ダウト 〜偽りの代償〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダウト 〜偽りの代償〜
Beyond a Reasonable Doubt
監督 ピーター・ハイアムズ
脚本 ピーター・ハイアムズ
原作 ダグラス・モロー英語版
条理ある疑いの彼方に』(オリジナル脚本)
製作 テッド・ハートリー英語版
モシュ・ディアマント英語版
マーク・ダモン
製作総指揮 アラン・ゼマン
コートニー・ソロモン
ローラ・アイヴィ
ステファニー・ケイレブ
アーロン・レイ
マイケル・ヘルファント
ファイサル・S・M・アル・サウード
スティーヴン・サクストン
出演者 ジェシー・メトカーフ
アンバー・タンブリン
マイケル・ダグラス
音楽 デヴィッド・シャイア
撮影 ピーター・ハイアムズ
編集 ジェフ・ガーロ
製作会社 Autonomous Films
フォアサイト・アンリミテッド
RKO
Signature Entertainment
Aramid Entertainment Fund
配給 アメリカ合衆国の旗 アフター・ダーク・フィルムズ英語版/アンカー・ベイ・フィルムズ英語版/Autonomous Films
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年9月11日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000(見積値)[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $32,917[2]
世界の旗 $4,515,258[2]
テンプレートを表示

ダウト 〜偽りの代償〜』(ダウト いつわりのだいしょう、原題; Beyond a Reasonable Doubt)は2009年アメリカ合衆国サスペンス映画。 監督はピーター・ハイアムズ、出演はジェシー・メトカーフアンバー・タンブリンなど。 1956年フリッツ・ラング監督作品『条理ある疑いの彼方に』のリメイクであるが、主人公が犯人のフリをするという基本プロットが同じだけで、ほぼオリジナルの内容となっている。

日本では劇場未公開だが2010年11月4日DVDが発売されている[3]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「陳腐でドラマティックすぎる、この生焼けの法廷ドラマは、下手なセリフと遠くから見るような予想外の結末に悩まされている。」であり、28件の評論のうち高評価は7%にあたる2件のみで、平均点は10点満点中3.28点となっている[4]Metacriticによれば、11件の評論のうち、高評価はなく、賛否混在は9件、低評価は2件で、平均点は100点満点中35点となっている[5]

出典[編集]

  1. ^ Beyond a Reasonable Doubt (2009)” (英語). IMDb. 2011年4月29日閲覧。
  2. ^ a b Beyond a Reasonable Doubt” (英語). Box Office Mojo. 2020年10月22日閲覧。
  3. ^ ダウト~偽りの代償~ DVD”. Amazon.co.jp. 2020年10月22日閲覧。
  4. ^ Beyond a Reasonable Doubt (2009)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年10月22日閲覧。
  5. ^ Beyond a Reasonable Doubt Reviews” (英語). Metacritic. 2020年10月22日閲覧。

外部リンク[編集]