ヘッケラー&コッホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘックラー&コッホ社
Heckler & Koch GmbH
Heckler & Koch logo.svg
略称 H&K社
本社所在地 ドイツの旗 ドイツ
バーデン=ヴュルテンベルク州 オベルンドルフ
設立 1949年
業種 軍需産業
事業内容 銃器の製造・販売
代表者 エドムント・ヘックラードイツ語版
テオドール・コッホドイツ語版
アレクス・ザイデルドイツ語版
外部リンク www.heckler-koch.com
テンプレートを表示

ヘッケラー&コッホ(独:Heckler & Koch GmbH、ヘックラー・ウント・コッホ・ゲーエムベーハー)社は、ドイツ銃器メーカーである。本社は、ドイツ南部のバーデン=ヴュルテンベルク州オベルンドルフドイツ語版にある。また、アメリカ国内に子会社を持っている。本項ではH&K社と略記する。

USP自動拳銃)、MP5短機関銃)、MP7個人防衛火器)、PSG-1(高精度狙撃銃)、G3およびG36自動小銃)などを製造している。

概要[編集]

H&K社の銃器は、耐久性、信頼性、命中精度が高く、特殊部隊・対テロ部隊、たとえばドイツのGSG-9やイギリスの特殊空挺部隊(SAS)などが同社の銃器を多種多数採用している。1977年、モガディシオで発生したルフトハンザ航空機人質事件で、GSG-9が突入し人質86名全員を救出。この際に、H&K製のMP5が使用された。1980年、ロンドンで発生したイラン大使館占拠事件で、SAS 隊員の姿とともにH&K社のMP5がテレビ中継に映った。

H&K社の銃器で革新的なのは、ポリマーを多用していることである。しかし、設計が野心的すぎるあまり、製品がヒットに結びつかない例もある(たとえば、革新的ながら計画が破棄されたG11アサルトライフルなど)。H&K 社製品は、拳銃からグレネードランチャーまで多岐にわたる。そして、それらの製品に適合した技術、具体的にはブローバック式(吹き戻し式)、ショートリコイル式、ローラー・ディレード・ブローバック式、ガス・ディレード・ブローバック式、ガスオペレーション式が必要に応じて用いられている。

H&K 社が製造する銃器は、すべて「HK」から始まる型番が付いており、公式な識別に用いることができる(ただし、記事内では必要に応じて省略している)。

歴史[編集]

H&K は、1949年にドイツの銃器メーカーのモーゼル社を退職した3名の技術者、エドムント・ヘックラードイツ語版テオドール・コッホドイツ語版アレクス・ザイデルドイツ語版が、1950年に設立した。設立当初は、ミシンやその他の精密機器を製造していた。しかし、1956年にドイツ連邦軍が創設されると、軍用火器を製造する方針に切り替えた。Keine Kompromisse!(妥協しない)をスローガンに活動している。

1991年、H&K はブリティッシュ・エアロスペースの一部門であるロイヤル・オードナンスに買収された。ブリティッシュ・エアロスペースの傘下で、SA80の改修と改良に貢献した。その後、ブリティッシュ・エアロスペースは1999年BAEシステムズに変革し、H&Kの部門は2002年に宇宙航空用途のためにドイツに作られたグループ企業 (H&K Beteiligungs GmbH) へ再び売却された。

2009年、ドイツの有名銃器メーカー「ハーネル[1]」を買収した。

事業展開[編集]

従来の製品については、冒頭で記述した以外の事項については後述する。

アメリカ陸軍は、M16(アサルトライフル)とM203(組み込みグレネードランチャー)の組み合わせを置き換えるため、次世代武器システムである、個人戦闘火器計画(Objective Individual Combat Weapon program, OICW)と、それに伴う次世代運動エネルギーサブシステムを立案し、H&K社と契約を行った。XM29 OICWは5.56mm弾と20mmグレネードランチャーを併用する火器であったが、開発が遅れ、かつ重く高価すぎるのが主因で、XM8計画に移行した。しかし、これの計画も2005年10月末にキャンセルされた。これらはXM25計画に関連する。

