ドラえもん のび太の新恐竜

From Wikipedia
Jump to navigation Jump to search
ドラえもん
のび太の新恐竜
Doraemon:
Nobita's New Dinosaur
監督 今井一暁
脚本 川村元気
原作 藤子・F・不二雄
出演者 レギュラー
水田わさび
大原めぐみ
かかずゆみ
木村昴
関智一
ゲスト
木村拓哉
渡辺直美
音楽 服部隆之
主題歌 Mr.ChildrenBirthday」、「君と重ねたモノローグ
編集 小島俊彦
製作会社 映画ドラえもん製作委員会
配給 東宝
公開 日本の旗 2020年3月6日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 ドラえもん のび太の月面探査記
次作 STAND BY ME ドラえもん 2(番外)
テンプレートを表示

ドラえもん のび太の新恐竜』(ドラえもん のびたのしんきょうりゅう)は、2020年3月6日に公開予定の日本アニメ映画映画ドラえもんシリーズ通算第40作(アニメ第2作2期シリーズ第15作)。

令和最初のドラえもん映画作品である。

概要[edit]

ドラえもん連載50周年・映画化40周年記念作品。『ドラえもん のび太の宇宙英雄記』(2015年)以来5年ぶりの、児童小説や原作の短編を原案としない完全オリジナル作品であり、アニメ第2作2期としては初の4年連続のオリジナル作品となる。なお、映画第1作『のび太の恐竜』(1980年)および、第1作のリメイク作品である第26作『のび太の恐竜2006』(2006年)と似たタイトルであるが、ストーリーは異なる[1]

オリジナルストーリーの本編の漫画版が描かれるのは5年、外伝ストーリーが描かれるのは4コマ漫画を含め3年ぶりとなる。本編と外伝ストーリーが同時に描かれるのは初めてである。

沿革[edit]

2019年
  • 7月4日 - タイトルが発表される。同時にティザービジュアルと特報映像が公開。
  • 9月14日 - 月刊コロコロコミック10月号より漫画版が連載開始。
  • 11月19日 - 主題歌(birthday)発表。特報映像第二弾が公開。
  • 11月23日 - 90秒予告編が公開。
  • 11月30日 - ちゃお1月号よりコミカライズ版が連載開始。
2020年
  • 1月9日 - 2つ目の主題歌(君と重ねたモノローグ)が発表され、スペシャル映像「君と重ねたモノローグ」ver.が公開。
  • 1月16日 - ゲスト声優として木村拓哉[2]が出演することが発表され、本作の応援キャプテンに就任した。
  • 1月29日 - ゲスト声優として渡辺直美が出演することが発表され、本作の応援副キャプテンに就任した。
  • 2月19日 - スペシャルPV~Mr.Children W主題歌ver.~が公開[3]
  • 2月22日 - 15秒TVCM(タイトル無し、「キューミュー篇」、「ゲスト声優・木村拓哉篇」の3種類)が公開。

あらすじ[edit]

スネ夫の招待で恐竜展に訪れたのび太一行。化石発掘体験で、石ころしか発掘できないのび太を馬鹿にするジャイアンたちを見返すために、のび太は閉館時間ギリギリまで発掘を続ける。そこで発掘した新種の恐竜の卵を孵化させることに成功したのび太は、孵化した双子の恐竜に、キューとミューと名付け、飼育用ジオラマセットの中で育てていくが、キューとミューが町の住民に見られてしまい、白亜紀へと返しにいくこととなる。キューとミューの仲間を探す旅が始まる。ひみつ道具や恐竜たちの力を借りながら、恐竜の足跡を追う一行が、たどり着いた謎の島とは……[4][5]

声の出演[edit]

ゲストキャラクター[edit]

キュー
声 - 遠藤綾
のび太が出会った双子の緑色の赤ちゃん恐竜。空を飛べない。間抜けで弱気なオスの恐竜[6]
ミュー
声 - 釘宮理恵
のび太が出会った双子のピンク色の赤ちゃん恐竜。活発で人懐こいメスの恐竜[6]
ゴル
声 - 間宮康弘
ひみつ道具「ともチョコ」でともだちになったティラノサウルスのなかま[6]
トップ
声 - 下和田ヒロキ
ひみつ道具「ともチョコ」でともだちになったトリケラトプスのなかま[6]
たまご探検隊
ドラえもんのひみつ道具。キューやミューの仲間の恐竜探しに協力する[6]
恐竜博士
声 - 小野大輔
のび太に恐竜についてのアドバイスをしてくれる[6]
ジル
声 - 木村拓哉[7]
白亜紀に存在するはずのない怪しい猿の姿をした謎の男。神秘に包まれた島に関する秘密を握っており、のび太たちの行動を監視。彼らの運命のカギも握る事となる。
ナタリー
声 - 渡辺直美[8]
謎の女。ジルと通信した上で、同じくのび太たちの行動を監視。

