れていかれ10万円で購入したもの。本人曰く「当時は、こんな高いの買うの?10万あったら風俗いくよー!とか言ったけど、今ではとても気に入ってる。高橋はいい奴だよ!」とのこと。
  • 元々左利きだが、ギター演奏やペンを持ったり等 基本的には右手を使うが、箸を使うときは左手を使う。
  • 好きなお菓子はポテロングピュレグミ
  • ゴキブリ、病院、インターネット、テレビ、ウォシュレットが嫌い。
  • 海外へ一人旅をすることを趣味としている。
  • カウボーイが夢だった。
  • 中学時代、自身の革ジャンには鎖を付けていた。本人曰く「オシャレだと思ってた」。
  • 東日本大震災以降、福島で精力的にライブ活動やチャリティーライブに参加している。
  • ベストコンディションでライブを行うため、2012年頃から筋力トレーニングやランニングを行っている。近年はボクシングも始めた。

作品[編集]

在籍しているバンドの作品については、「ELLEGARDEN」、「the HIATUS」、「MONOEYES」を参照。

参加作品[編集]

楽曲提供[編集]

  • 「Bring it on」(作曲)

ゲストボーカル[編集]

  • Feeder『Generation Freakshow』(2012年4月18日)
  • 「Generation Freakshow」(日本盤ボーナストラック)
  • 雅-MIYAVI-『SAMURAI SESSIONS vol.1』(2012年11月14日)
  • 「MIYAVI vs TAKESHI HOSOMI “SILENT ANGER”」
  • 「Can You (with Hosomi Takeshi)」
  • 「I WAS IN LOVE」
  • ALLY&DIAZ『ALLY & DIAZ II』(2013年5月22日)
  • 「Super Sonic」
  • 「Diamond In Your Heart」
  • 「Appassionata feat. 細美武士」
  • THEATRE BROOK 「LOVE CHANGES THE WORLD」(2015年7月29日)
  • 何やってんだー
  • もう一度世界を変えるのさ(album ver.)
  • 滅火器 Fire EX. (2016年3月)
    • Don't You Fight(feat. 細美武士)
  • LOW IQ 01 『Stories Noticed』 (2017年5月24日)
    • Delusions of Grandeur feat. 細美武士

関連項目[編集]

外部リンク[編集]