ウォーターワールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウォーターワールド
Waterworld
監督 ケヴィン・レイノルズ
脚本 ピーター・レイダー
デヴィッド・トゥーヒー
製作 ケビン・コスナー
ジョン・デイヴィス
チャールズ・ゴードン
ローレンス・ゴードン
製作総指揮 イロナ・ハーツバーグ
アンドリュー・リクト
ジェフリー・A・ミューラー
出演者 ケビン・コスナー
デニス・ホッパー
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
アーティー・ケイン
撮影 スコット・フューラー
ディーン・セムラー
編集 ピーター・ボイル
配給 ユニバーサル映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1995年7月28日
日本の旗 1995年8月26日
上映時間 136分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $175,000,000[1]
興行収入 $88,246,220[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$264,218,220[1] 世界の旗
配給収入 21億円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

ウォーターワールド』(Waterworld)は1995年アメリカSF映画ケビン・コスナーケヴィン・レイノルズの共同出資で製作され、レイノルズが監督を務めている。

ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドユニバーサル・スタジオ・シンガポールユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクション(エリア)の一つとして採用されている。USJアトラクションのナレーションはテレビ放送版で主人公・マリナーの吹き替えをつとめた津嘉山正種が担当。

冒頭ではユニバーサル・ピクチャーズのシンボルである「ユニグローブ」が海面に覆われていく様子が描かれている。

あらすじ[編集]

未来の地球は、温暖化の進行により北極南極の氷が溶けて海面が上昇した結果、海だけが広がる海洋惑星となった。そんな状況下でも人類は、海の上で「環礁」と呼ばれる浮遊島を建造して生き残っていた。彼らの間では地球のどこかに存在すると伝えられる「ドライランド」という伝説が広まっていた。

一人で海を旅する男マリナーは、貴重品となっていた土と食料品を交換するため、ある環礁を訪れるが、そこでマリナーがミュータントであることが発覚し、彼は環礁の人々に捕えられてしまう。マリナーは処刑されそうになるが、そこに武装集団「スモーカーズ」が現れ戦闘が始まる。環礁で暮らすヘレンに助け出されたマリナーは、彼女とドライランドへの地図が彫られた少女エノーラと共に環礁を脱出し、ドライランドに向かうことになる。一方、ドライランドへの上陸を企むスモーカーズのディーコンは、取り逃がしたヘレンを探し出すように命令する。

初めはヘレンとエノーラを厄介者扱いしていたマリナーだったが、次第にエノーラの純粋さに心を開くようになる。マリナーたちはスモーカーズの追撃をかわしながらドライランドを目指すが、エノーラはスモーカーズに連れ去られ、マリナーのヨットも燃やされてしまう。残されたマリナーとヘレンは、環礁から脱出したグレゴールに助け出され、マリナーはエノーラを取り戻すためスモーカーズの根拠地エクソン・ヴァルディーズに乗り込む。マリナーは、エクソン・ヴァルディーズの石油に火を放ち沈没させ、ディーコンからヘレンを取り戻し、グレゴールたちの気球に乗りドライランドに向かう。

数日後、ドライランドに到着したマリナーたちだったが、マリナーはミュータントである自分は陸上には適合できないことを理解し、ヘレンやエノーラたちと別れ海に帰っていく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(ソフト版 / テレビ東京版)

評価[編集]

本作の撮影はハワイ沖で行われたが、セットを移動するだけでも6時間はかかり、また海が荒れたせいで撮影が丸一日中止してしまうこともあった(それだけで1日25万ドルの損失が出た)。それ故製作費は当時で1億7500万ドルという莫大なものになった作品だが、興行収入は必ずしも良いと言えるものではなく、世界市場でようやく足が出ずに終わるくらいだった。

アカデミー賞では1995年度音響賞を受賞したものの、最低映画作品を決める米ゴールデンラズベリー賞では1995年度の最低作品賞・最低主演男優賞・最低監督賞・最低助演男優賞を受賞した。

TVゲーム[編集]

en:Waterworld (video game) - Super NintendoゲームボーイバーチャルボーイPCなど様々なゲーム機種でゲーム化もされた(いずれも日本未発売)。セガサターン3DOでもゲーム開発されていたがキャンセルされている。

小説[編集]

Arrow Booksから出版でノベル小説化もされた。マックス・アラン・コリンズによって書かれ、映画版の内容がより詳細に書かれている。

コミック[編集]

1997年Acclaim Comicsから『Waterworld: Children of Leviathan』と言うコミックも描かれた。全4冊からなり映画の続編の物語となっている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Waterworld (1995)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月11日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)544頁
  3. ^ ただし彼自身が自分の名を名乗るシーンは無く、マリナーの名前は老グレゴールが海から来た人という意味合いで「マリナー」と呼んだのが初出。また、後半ではエノーラがディーコンたちに「彼に名前は無い。だから死神も彼を殺せない」と言っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]