製作[edit]

『のび太の宝島』公開後、川村元気は「恐竜」をテーマとして、再び脚本のオファーを藤子プロより受けた[9]。しかし「恐竜」は過去に『のび太の恐竜』(1980年)、『のび太と竜の騎士』(1987年)、『のび太の恐竜2006』(2006年)で既に3回やっていたため、川村は当初「やることがない」と怯んだ。だが絶滅したとされる恐竜も最新の学説ではそうではなく、「なぜ恐竜は絶滅していないのか」「どういう形で生き残っているのか」ということを物語にすれば良いのではないかとシンプルに思い、「違うものを作るというよりかは、その先に描くべき物が自然に見つかるんではないか」という考えに至る[10]。また、多様性についても触れており、「それが綺麗事ではなく、人類の進化への歩みであることを語りたい」としている[11]

スタッフ[edit]

前々作『のび太の宝島』(2018年)で監督を務めた今井一暁と、脚本の川村元気が再度コンビを組む[1]。キャラクターデザインは小島崇史が初登板。小島は『のび太の宝島』において、のび太が長回しで走る場面の原画を担当している[12]

音楽[edit]

サウンドトラック[edit]

『「映画ドラえもん のび太の新恐竜」オリジナル・サウンドトラック』のタイトルで2020年3月4日に発売予定。全40曲収録。

主題歌[edit]

Birthday」/「君と重ねたモノローグ」(W主題歌)[13]
歌 - Mr.Children 作詞・作曲 - 桜井和寿
映画シリーズで初めてW主題歌になっている(前例として『ドラえもん のび太の宝島』の主題歌として星野源が『ドラえもん』(主題歌)と『ここにいないあなたへ』(挿入歌)の二曲が起用されたことはある)。また、Mr.Childrenが1つの作品に主題歌を2曲書き下ろすのも初となる。

登場するひみつ道具[edit]

ちゃお連載版に登場[edit]

  • 少年まんがライト
  • 少女まんがライト

関連・コラボ企画[edit]

きみが発掘した新恐竜イラストコンテスト[edit]

映画公開を記念し、オリジナルの恐竜を募集したイラストコンテスト。最優秀賞は応募先共通で映画パンフレットに応募作品と名前が掲載されるほか、映画パンフレットと大長編ドラえもん1巻から24巻のセットが、優秀賞は応募先によって別々の商品がプレゼントされる。

応募先別優秀賞[edit]

漫画版[edit]

むぎわらしんたろう作(原作 - 藤子・F・不二雄、脚本 - 川村元気)[15][16]月刊コロコロコミック2019年10月号 - 2020年3月号連載。単行本は2020年3月25日発売予定。ドラえもんチャンネルで期間限定の特別公開も行われ[17]、2019年10月15日 - 11月14日に第1話、11月15日 - 12月12日に第2話、12月13日 - 2020年1月14日に第3話、1月15日 - 2月14日に第4話、2月15日 - 3月14日に第5話が公開された。月刊コロコロコミック誌上での連載は第6話までとなっており、物語のラストは単行本に掲載する形で完結となる。

『映画 ドラえもん のび太の新恐竜~ふたごのキューとミュー~』

ときわ藍作(原作 - 藤子・F・不二雄、脚本 - 川村元気、協力 - むぎわらしんたろう)[18][19]。本作のコミカライズとしてちゃお2020年1月号 - 4月号連載。単行本は2020年3月4日発売予定。連載第1回は一部ページをむぎわらが執筆するほか、ときわとむぎわらの対談が掲載された。のび太と恐竜たちの日常を描いた外伝ストーリーであり、外伝ストーリーが単品で発売されるのは本作が初である。

小説[edit]

『小説 映画ドラえもん のび太の新恐竜』のタイトルで2020年2月6日に小学館ジュニア文庫より新書判、小学館文庫より文庫判が発売。文庫判は2月14日電子書籍版が発売。執筆は『小説 映画ドラえもん のび太の宝島』に引き続き涌井学が手がける。

家庭用ゲーム[edit]

Nintendo Switch用ソフト『ゲーム ドラえもん のび太の新恐竜』が2020年3月5日にフリューより発売予定[20]

テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION[edit]

2019年7月13日 - 8月25日の期間中、「ドラえもん ARアトラクション 恐竜大冒険」が設置。

ドラえもん映画祭2020[edit]

本作の上映を記念し、東京神保町シアターにて2020年2月1日から3月5日に渡って『のび太の恐竜』から『のび太の月面探査記』までの39作品と藤子・F・不二雄原作の併映19作品の連続上映が開催される[21]

首都圏の鉄道会社[edit]

ジュラシック・ワールド[edit]

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは映画『ジュラシック・ワールド』とのコラボレーションが行なわれる。

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公開記念スペシャル[edit]