社名のカタカナ表記について[編集]

社名Heckler & Kochを日本語のカタカナ表記にする際、英語風の「ヘッケラー・アンド・コック」やドイツ語風の「ヘックラー・ウント・コッホ」などのほか、英独折衷の「ヘッケラー・アンド・コッホ」が使われる事も多い。

日本で初めてH&K社を紹介する時に『月刊Gun』等では「ヘッケラー・アンド・コック」と英語風の読みを用いた。トイガンメーカーである東京マルイでは、自社の製品名に英語風の「ヘッケラー&コック」を用いている。

日本の公的機関での採用[編集]

日本警察でも警視庁警備部P2000を、SAT(特殊急襲部隊)と皇宮警察本部特別警備隊が、機関けん銃という名称でMP5を配備している。SATではさらにUSPを配備している。また海上保安庁特殊警備隊および海上自衛隊特別警備隊がMP5を装備していることが、報道で明らかになっている。さらに陸上自衛隊で4.6mm短機関銃としてMP7が調達されていると見られることが防衛省の平成23年度装備品等(火器車両関連)に係る各種契約希望募集要項および公告 第 輸調-350号平成 24年9月14日で明らかになっている。海上自衛隊の平成20年度調達予定品目に「研究・評価用弾薬等購入(HK-416用弾薬(フランジブル弾等)」という記載があり、試験的にHK416が納入されていることが確認できる。

特記すべき製品[編集]

H&K Maschinenpistole MP5A3
G36

H&K 社の製品リスト[編集]

拳銃[編集]

  • HK 4
  • HK P2A1
  • HK P7
    • HK PSP
    • HK P7M8
    • HK P7M13
    • HK P7M10
    • HK P7K3
    • HK P7M7
    • HK P7PT8
    • HK P80
  • HK P9 (H&K初の9mmx19モデル。シングルアクションモデル)
  • HK P9S (P9のダブルアクションモデル。ドイツ警察制式名P9)
    • HK P9K
  • HK VP70 (Volks Pistole 70)
    • HK VP70M(VP70の改良型、軍・政府機関向け)
    • HK VP70Z(VP70の民間向けモデル、3点射機能がない)
    • VP70 9x21(VP70の9x21mm IMI弾仕様)
  • HK MK23 (Mark 23 Mod 0 または HK SOCOM として知られる)
  • HK USP (Universal Self-loading Pistol)
    • HK USP9
    • H&K P8 - USP9のドイツ連邦軍制式採用モデル
      • HK USP9SD
    • HK P10
      • HK USP Compact
      • HK USP Compact Tactical
    • HK USP40
    • HK USP45
    • HK USP Custom Sport
    • HK USP Expert
    • HK USP Elite
    • HK USP Match
  • HK P11 (水中ピストル)
  • HK P20
  • HK P30(以前のP3000)
  • HK HK45
  • HK P46 (以前の UCP-Universal Combat Pistol)
  • HK P2000
    • HK P2000SK
    • HK P20
  • HK EFL(Emergency Flare Launcher) - 信号拳銃

短機関銃[編集]

