Goro's Bar Presents マイ・フェア・レディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Goro' s Bar Presents
マイ・フェア・レディ
ジャンル バラエティ番組
放送時間 水曜日23:30 - 23:55(25分)
放送期間 2009年4月8日 - 2010年3月17日(47回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 古谷英一(総合演出、P兼務)
プロデューサー や田貝義行、帯純也
小谷和彦(CP)
出演者 稲垣吾郎
音声 モノラル放送
(モノステレオ放送[1]
字幕 文字多重放送
テンプレートを表示

Goro's Bar Presents マイ・フェア・レディ』(ゴローズバープレゼンツ - 、英称:GORO'S BAR Presents My Fair Lady)は、TBS系列2009年4月8日から2010年3月17日まで放送されたバラエティ番組で、SMAP稲垣吾郎冠番組である。放送時間は毎週水曜日の23:30 - 23:55(吉崎金門海峡枠)。ハイビジョン制作

愛称は『マイ・フェア・レディ』『マイフェア』『マイレディ』『MFL』『ゴローズバー』『ゴロバー』などが用いられている[2]

概要[編集]

TBSテレビで2004年10月から2009年3月まで放送されていた、稲垣吾郎司会の深夜番組『Goro's Bar』の企画・内容の大幅リニューアル位置付け的な番組。開始当初は、TBS23時半スタート枠「吉崎金門海峡」の水曜日枠として放送していた。

開始から終了まで、同枠としては唯一のモノラル放送(モノステレオ放送)を実施した。

番組開始前の2009年3月25日の23:54 - 26:24(関東地区、地域によって放送日時が異なる)に『Goro Presents マイ・フェア・レディ スペシャル』が放送された。

2010年3月29日からの『NEWS23X』放送開始に伴い、2010年3月17日で終了[3]した。

2010年1月20日の放送から、番組進行中に表示されるタイトルロゴにTwitterアカウントを併記し、オンエア中にTwitter上のつぶやきで「ダメ出し」を募るという実験を開始。レギュラーのバラエティ番組としては、極めて異例の試み[4]。さらに、オンエア時点で山ちゃんの都合がつくときは、オンエアを見ながら山ちゃんがリアルタイムで放映内容に対するツッコミやぼやきなどのツイートを書き込んでいくという企画も行われた。

内容[編集]

『Goro Presents マイ・フェア・レディ スペシャル』では、出演者が女性を応援する様々なロケVTR企画をプレゼンする形で進められた。VTR企画のいくつかは通常放送にも引き継がれたが、基本的に通常放送とはかなり雰囲気が異なっている[5]

通常放送では、不況のあおりで「Goro's Bar」の業態転換を決意したオーナー・ゴローが、女性を応援するための新会社「マイ・フェア・レディ」を設立し、新人社員のスカウトに奔走するという設定で始まった。当初、秘書である松本を除く女性社員たちは制服として赤いジャケットを着用していた。ただし、Goro's Barとは異なり、会社の設定にはこだわらず、20~30代の女性をターゲットとし、仕事・恋愛・生活など女性の“悩み”に稲垣が相談に応じたり、視聴者やタレントから寄せられたムカつく女性や男性についてトークするコーナーや、ゲストと稲垣がロケに出かけるVTRを中心に展開していた。

10月21日放送分の第28回からは「ヒーリングBar」に舞台を変え[6]、女性社員は「ヒーリング・カウンセラー」となり、衣裳も変わった。これ以降、かつてのGoro's Bar同様、Barの設定に基づいた「シチュエーション・バラエティ・ショー」として、スタジオでのゲストトークと企画コーナーを中心に構成されている。番組公式サイトもオンエア上のタイトルと同様『GORO'S BAR Presents My Fair Lady』に改名した。そして、オープニングタイトルとテーマタイトルの部分に『キューティーハニー』の変身シーンのBGMを使用するようになった。

主なコーナー[編集]

2009年4月8日から10月14日まで

  • デート企画
  • ムカツク女性大投稿スペシャル
  • 女芸人暴露トーク

2009年10月21日から

  • ○○で女を磨け!マイフェアレディ[7]

出演[編集]

司会[編集]

アシスタント[編集]

  • 松本志のぶ(第1回で秘書・進行役として採用→第28回からはヒーリングカウンセラー、コーナーの進行を担当)

