エンド・オブ・デイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エンド・オブ・デイズ
End of Days
監督 ピーター・ハイアムズ
脚本 アンドリュー・W・マーロウ
製作 アーミアン・バーンスタイン
ビル・ボーデン
製作総指揮 マーク・エイブラハム
トーマス・エイ・ブリス
出演者 アーノルド・シュワルツェネッガー
音楽 ジョン・デブニー
主題歌 ガンズ・アンド・ローゼズ
「Oh My God」
撮影 ピーター・ハイアムズ
編集 スティーヴン・ケンパー
製作会社 ビーコン・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和/ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年11月24日
日本の旗 1999年12月25日
上映時間 122分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $100,000,000[1]
興行収入 $211,989,043[1]
31億4000万円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

エンド・オブ・デイズ』(End of Days)は、ミレニアムの直前、1999年に公開されたアメリカ合衆国ホラー映画アーノルド・シュワルツェネッガー主演、ピーター・ハイアムズ監督。

ストーリー[編集]

1999年12月下旬のニューヨーク。街は2000年の到来を今か今かと待ちわびる人々で賑わっていた。

刑事時代に妻子を失い、自殺願望に駆られながらも毎日を過ごしているジェリコ・ケイン(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、民間のガードマンとして株屋の護衛任務に就いていた最中、それを狙ったスナイパーを追い詰めるが、犯人は「ミレニアムが終わった、悪魔が復活する」と不可解な言葉を言い放つ。

ジェリコは男の居室に残されていた写真の女性クリスティーン・ヨーク(ロビン・タニー)の自宅に向かうが、彼女は謎の神父の一団に襲撃されていた。ジェリコはクリスティーンが特別な存在であることに気付くが、彼女の養母に突然襲われ、警察からも追われる身となる。ジェリコとクリスティーンが逃げ込んだ教会で彼らを迎えたコバック神父(ロッド・スタイガー)は、クリスティーンがミレニアムの終わりに蘇った悪魔が次の世を支配するために選んだ悪魔の花嫁であり、彼女が悪魔と結ばれた瞬間に世界は滅ぶと告げる。半信半疑のジェリコたちの前に、闇の支配者=悪魔がその姿を現す。

コバックらに命を救われたジェリコは、12月31日の夜、地下で行われていた悪魔復活の儀式の場に完全武装で乗り込み、拉致されたクリスティーンを奪還。壮絶な死闘の後、悪魔はついに真の姿を現してジェリコに迫る。悪魔はジェリコに憑依してクリスティーンを組み敷くが、ジェリコは辛うじて自我を取戻し、我が身を犠牲にしてクリスティーンと世界を救うのだった。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ朝日版
ジェリコ・ケイン アーノルド・シュワルツェネッガー 玄田哲章
株屋/サタン ガブリエル・バーン 小川真司 津嘉山正種
クリスティーン・ヨーク ロビン・タニー 小林さやか 林真里花
ボビー ケヴィン・ポラック 麦人 岩崎ひろし
コバック神父 ロッド・スタイガー 稲垣隆史 堀勝之祐
マージ CCH・パウンダー 塩田朋子
メイベル ミリアム・マーゴリーズ 藤夏子 野沢雅子
エイブル ウド・キア 佐々木梅治 有本欽隆
トマス・アキナス デリック・オコナー 千田光男 水野龍司
アルビーノ ヴィクター・ヴェルナド 後藤哲夫 立木文彦
カーソン ロバート・レッサー 仲野裕
ローマ法王 マーク・マーゴリス 佐々木敏 三谷昇
枢機卿 マイケル・オハガン 仲野裕 佐々木梅治
ケロッグ ジャック・シアラー 岩田安生 手塚秀彰
修道士 モー・ガリーニ 中田和宏 松本大
神父の助手 デイヴ・フランコ 大黒和広
車掌 ウォルター・フォン・ヒューン 後藤哲夫
実業家 スティーブ・クレイマー 稲垣隆史
病院の警官 ジョン・ニールセン 成田剣 星野充昭
トマスの担当医 エリオット・ゴールドワーグ 佐々木敏 水野龍司
エイブルの妻 リン・マリー・セイガー
エイブルの娘 リンダ・パイン
  • ソフト版
その他の日本語吹替え:野島昭生八十川真由野佐藤しのぶ望木祐子松下亜紀井上隆之大平泉水野光太山﨑秀樹
演出:松川陸、翻訳:平田勝茂
  • テレビ朝日版 - 初回放送:2001年12月16日『日曜洋画劇場』※35周年特別企画(21:00~23:09)
その他の日本語吹替え:唐沢潤小暮英麻藤井佳代子朴璐美諸角憲一吉田孝鳥畑洋人矢薙直樹
演出:蕨南勝之、翻訳:武満真樹、効果:リレーション、調整:山田太平、制作:ムービーテレビジョン

出典[編集]

  1. ^ a b End of Days (1999)” (英語). Box Office Mojo. 2010年10月22日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)600頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]