2016年トルコクーデター未遂事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2016年トルコクーデター未遂事件
2016年トルコクーデター未遂事件の位置(トルコ内)
アンカラ
アンカラ
イスタンブール
イスタンブール
マルマリス
マルマリス
2016年トルコクーデター未遂事件 (トルコ)
2016年7月15-16日
場所
現況 クーデター失敗
衝突した勢力
祖国平和協議会英語版

トルコの旗 トルコ

指揮官
被害者数
100人を超える死者[2]
死者290人、負傷者は1400人[2]

2016年トルコクーデター未遂事件(2016ねんトルコクーデターみすいじけん)は、2016年7月15日トルコで同国軍の一部が画策し失敗に終わった政変である。民間人を含め、死者は290人に及んだ。

背景[編集]

2003年に首相に就任し、11年務めた後2014年に大統領に就任したレジェップ・タイイップ・エルドアンは好調な経済を背景に支持率を高める一方、独裁的な傾向を強め、トルコのイスラム化政策を推し進めた。これに対して、世俗派の守護者を自負するトルコ軍は政教分離を重視していたため、軍との関係は良くなかった[3]

2016年5月5日には憲法改正による大統領権限の強化を目指すエルドアンと対立してきた首相(公正発展党党首)のアフメト・ダウトオールが辞任を表明するなど、エルドアンによる強権体制の強化が懸念された[4][5]

推移[編集]

2016年7月15日夜、トルコ軍の一部反乱勢力がイスタンブールのボスポラス海峡に架かるボスポラス大橋ファーティフ・スルタン・メフメト橋を部分的に封鎖し、首都アンカラ上空では軍用機で低空飛行を行った[6]ほか、イスタンブールやアンカラの路上には兵士が展開した[7]。15日は金曜日であったためイスタンブールは多くの人々でにぎわっていたが、クーデター発生により人々は家路を急ぎ、町から人の姿は消えた[6]。またイスタンブールにあるアタチュルク国際空港の周辺には戦車が展開され、同空港に到着予定だった航空便はキャンセルされた[6]

また、作戦初期の段階で参謀総長フルシ・アカル英語版アキンジ空軍基地で反乱勢力に身柄を拘束され、人質となった[3][8]

事件当日、エルドアンは休暇のため、リゾート地マルマリスに滞在していた。反乱勢力の首謀者はこのタイミングを利用してエルドアンを攻撃することを決定し、反乱勢力のエリート部隊25人が3機のヘリコプターに分乗し、エルドアンの滞在するホテルに乗り込んだが、到着の数分前に大統領特別治安部隊はエルドアンを密かにホテルから退避させていた[1][9]。その直後にホテルは爆破され[10]、間一髪で難を逃れたエルドアンは治安部隊によって近くにある別のホテルに匿われ、安全を確保することとなった[1]。マルマリスでは反乱勢力と大統領側の治安部隊、地元警官隊との間で銃撃戦が発生し、反乱勢力はエルドアンの身柄を拘束することなく退散する[1]。エルドアン自身への攻撃はなされなかったものの、エルドアンの主席秘書官は拉致された[10]。この後、エルドアンはビジネスジェット機でイスタンブールに向かうため午後10時40分頃にマルマリスから車で約1時間15分程度の場所にあるダラマン空港英語版を出発するが、最中に反乱勢力のF16戦闘機2機に追いかけられ、何度も飛行の邪魔をされたものの、反乱勢力のパイロットはなぜか最後までミサイルを発射することはなかった[3]

首相のビナリ・ユルドゥルム英語版は民放テレビ局NTVテレビ英語版の電話インタビューにて、軍の一部により何らかの企てが行われた可能性について調査していると発言、これは政治権力を強奪する違法行為であり、試みた者は大きな代償を支払うことになるとし、これをクーデターと呼ぶのは適当でないともした[6]

