僕と妻の1778の物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
僕と妻の1778の物語
監督 星護
脚本 半澤律子
製作 堤田泰夫
亀山千広
飯島三智
島谷能成
細野義朗
出演者 草彅剛SMAP
竹内結子
谷原章介
吉瀬美智子
陰山泰
小日向文世
浅野和之
佐々木すみ江
大杉漣
風吹ジュン
音楽 本間勇輔
撮影 河村信二
編集 浅野仙夫
製作会社 関西テレビ
フジテレビ
ジェイ・ドリーム
東宝SDP
FNS26社
配給 東宝
公開 2011年1月15日
上映時間 139分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 12.3億円
テンプレートを表示

僕と妻の1778の物語』(ぼくとつまのせんななひゃくななじゅうはちのものがたり)は、2011年1月15日に公開された日本映画である。

概要[編集]

SF作家である眉村卓2002年大腸がんで死去した妻・悦子の間にあった夫婦愛の実話を元にした作品。

草彅が2006年まで演じてきた『僕シリーズ』の最新作であり、映画化は初のことである。同シリーズとしては草彅の他、小日向文世・大杉漣・浅野和之も4部作全ての出演となり、スタッフも一部共通しているが、過去3作の脚本を担当していた橋部敦子は本作では担当していない。草彅剛と竹内結子とは2003年の『黄泉がえり』以来8年ぶりの共演となる。撮影自体は公開の1年前の2010年1月に既に終了している。

2011年1月8日以降FNS系列局で、映画公開記念特番『奇跡体験!アンビリバボー特別編 映画「僕と妻の1778の物語」〜本当にあった愛と感動のストーリー〜』が放送された。

キャッチコピーは「『僕の生きる道』シリーズ、待望の映画化--“実話”から生まれた奇跡の愛情物語」。

全国315スクリーンで公開され、2011年1月15,16日初日2日間で興収1億5,969万5,200円、動員は12万1,783人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第1位となった[1]

1月20日、都内で行われた特別上映会に皇后陛下が御臨席され、注目を集めた[2]

イ・ビョンホンが鑑賞したコメント動画を公式ウェブサイト僕と妻の1778の物語に届けた。

日本だけでなく、5月開催のカンヌ国際映画祭など海外出品も精力的に行われる予定である。

ストーリー[編集]

SF作家・牧村朔太郎は大好きなSFの執筆に空想を膨らませ、妻・節子と仲睦まじく過ごしていた。ある日、節子は腹痛に襲われ妊娠かと思われたが、朔太郎は実際は大腸がんに侵され余命1年であることを告げられる。妻の力になろうとするが空回りしてしまう朔太郎。しかし朔太郎は「笑うと免疫力が上がることがある」という医師の言葉から、毎日1編ずつ妻のために短編小説を書くことを決意する。

登場人物[編集]

牧村朔太郎 - 草彅剛SMAP
SF作家で通称・サク。SFを心から愛し、普段もSFのアイディアとなる空想に頭を膨らませる子供っぽい性格。そして妻の節子を一途に想い続けている。節子に生きてほしい一心から、節子を笑わせるために「1日1話」を自らに課す。
牧村節子 - 竹内結子
朔太郎の妻、銀行員。朗らかな性格であり、公私共に朔太郎を支える良き理解者。
滝沢蓮 - 谷原章介
朔太郎の親友で同期の作家。朔太郎と同じSF作家だったが、恋愛小説にも手を出し、次々と本を出す売れっ子となる。
滝沢美奈 - 吉瀬美智子
蓮の妻。蓮の間に第一子の女の子をもうける。子供を諦めた節子を気にかける。
新美健太郎 - 陰山泰
朔太郎担当の編集者。
清掃係のおじいさん - 高橋昌也
松下の勤める病院の清掃係。院内で短編を書く朔太郎が節子のために執筆していることを知り、彼を見守る。
野々垣佳子 - 佐々木すみ江
牧村家の大家さん。朔太郎や節子と親しく、気さくにおすそ分けを持ってきてくれる。
新聞の集金人 - 小日向文世
朔太郎の執筆する短編「集金人」に登場。朔太郎宅に集金に来るが、その正体は火星人で、朔太郎にその真の姿を見せる。
玩具店の店主 - 浅野和之
朔太郎が笑う宇宙人の人形を買った玩具店の店主。この笑う宇宙人の人形も朔太郎の「一日1話」を決意させるきっかけの一つとなる。
朔太郎の父 ‐ 山浦栄
朔太郎の母 ‐ 今本洋子
松下照夫 - 大杉漣
節子の担当医。二人を暖かく見守り、節子が退院する際に、朔太郎に「笑うと免疫力が上がることがある」とアドバイスする。
片岡晴子 - 風吹ジュン
節子の母。がんに侵された娘を気遣う。

スタッフ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]