木村俊作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

木村 俊作(きむら しゅんさく、1979年7月29日 - )は、千葉県千葉市出身のアメリカンフットボール選手、ファッションデザイナー堀越高校日本体育大学体育学部体育学科卒業。ポジションはラインバッカー。180cm、89kg。愛称は『キムサク[1]。兄は元SMAPで俳優の木村拓哉

経歴・人物[編集]

  • 堀越高校でアメフトを始め、日本体育大学に進学し活躍。
  • 卒業後の2002年4月、アサヒビールシルバースターに入団。
  • 2003年ドイツで開催された第2回W杯日本代表として参加し連覇に貢献した。
  • 2004年に当時23歳の女性と結婚。
  • 2002年に高校時代の同級生である老川一平と2人でファッションブランド「シュイップ」(SHUIP)を立ち上げ、アメフト引退後もデザイナーとしても活動している[1][2]

家族・親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b シュイップ 通販ホームページNAVI”. ファッションo2oラボ. 2018年5月28日閲覧。
  2. ^ “花押をモチーフにした「SHUIP」の直営店が代官山に”. シブヤ経済新聞. (2004年1月19日). https://www.shibukei.com/headline/1071/ 2018年5月28日閲覧。