7月15日、クーデターに抗議する市民

その後、祖国平和協議会英語版を名乗る反乱勢力がテレビや電子メールを通じ、権力を掌握したと発表。自らをトルコ正規軍より上に立つ存在であると主張した[11]。クーデターはトルコにおいて憲法による秩序や民主主義、人権、自由といった価値観を保証し、回復させ、最高法規をトルコ全土にまで行き渡らせ、崩壊した秩序を回復させるために実行したとしたほか、トルコがこれまでに締結した全ての国際的な合意や責任は引き続き有効であり、全世界の国家との友好関係が保たれることを希望するとした[6]

祖国平和協議会はTRTに押しかけ、放送中の天気予報を中断させ[12]、職員を後ろ手に縛り質問を禁じた後、数人を残して密室へと連行し、残ったアンカーウーマンであるティジェン・カラシュを銃で脅しながら声明文を読むよう強制した[11]。そのさなか、イスタンブールに向かっていたエルドアンはスマートフォンのテレビ電話アプリFaceTimeを利用してCNNトルコに出演[13]。カメラがスマートフォンに向けられる中、エルドアンは国民に対し、クーデターは成功しないとし、広場や空港に集まるよう呼びかけた[10]。また、トルコ政府は、これは軍の一部が指揮系統から外れ、民主的に選出された政府を打倒する試みであり、トルコの民主主義に対する攻撃であるとしたほか、反乱勢力の声明は軍司令官の承認を受けたものではないと指摘。トルコ政府は世界に対し、トルコ国民との連帯を求めた[6][11]。トルコ国営放送への襲撃から数時間後、反乱勢力はCNNトルコ英語版や日刊紙ヒュッリイェト、その姉妹紙で英字紙のヒュッリイェト・デーリー・ニューズなどを所有するドアン・メディア・グループ英語版の施設を襲撃する。CNNトルコの画面は何も映らなくなり、銃声や言い争いをする声だけが流れた。またヒュッリイェトの編集主幹は新聞印刷を断念するに至った[11]

7月17日、クーデターに抗議する市民

16日夜明け前、アタチュルク国際空港に到着したエルドアンは記者会見を行い、一連の政権転覆の試みはイスラム説教師のフェトフッラー・ギュレンを支持する一派によるものであるとし、反乱勢力に関わった兵士らの拘束を開始しているとした[1][10]。しかし、この期に及んでも反乱勢力は抵抗をやめず、午前6時半前に軍用機でアンカラにある大統領府付近で空爆を実施し、数発の爆弾は大統領府の建物をわずかに外れ着弾。この攻撃により、多数の市民が負傷し、煙が空を覆った[1]。逆に正規軍は反乱勢力が大統領府外に展開した戦車に対し、F16戦闘機による空爆を実施。また反乱勢力が衛星通信施設への攻撃に使ったヘリコプターは、正規軍によりアンカラのゴルバシで撃墜された[14]

やがてユルドゥルム、MITの報道官がNTVテレビに対し、クーデターは失敗したとの見解を表明。ユルドゥルムは国内が政府の統制下においているとし、MIT報道官は反乱勢力がハイジャックしたヘリコプターでMITを標的にしようとしたが、負傷者はいないことも明かした[15]。16日正午前、参謀総長代行がクーデターの失敗を宣言し、反乱は12時間足らずで鎮圧された[12][16]

クーデター失敗後[編集]

クーデターが失敗した16日、公正発展党共和人民党民族主義者行動党国民民主主義党の主要4政党は共同でクーデターを非難する声明を発表。政治的な違いは存在するが、国民の意思に沿い、受け入れ続けるとした[17]

また翌日の17日、アンカラのクズライ広場英語版やイスタンブールのタクスィム広場にはクーデター失敗を祝う民衆が国旗を手に集まった[18]

エルドアンの盟友の死[編集]

クーデター未遂の騒乱では、エルドアンの旧友であり、2014年の大統領選でエルドアン陣営の選挙活動を立案したエロル・オルチャクがボスポラス海峡の橋の上でクーデターに抗議していた際、16歳の息子と共に射殺された。17日に行われたエロルの葬儀にエルドアンも参列して弔辞を述べ、涙を流す姿がテレビで放送された[19]