H&K Maschinenpistole MP5A3
  • HK 54 (H&K社の製品名)
    • HK 54A1
    • HK MP5 (Maschinenpistole 5)
      • HK MP5A1 (折り畳みストック型)
      • HK MP5A2 (MP5の改良型)
      • HK MP5A3 (MP5A1の改良型)
      • HK MP5A4 (MP5A2のモデルチェンジ型)
      • HK MP5A5 (MP5A3のモデルチェンジ型)
    • HK MP5/10
      • HK MP5/10A2
      • HK MP5/10A3
      • HK MP5/10SD
    • HK MP5/40
      • HK MP5/40A2
      • HK MP5/40A3
    • HK MP5/M203
    • HK MP5F (A5のフランス向モデル “FRANCE”から)
    • 高性能機関けん銃、高性能自動短銃 (MP5Fの日本向モデル。フラッシュハイダーなど装備。)
    • HK MP5K (秘匿用小型モデル。クルツとも)
      • HK MP5Kコッファー (クルツをアタッシェケースに入れそのまま発砲できるようになっているセットモデル)
      • HK MP5KA1
      • HK MP5KA4
      • HK MP5KA5
      • HK MP5K-N
      • HK MP5K PDW (クルツに折りたたみストックを装備したモデル)
    • HK MP5N (A5の米海軍向モデル “NAVY”から)
      • HK MP5N RIS
    • HK MP5PT
    • HK MP5SD (Schalldämpferの略 - サプレッサー内蔵)
      • HK MP5SD1 (MP5A2型のサプレッサー内蔵モデル)
      • HK MP5SD2 (MP5のサプレッサー内蔵モデル)
      • HK MP5SD3 (MP5A1のサプレッサー内蔵モデル)
      • HK MP5SD4 (MP5SD1からストックを省略したもの)
      • HK MP5SD5 (A4のサプレッサー内蔵モデル)
      • HK MP5SD6 (SD3のモデルチェンジ版)
      • HK MP5SD-N
    • HK MP5 PIP
  • HK SMG I
    • HK SMG II
  • HK MP2000
  • HK MP2030
  • HK SP89 (民間向けMP5K、フルオート機能を除去したスポーターモデル)
  • HK UMP (Universal Maschinenpistole)
    • HK UMP9
    • HK UMP40
    • HK UMP45
  • HK MP7-PDW (Personal Defence Weapon)
    • HK MP7A1-PDW

小銃[編集]

  • HK 31 (G3のH&K社の製品名)
    • HK G3 (Gewehr 3.ドイツ連邦軍の制式名称)
      • HK G3A1
      • HK G3A2
      • HK G3A3
      • HK G3A3 ZF
      • HK G3A4
      • HK G3A5
      • HK G3A6
      • HK G3A7
      • HK G3KA4 ZF
      • HK G3-TGS
      • HK G3SG/1 (狙撃バージョン)
  • HK 32 (G3の7.62x39弾バージョン)
    • HK 32KA3
  • HK 33 (G3の5.56mm×45バージョン)
    • HK 33A2
    • HK 33A3
    • HK 33KA3
    • HK 33EA2
    • HK 33EA3
    • HK 33EKA3
    • HK 33ESA3
    • HK 33E-TGS
    • HK 33SG/1
  • HK GR2 (HK 53の照準器を固定式スコープ化)
    • HK GR2C
    • HK GR2S
  • HK GR3 (HK 33の照準器を固定式スコープ化)
    • HK GR3E A2S
    • HK GR3KS
    • HK SR9 (サムホールストックを装備したHK91(=G3の民間バージョン))
      • HK SR9T (SR9にPSG-1タイプのトリガとピストルグリップ、MSG-90タイプのストックを装備したモデル)
      • HK SR9TC (SR9にPSG-1タイプのトリガとピストルグリップ、ストックを装備したモデル)
  • HK 36 (4.6mm×36ケースレス弾使用プロトタイプ)
  • HK 41 (民間向けG3、フルオート機能を除去)
  • HK 43 (民間向けHK 33、フルオート機能を除去)
  • HK 51 (G3を切りつめて短機関銃サイズにしたもの)
    • HK 51A2
    • HK 51A3
    • HK 51K
  • HK 53 (HK 33を切りつめて短機関銃サイズにしたもの)
    • HK 53 MICV
    • HK 53A2
    • HK 53A3
    • HK 53B (Vollmerコンバージョン)
    • HK 53K (Vollmerコンバージョン)
  • HK 91 (民間向けG3、HK 41の改良型)
    • HK 91A2
    • HK 91A3
      • HK 911
  • HK 93 (民間向けHK33、HK 43の改良型)
    • HK 93A2
    • HK 93A3
  • HK 94 (民間向けMP5、フルオート機能を除去したスポーターモデル)
    • HK 94A2
    • HK 94A3
    • HK 94KA1
  • HK 270
  • HK 300(HK270の.22WMR弾仕様)
  • HK 630
  • HK 770(HK630の.308ウィンチェスター弾仕様)
  • HK 940(HK630の.30-06スプリングフィールド弾仕様)
  • HK SL6
    • HK SL7 (SL6の7.62mm×51弾仕様)
  • HK G11
G36
  • HK G36
    • HK G36C (Commando/Compact)
    • HK G36E
    • HK G36K (Kurz - 短い)
    • HK G36KE
    • HK MG36 (機関銃バージョン)
    • HK MG36E (軽機関銃バージョン)
    • HK SL8
      • HK SL8-4
    • HK SL9
      • HK SL9SD
  • HK G41 (G3のNATOトライアル用5.56mm新NATO弾バージョン、M16のマガジンと互換性を持たせたもの)
    • HK G41A1
    • HK G41A2
    • HK G41A3
    • HK G41K
    • HK G41KA3
    • HK G41-TGS
  • HK USC
  • HK XM8
  • HK416M4カービンの近代化改良型。5.56mmNATO弾仕様)
    • MR223(民間向けHK416、ヨーロッパ向けモデル。セミオートのみ)
    • MR556(民間向けHK416、アメリカ向けモデル。セミオートのみ)
  • G38(HK416A5のドイツ連邦政府制式番号)
    • G38K(G38のカービンモデル)
    • G38C(G38の短縮型(銃身が短い)
  • HK417(HK416の7.62mmNATO弾仕様)
    • MR762(民間向けHK417、ヨーロッパ向けモデル。セミオートのみ)
    • MR308(民間向けHK417、アメリカ向けモデル。セミオートのみ)
  • G27P(HK417のドイツ連邦軍制式番号。狙撃型のG27とは異なりHK417そのままのモデル)
  • HK SLB2000