レギュラー[編集]

  • 友近(Goro's Barママ→マイ・フェア・レディチーフマネージャー→ヒーリングカウンセラー)
  • 大島美幸[8]森三中、Goro's Barフロアレディ→マイ・フェア・レディ契約社員→ヒーリングカウンセラー)
  • 近藤春菜ハリセンボン、Goro's Barフロアレディ→マイ・フェア・レディ契約社員→ヒーリングカウンセラー)
  • 箕輪はるか(ハリセンボン、同上)
  • 木下優樹菜(スペシャルから出演していたが第1回で新入社員として正式採用→ヒーリングカウンセラー)
  • しずちゃん南海キャンディーズ、Goro's Barフロアレディ→ヒーリングカウンセラー)
  • 山ちゃん(南海キャンディーズ、バーテンダー)
  • 三上枝織(タイトルコール)[9]

非常勤 [10][編集]

過去の出演者[編集]

出演したゲスト[編集]

各回 放送日(TBS ゲスト
00 2009年
3月25日
加藤シルビア(TBSアナウンサー)、西川史子1青田典子1相澤仁美1
01 4月8日 桃華絵里
02 4月15日 野村沙知代
03 4月22日 室井佑月
04 4月29日 家田荘子
05 5月6日 浜田ブリトニー
06 5月13日 (なし)
07 5月20日 綾瀬はるか2
08 5月27日 中村うさぎ
09 6月3日 YOU松本伊代キューティー★マミー
10 6月10日 YOU
113 6月17日 (なし)
12 6月24日
13 7月1日 相澤仁美、さとう里香
14 7月8日 浜田ブリトニー、川端かなこゆまち矢野安奈
15 7月15日 辻希美
16 7月22日 オスカー美女軍団(青田典子、北川弘美橋本愛実原幹恵
17 7月29日 香里奈4ななめ45°ゆってぃミラクルひかるフォーリンラブ、慶、
ゴー☆ジャスビューティーこくぶ麦芽ハリウッドザコシショウ
ヤンキーフォー
18 8月5日 (第16回と同様)
19 8月12日 (なし)
20 8月26日
21 9月2日
22 9月9日 ホリプロ美女軍団(大林素子磯山さやか田代さやか
23 9月16日 ミラクルひかる、エハラマサヒロリー5世桜 稲垣早希大倉只男華にしき)、
中村真敏焼肉名門
24 9月23日 青島あきな、道重さゆみモーニング娘)、手島優
25 9月30日 加藤シルビア(TBSアナウンサー)、叶姉妹
26 10月7日 (第24回と同様)
27 10月14日 中村うさぎ、青島あきな、辻希美
285 10月21日 桃華絵里
29 10月28日 北川弘美
30 11月4日 亜門虹彦久瑠あさ美天童春樹
31 11月11日
32 11月18日 西山茉希
33 11月25日 片岡明日香ふくまつみ島岡花山口みよ子道明寺まり
34 12月2日
35 12月9日 香取慎吾(SMAP)、三谷幸喜
366 12月16日 SMAP(中居正広木村拓哉草彅剛、香取慎吾)
37 2010年
1月6日
(なし)
38 1月13日 水川あさみシャカ7
39 1月20日 堀北真希
40 1月27日 神戸蘭子栫井利依
41 2月3日
42 2月10日 (なし)
43 2月17日 シャカ、上田実絵子ぺる7
44 2月24日 安めぐみ、栫井利依
45 3月3日 IMALU
468 3月10日 AKB48(前田敦子高橋みなみ篠田麻里子小嶋陽菜柏木由紀
秋元才加
479 3月17日
補足
  • 1 友近プレゼン企画『マネージャー給付金クイズ』に出演。
  • 2MR.BRAIN』の宣伝で出演。
  • 3 この回より箕輪が出演再開。
  • 4こちら葛飾区亀有公園前派出所』の宣伝で出演。
  • 5 この回より大幅リニューアル。『Goro's Bar』時代のスタッフも大幅に加入した。
  • 6 24時10分までの40分スペシャルとして放送。
  • 7 『Goro's Bar』元レギュラー。
  • 8 最終回スペシャル前編。
  • 9 最終回スペシャル後編。
  • 第40・41回の放送ではバーテンダー山里が欠席、代役としてオードリーが担当した。尚、山里は番組放送中にTwitterでボヤキを書き込んだ。

