リズム&ヒューズ・スタジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リズム&ヒューズ・スタジオ
Rhythm & Hues Studios
種類 非公開企業
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロサンゼルス
エルセグンド
設立 1987年
業種 視覚効果
CGIアニメーション
代表者 ジョン・ヒューズ(社長)
従業員数 201-500名[1]
関係する人物 ビル・ウェステンホファー(同社のVFXアーティスト)
外部リンク http://www.rhythm.com
テンプレートを表示

リズム&ヒューズ・スタジオ(Rhythm & Hues Studios)は、アメリカ合衆国VFX制作会社である。アメリカ国内のVFX会社の中では最も古参の部類であり[2]、設立当時から可能な限り自社開発ツールによるVFX制作を行っている[2]。また、社長のジョン・ヒューズは同社を立ち上げた創業メンバーのうちの一人でもある。

概要[編集]

映像作家ロバート・エイブルが設立したプロダクション「ロバート・エイブル&アソシエイツ」の社員であったキース・ゴールドファーブ、ポーリーン・ツォ、ジョン・ヒューズ、チャールズ・ギブソン、フランク・ワッツ、クリフ・ブールら6人によって1987年に設立された[2]。当初は主にテレビCMやテーマパーク映像を手掛けていたが、その頃から高品質な映像を制作する技術を武器にしていた[2]。特に1993年コカ・コーラ社の広告キャンペーンとして展開された白熊の登場するCMシリーズでは、当時まだ珍しかったリアルな白熊のCGで注目を集めた[2][3]。以来、『マウス・ハント』(1997年)、『スクービー・ドゥー』(2002年)、『ガーフィールド』(2004年)、『アルビン/歌うシマリス3兄弟』(2007年)などといった動物が主人公の映画作品で優れたVFXを世に贈り出し、動物やアニメーションに強い会社として認知されるようになった[2]。一方で、ハリウッド作品での大規模なVFXも手掛けており、これまでにアカデミー視覚効果賞を3度受賞している。また、勤続歴の長い社員が比較的多いことでも知られている[2]

社名は音楽のリズム・アンド・ブルースの「ブルース」をもじり、ジョン・ヒューズの姓名「Hughes」(ヒューズ)と同音であり、別の単語で色相を意味する「Hues」(ヒューズ)に変更したもの。

かつてはアメリカ国外に、バンクーバー(カナダ)、ハイデラバードおよびムンバイ(インド)、サイバージャヤ(マレーシア)、高雄(台湾)の計5つの制作拠点を構えていたが[2]2016年現在、ロサンゼルス本社とムンバイオフィスのみにまで規模が縮小している[4]

歴史[編集]

  • 1987年:キース・ゴールドファーブら6人のメンバーがリズム&ヒューズ・スタジオを創立。ハリウッドのシカモア通りに本社を構える[2]
  • 1993年:コカ・コーラ社が展開した広告キャンペーンの一環として放送されたCM「白熊シリーズ」での仕事で実績を得る。
  • 1995年:カリフォルニア州ロサンゼルスのプラヤビスタに本社を移転。同年、『ベイブ』における業績が認められアカデミー視覚効果賞を受賞した。
  • 1998年プレイステーション用のアクションアドベンチャーゲーム、『Eggs of Steel: Charlie's Eggcellent Adventure(邦題:ハローチャーリー!! )』を開発。
  • 2001年:インド・ムンバイに初の海外オフィスを設立。
  • 2009年:マレーシア・サイバージャヤに制作オフィスを設立。
  • 2010年5月14日:ロサンゼルスの西側に位置する都市エルセグンドに新社屋を購入、プラヤビスタより本社を移転[6]
  • 2011年:カナダ・バンクーバー、台湾・高雄に制作オフィスを設立[2]。同年、台湾経済部の協力のもと映画基金を設立する協定に調印[7]

ドキュメンタリー『Life After Pi』[編集]

2014年2月25日、リズム&ヒューズ・スタジオのスタッフ2人が自主制作のドキュメンタリー動画『Life After Pi』をYouTubeにて公開した。この30分の動画ではヒューズ社長も含むスタッフらの証言を交えながら、同社が設立してから倒産するまでの経緯を辿り、同時にアメリカのVFX業界が抱える問題を指摘するという内容になっている[14][15]

参加作品[編集]

映画[編集]

1990年代
2000年代
2010年代

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Rhythm & HuesLinkedInページ
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 【プロダクション】米国VFXプロダクション大手 リズム&ヒューズ社が創立25周年を迎える”. Inter BEE Online (2012年7月12日). 2016年3月20日閲覧。
  3. ^ The Enduring History of Coca-Cola's Polar Bears”. The Coca-Cola Company (2012年1月1日). 2016年3月20日閲覧。
  4. ^ LOCATIONS: Rhythm and Hues Official Website
  5. ^ Rhythm & Hues rounds up VIFX”. Highbeam Business (1999年3月3日). 2016年3月20日閲覧。
  6. ^ リズム&ヒューズ 自社ビルの新社屋へお引越し. 鍋 潤太郎☆ハリウッド映像トピックス
  7. ^ Exclusive: VFX studio in Taiwan pact”. Variety (2011年12月29日). 2016年3月21日閲覧。
  8. ^ US visual effects company R&H investing in Taiwan”. 台北市電影委員會 (2012年1月1日). 2016年3月21日閲覧。(英語)
  9. ^ ハリウッドの有名VFXスタジオ、台湾に拠点開設へ”. 中央社フォーカス台湾 (2012年11月21日). 2016年3月21日閲覧。
  10. ^ 映画業界を代表する名門VFX工房が破産”. 映画.com (2013年2月14日). 2016年3月17日閲覧。
  11. ^ Prana Studios' Winning Bid for Rhythm & Hues Valued at About $17.8 Million”. The Hollywood Reporter (2013年3月29日). 2016年3月21日閲覧。
  12. ^ 米老舗VFX工房の売却先、LAのプラナ・スタジオに決定”. 映画.com (2013年4月4日). 2016年3月21日閲覧。
  13. ^ Rhythm & Hues Acquired By Affiliate Of Prana Studios, Inc.”. PR Newswire (2013年3月29日). 2016年3月21日閲覧。
  14. ^ YouTube Documentary ‘Life After Pi’ Chronicles Collapse of Rhythm & Hues (Video)”. TheWrap (2014年2月26日). 2016年3月21日閲覧。
  15. ^ 米VFX業界の闇。『ライフ・オブ・パイ』製作チームがアカデミー賞前夜の倒産ドキュメンタリーを公開、会場前でデモ(動画あり)”. ギズモード・ジャパン (2014年3月3日). 2016年3月21日閲覧。

外部リンク[編集]