機関銃[編集]

  • HK 11 (G3の軽機関銃)
  • HK 13 (HK 11軽機関銃の5.56mm版)
    • HK 13E
  • HK G13 (G8のNATOトライアル用5.56mm新NATO弾バージョン、M16のマガジンと互換性を持たせたもの)
  • HK 21 (G3のベルト給弾式機関銃)
    • HK 21A1
    • HK 21E
  • HK 23 (HK 21ベルト給弾式機関銃の5.56mm版)
    • HK 23E
  • HK GR6 (HK 13の照準器を固定式スコープ化)
    • HK GR6C
    • HK GR6S
  • HK GR9 (HK 23の照準器を固定式スコープ化)
    • HK GR9C
    • HK GR9S

狙撃銃[編集]

  • HK BASR
  • HK PSG-1
  • HK MSG3 (狙撃銃バージョン、バーストとフルオートがない。MSG-90A1に相当。)
  • HK MSG-90 (PSG-1の廉価版)
    • HK MSG90A1
    • HK MSG90-DMR
  • HK WSG2000
  • G27(HK417の狙撃銃型)
  • G28 DMR(MR308を元にした狙撃銃)
    • DMR762(MR308を元にした狙撃銃、G28の原型)

散弾銃[編集]

榴弾発射器[編集]

  • HK 69 (40mmグレネードランチャー)
    • HK 69A1 (40mmグレネードランチャー)
  • HK 79G3専用40mmグレネードランチャー)
  • HK AG36 (40mmグレネードランチャー)
    • HK AG-C (L17A1)
    • HK AG-NL
    • HK AG-SA (L17A2)
    • HK EGLM
    • HK M320
  • HK 169(M320にG36のストックを付けたもの)
  • H&K GMG

その他[編集]

外部リンク[編集]