スタッフ[編集]

  • 構成:都築浩鈴木おさむ/藤谷弥生、美濃部達宏、若尾守重、武田郁之輔、柳しゅうへい、西村耕平、池上奈々
  • TM:丹野至之
  • TD:南賢治
  • カメラ:柳田智明
  • VE:樋口優介
  • 音声:田村真紀
  • 照明:鈴木英敬
  • VTR編集:寺内太郎
  • MA:新田領
  • 音響効果:ZACK
  • 美術プロデューサー:西條貴子
  • 美術デザイナー:中川日向子
  • 美術制作:大木章子
  • 装置:相良比佐夫
  • 装飾:後藤千鶴
  • 電飾:井上雄平
  • 衣裳:渥美智恵
  • 持道具:貞中照美
  • メイク:アートメイク・トキ
  • CG:グレートインターナショナル
  • 編成:高橋正尚
  • TK:常藤道子
  • AP:久松理絵、藤村卓也
  • ディレクター:田口健介、梶浦裕人、安元秀幸、松浦健太郎、伊藤大輔、鈴木あゆみ
  • 総合演出・プロデューサー:古谷英一
  • プロデューサー:や田貝義行、帯純也
  • チーフプロデューサー:小谷和彦
  • 技術協力:東通ティエルシーTAMCO
  • 企画協力:ジャニーズ事務所
  • 制作協力:ボトム
  • 製作著作:TBS

過去のスタッフ[編集]

  • 編成:山田康裕
  • TM:河野志朗
  • VTR編集:田村啓一郎
  • 音響効果:太田光則、福永真弓
  • 装飾:平林千栄子

その他[編集]

  • 青森テレビでは本番組の第1回放送直後に、『Goro's Bar』の最終回が放送された。
  • 『Goro's Bar』時代のレギュラーであるしずちゃんは第32回以降、事実上の正式レギュラーとして復帰した。
  • 最終回ゲストのAKB48はメンバーのうち秋元・柏木・篠田は『G.I.ゴロー』の準レギュラーに起用された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 地上デジタル放送の場合。
  2. ^ twitter番組公式アカウントでの2010年2月11日付け発言
  3. ^ 2010年2月24日の番組エンディング内で、Twitter利用者限定プレゼントの「合い言葉」という形で終了が告知された。
  4. ^ 番組公式Twitterアカウントでの告知
  5. ^ スペシャルと通常放送の違いは「出演者に特定の役柄が設定されていない」「スタジオセットが別物」「観覧客を入れた」など。
  6. ^ 番組公式サイトでは、旧Goro's Barは「1号店」、ヒーリングバーは「2号店」と紹介されている。
  7. ^ ○○にはその日のテーマが入る。コーナータイトルは本編開始時に三上枝織によるタイトルコールとともにテロップ表示。
  8. ^ 第10回から第21回までは『激安バラエティー』(19:55 - 20:54、一部地域を除く)と兼任で出演した。
  9. ^ リニューアル以降の全タイトルコールを担当。
  10. ^ 非常勤は基本的に不定期出演だが、レギュラー出演者が欠席の場合に代役で出演する準レギュラーのような役割を果たすこともある。
  11. ^ もともとゲスト扱いだったが、箕輪の療養期間中の一部だけ、代理社員として出演していた
  12. ^ 第28回のリニューアル以降、タイトルコール以外ではナレーションを用いていない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS系列 吉崎金門海峡・水曜日枠
前番組 番組名 次番組
枠設立前につき無し
Goro Presents マイ・フェア・レディ

Goro's Bar Presents マイ・フェア・レディ
廃枠
TBS 水曜23:30 - 23:55枠
NEWS23(第1期)
※23:00 - 23:54
【24分縮小して継続】
Goro Presents マイ・フェア・レディ

Goro's Bar Presents マイ・フェア・レディ
NEWS23X
※22:54 - 23:45
もうすぐ爆!爆!爆笑問題
※23:45 - 23:50
爆!爆!爆笑問題
※23:50 - 24:20
土曜19時台より移動・改題】
TBS 稲垣吾郎担当深夜番組
前番組 番組名 次番組
Goro's Bar Presents マイ・フェア・レディ