ドラえもん のび太の新恐竜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドラえもん
のび太の新恐竜
Doraemon:
Nobita's New Dinosaur
監督 今井一暁
脚本 川村元気
原作 藤子・F・不二雄
出演者 レギュラー
水田わさび
大原めぐみ
かかずゆみ
木村昴
関智一
音楽 服部隆之
主題歌 Mr.Children「Birthday」
編集 小島俊彦
製作会社 映画ドラえもん製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2020年3月6日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 ドラえもん のび太の月面探査記
テンプレートを表示

ドラえもん のび太の新恐竜』(ドラえもん のびたのしんきょうりゅう)は、2020年令和2年)3月6日に公開予定の日本アニメ映画映画ドラえもんシリーズ通算第40作(アニメ第2作2期シリーズ第15作)。

キャッチコピーは「ハロー!新のび太。

概要[編集]

ドラえもん連載50周年記念作品。映画化40周年記念作。『ドラえもん のび太の宇宙英雄記』(2015年)以来5年ぶりの、児童小説や原作の短編を原案としない完全オリジナル作品であり、アニメ第2作2期としては初の4年連続のオリジナル作品となる。 なお、映画第1作『のび太の恐竜』(1980年)および第26作『のび太の恐竜2006』(2006年)と似たタイトルであるが、ストーリーは全く異なる[1]。また、令和最初のドラえもん映画作品となる。

沿革[編集]

声の出演[編集]

ゲストキャラクター[編集]

キュー、ミュー[1]
のび太が出会った双子の赤ちゃん恐竜。

スタッフ[編集]

前々作『のび太の宝島』(2018年)で監督を務めた今井一暁と、脚本の川村元気が再度コンビを組む[1]

主題歌[編集]

エンディングテーマ 「Birthday」
歌 - Mr.Children

関連・コラボ企画[編集]

きみが発掘した新恐竜イラストコンテスト[編集]

映画公開を記念し、オリジナルの恐竜を募集したイラストコンテスト。最優秀賞者は映画パンフレットに応募作品と名前が掲載されるほか、映画パンフレットと大長編ドラえもん1巻から24巻のセットがプレゼントされる。

漫画版[編集]

月刊コロコロコミック10月号より連載開始。むぎわらしんたろう作(原作 - 藤子・F・不二雄、脚本 - 川村元気)[2][3]。ドラえもんチャンネルで期間限定の特別公開も行われ[4]、2019年10月15日 - 11月14日に第1話、11月15日 - 12月12日に第2話が公開された。

『映画 ドラえもん のび太の新恐竜~ふたごのキューとミュー~』

本作のコミカライズとしてちゃお1月号より連載開始。ときわ藍(原作 - 藤子・F・不二雄、脚本 - 川村元気、協力 - むぎわらしんたろう)作[5]

テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION[編集]

2019年7月13日 - 8月25日の期間中、「ドラえもん ARアトラクション 恐竜大冒険」が設置。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 映画ドラえもん、新作は『のび太の新恐竜』!シリーズ最高ヒットの監督&脚本家が再タッグ”. シネマトゥデイ (2019年7月4日). 2019年7月4日閲覧。
  2. ^ 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』コロコロ10月号から連載開始! むぎわらしんたろう先生が大激筆!!”. コロコロオンライン (2019年8月10日). 2019年8月10日閲覧。
  3. ^ 「映画ドラえもん のび太の新恐竜」まんが版がコロコロコミックで連載開始決定!”. ドラえもんチャンネル (2019年8月10日). 2019年8月19日閲覧。
  4. ^ マンガ『のび太の新恐竜』第2話特別公開中!!”. ドラえもんチャンネル (2019年11月15日). 2019年11月16日閲覧。
  5. ^ ときわ藍のブログ『ちゃお1月号予告・ドラえもん』”. はてなブログ (2019年11月2日). 2019年11月16日閲覧。

外部リンク[編集]