さよなら、アルマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

さよなら、アルマ』は、水野宗徳の小説、および小説を原作とするテレビドラマ。

作者が図書館で一枚の写真を発見したことをきっかけに書かれた小説。日本が戦争をしていたころ、人間だけではなく多くの犬も戦場に送られていた。満州に渡った一匹の軍犬とその相棒となった男の運命を描く。

書籍情報[編集]

テレビドラマ[編集]

NHKスペシャル版[編集]

さよなら、アルマ〜赤紙をもらった犬〜』のタイトルで、2010年12月18日 21:00 - 22:18放映。2011年2月20日 16:25 - 17:59には、16分長い“完全版”が放映された[1]。同年6月24日、“完全版”を収録したDVDが発売になっている(レンタルあり)。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

NHK教育版[編集]

アルマの伝説〜君の知らない犬物語〜』のタイトルで、2010年12月13日から2010年12月16日の18:55 - 19:20放映。NHKスペシャル版を子供向けに分割・編集したバージョン。2011年1月2日の16:00 - 17:45に4話連続で再放送され、NHKスペシャル版のDVDにも、再編集版が映像特典として収められている。

出演者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 当初は第44回NHK福祉大相撲が放送される予定だったが、大相撲八百長問題の影響により開催自体中止。これに伴い番組自体の収録も行われず放送も完全になくなったことから、代替番組として編成されたものである

関連項目[編集]

外部リンク[編集]