SMAP 006〜SEXY SIX〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SMAP 006~SEXY SIX~
SMAPスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ビクターエンタテインメント
チャート最高順位
SMAP 年表
SMAP 005
1994年
SMAP 006〜SEXY SIX〜
1994年
Cool
1995年
SMAP 006〜SEXY SIX〜収録のシングル
  1. Hey Hey おおきに毎度あり
    リリース: 1994年3月12日
  2. オリジナル スマイル
    リリース: 1994年6月6日
テンプレートを表示

SMAP 006〜SEXY SIX〜』は、SMAPの6thアルバム1994年7月7日ビクターエンタテインメントからリリース。

解説[編集]

  • 初回盤は、デジパックになっていた。
  • このアルバムのレコーディング・ジャケット撮影などは、すべてニューヨークで行われた。
  • このアルバムから、オマー・ハキムなどの海外の超一流ミュージシャンが起用され、SMAPのアルバムには、海外の超一流ミュージシャンが、次々と起用されるようになった。

収録曲[編集]

  1. Theme of 006
    SMAPのアルバムのテーマ曲にしては珍しく、2行だけではあるが全英詞の歌詞がある。SMAPのアルバムテーマ曲に歌詞があるのは、この曲とSMAP 003に収録されている『The Theme of 003』だけである。
  2. 働く人々
    リミックスアルバム「BOO」、インストゥルメンタルアルバム「SMAPPIES-Rhythmsticks」、ベストアルバム「Wool」にも収録されている。
  3. イルカに逢った夏
  4. 渋滞の楽しみ方
  5. M・A・S・H
    • 作詞:相田毅 / 作曲:野崎昌利 / 編曲:CHOKKAKU / コーラスアレンジ:岩田雅之
  6. それが痛みでも
    • 作詞:小倉めぐみ / 作曲:谷本新 / 編曲:CHOKKAKU / コーラスアレンジ:佐々木久美
    • 木村と森のユニット曲
  7. もっと君のこと
  8. 僕の冷蔵庫
    • 作詞:森浩美 / 作曲・編曲:CHOKKAKU / コーラスアレンジ:松下誠
    • 草彅と香取のユニット曲
    このアルバム発売後に行われたコンサートでは、この曲の演奏時にKinKi Kidsの2人が引っ越し業者と引越し依頼したおばさんに扮してバックダンサーとして参加した。
  9. 情けないくらい恋をしよう
    • 作詞:相田毅 / 作曲:谷本新 / 編曲:重実徹
    • SMAP出演 ロッテ「ビッグコーン」CMソング
    メンバー全員で歌われているが、歌詞カードには「t.kimura&smap sing」と記されている。
  10. My Childhood Friend 〜 鏡の中のRadio
    • 作詞:久保田洋司 / 作曲:谷本新 / 編曲:長岡成貢 / コーラスアレンジ:松下誠
    • 中居のソロ曲
  11. 歯が痛い
    • 作詞:森浩美 / 作曲:太田美知彦 / 編曲:重実徹 / コーラスアレンジ:佐々木久美
    • 中居と草彅と香取のユニット曲
  12. オリジナル スマイル(スペシャル・エディション)
    • 作詞:森浩美 / 作曲:MARK DAVIS / 編曲:CHOKKAKU
    • 13thシングルのスペシャル・エディション
    • 木村拓哉出演 大塚製薬「オロナミンC」CMソング
    シングルバージョンとは異なり、木村のソロから始まる。ここからはシングル曲が2曲並ぶ。
  13. Hey Hey おおきに毎度あり(アルバム・バージョン)
    • 作詞:庄野賢一えのきみちこ / 作曲:庄野賢一 / 編曲:岩田雅之
    • 12thシングルのアルバム・バージョン
    • SMAP主演映画「シュート!」挿入歌

外部リンク[編集]