WOWOWプライムにて放送。監督の今井一暁と脚本の川村元気が、映画ドラえもんシリーズや『のび太の新恐竜』について語る特別番組。ナレーションは高橋茂雄サバンナ) 。番組内では『のび太の新恐竜』の初期イメージボードや絵コンテの一部が公開された。

スタッフ
  • 構成 - 水野宗徳
  • CAM - 阿部安秀
  • 音響効果 - 若林雄二
  • 編集 - 江原英生
  • MA - 渡辺裕太
  • 技術協力 - 株式会社あお、FMT
  • デスク - 本田東子
  • AD - 飯塚恭平
  • AP - 冨永哲平
  • 演出・ディレクター - 増田真也
  • 制作プロデューサー - 松島志保
  • プロデューサー - 渡邉数馬
  • 取材協力 - 東宝
  • 協力 - 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ動画・ADK
  • 制作協力 - NEXTEP
  • 製作著作 - WOWOW

関連項目[edit]

脚注[edit]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 映画ドラえもん、新作は『のび太の新恐竜』!シリーズ最高ヒットの監督&脚本家が再タッグ”. シネマトゥデイ (2019年7月4日). 2019年7月4日閲覧。
  2. ^ 木村拓哉がアニメ映画に出演するのはハウルの動く城以来16年振りとなる。
  3. ^ Mr.Children、W主題歌が使用された「映画ドラえもんスペシャルPV」公開”. rockinon.com(2020年2月20日). 2020年2月23日閲覧。
  4. ^ マンガ『のび太の新恐竜』第4話特別公開中!! - ドラえもんチャンネル”. マンガ『のび太の新恐竜』第4話特別公開中!! - ドラえもんチャンネル. 2019年11月26日閲覧。
  5. ^ ストーリー | 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公式サイト”. 映画ドラえもん公式サイト. 2019年12月19日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 映画ドラえもん公式サイト”. 2020年2月15日閲覧。
  7. ^ キムタク×ドラえもん!木村拓哉、『ドラえもん のび太の新恐竜』出演に感激「ドッキリ企画かと」 SANSPO.COM 2020年1月16日
  8. ^ 「映画ドラえもん」渡辺直美が怪しい女・ナタリー役でゲスト出演”. コミックナタリー (2020年1月29日). 2020年1月29日閲覧。
  9. ^ キャスト/スタッフ|『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公式サイト”. 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公式サイト. 2020年2月23日閲覧。
  10. ^ 『『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公開記念スペシャル』内のインタビューより。
  11. ^ キャスト/スタッフ|『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公式サイト”. 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公式サイト. 2020年2月23日閲覧。
  12. ^ 「映画ドラえもん のび太の宝島」今井一暁監督 動きそのもので楽しませる工夫と、のび太の見せ場 (2)”. アニメハック (2018年3月3日). 2019年11月22日閲覧。
  13. ^ 映画ドラえもん史上初! Mr.Children「君と重ねたモノローグ」がW主題歌に決定!”. 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公式サイト (2020年1月9日). 2020年2月23日閲覧。
  14. ^ ドラキッズ・小学館アカデミー在籍生のみ応募可能。
  15. ^ 『映画ドラえもん のび太の新恐竜』コロコロ10月号から連載開始! むぎわらしんたろう先生が大激筆!!”. コロコロオンライン (2019年8月10日). 2019年8月10日閲覧。
  16. ^ 「映画ドラえもん のび太の新恐竜」まんが版がコロコロコミックで連載開始決定!”. ドラえもんチャンネル (2019年8月10日). 2019年8月19日閲覧。
  17. ^ マンガ『のび太の新恐竜』第5話特別公開中!!”. ドラえもんチャンネル (2020年2月15日). 2020年2月18日閲覧。
  18. ^ ときわ藍のブログ『ちゃお1月号予告・ドラえもん』”. はてなブログ (2019年11月2日). 2019年11月16日閲覧。
  19. ^ 「ちゃお」1月号より、ときわ藍先生による『ドラえもん』連載スタート!”. ドラえもんチャンネル (2019年11月30日). 2019年12月16日閲覧。
  20. ^ 「ゲーム ドラえもん のび太の新恐竜」公式サイト”. フリュー. 2020年1月20日閲覧。
  21. ^ 来春開催決定!!「ドラえもん映画祭2020」”. 小学館 (2019年12月2日). 2019年12月3日閲覧。
  22. ^ 「映画ドラえもん のび太の新恐竜」公開記念 西武線スタンプラリー”. 西武鉄道. 2020年1月20日閲覧。
  23. ^ 「映画ドラえもん のび太の新恐竜」ラッピング電車運行開始! (PDF)”. 西武鉄道. 2020年1月20日閲覧。
  24. ^ 「映画ドラえもん のび太の新恐竜」公開記念「JR東日本×小田急電鉄 映画ドラえもんスタンプラリー」開催! (PDF)”. 小田急電鉄. 2020年2月6日閲覧。

外部リンク[edit]