死刑制度の復活[編集]

エルドアン支持者の中からは死刑復活を要望する声が出始め、死刑制度復活を求める群衆に対し、エルドアンは民主主義を尊重する立場から死刑制度復活を示唆[20]。18日にはCNNテレビのインタビューにて、議会が死刑制度復活を議決すれば大統領として承認すると述べた[21][22]。しかしトルコが2004年に死刑制度を廃止したのはトルコが希望するEU加盟のためであり、7月18日にドイツ政府報道官のシュテッフェン・ザイベルトはトルコが死刑制度を復活させた場合にはEU加盟は不可能になるとの見解を示した[23]

反乱勢力への処罰[編集]

アキン・オズトゥルク

クーデターが鎮圧された後、エルドアン政権による一大粛清が行われる。

関与したとされる軍関係者が次々に身柄を拘束され、7月18日までに軍関係者、検察当局や判事など司法関係者の約7,500人以上を拘束したほか、警察官約7900人、地方の知事や首長30人を含む公務員8700人を解任した[24]

疑いをかけられた軍人の中でも最高位である前空軍司令官アキン・オズトゥルク英語版は一時、クーデターにて主な役割を果たしたことを自供したが、その後は容疑の否認に転じたと報じられた。オズトゥルクは18日にアンカラで開かれた刑事裁判所に出廷し、クーデターの計画も主導もしていないと容疑を否認した[25]

16日にはトルコ軍兵士8人がヘリコプターでギリシャに飛び、政治亡命を要請。しかし8人はギリシャへの不法入国やギリシャ・トルコ間の友好関係を悪化させた容疑に問われ起訴された。彼らはクーデター計画を知らず、上官の指示によりイスタンブールの路上にいた負傷者を運んだだけと弁護人に主張したものの、トルコのチャブシオール外相は8人を裏切り者とし、ギリシャに対し即時身柄引き渡しを求めた[26]

フェトフッラー・ギュレン

また別の黒幕として、元軍法律顧問のムハレム・コセ英語版の名前がトルコ政府側によって挙げられている[3]。コセはイスラム説教師のフェトフッラー・ギュレンの支持者であるギュレン運動の一員で、ギュレン運動ははかつてエルドアンの支持母体となるなど、ギュレンとエルドアンは協力関係にあったものの、2013年末にエルドアン政権に大規模汚職事件が発覚し、エルドアン側はギュレンが仕掛けたものとして両者の関係は悪化[27]。こうしたことから、トルコ政府は反乱勢力がギュレン運動とつながっていたとして、アメリカに対しギュレンの身柄引き渡し要求が行われたが[28]、ギュレンはクーデターを非難し、自身の関与を否定している[2][27]。また引き渡しを要求されたアメリカも、ギュレンがクーデターに関与した証拠を示すよう求めた[2]

クーデター失敗の理由[編集]

7月16日、クーデター鎮圧後のクズライ広場

過去トルコでは軍部によるクーデターが何度か行われてきたが、今回のクーデター計画が失敗に終わった理由はいくつか指摘されている。

  • クーデター計画の準備不足[3]
  • 軍全体で起こしたクーデターではなかった[3]
  • 国際社会の支持を取り付けることができなかった
  • 国民の支持を得られなかった[12]

反乱勢力はクーデター計画が漏れるのを恐れ、予定を早めざるを得なかったとされるほか、軍全体の支持を得られると軽く見ていたフシがあり、結果として一部での蜂起にとどまった[3]。またアメリカや日本、ドイツ、イギリス、ロシア、中国などは現政権の支持を次々に表明し、反乱勢力は国際社会の支持を得られなかった[29][30][31]

過去の軍が起こしたクーデターは治安回復を希望する国民支持を得てきた。今回もエルドアン政権に対する不満が国民の間にはあるものの、暴力や流血による解決は望んでいなかったほか、経済発展が順調だったことも国民の支持を得られない一因となった[12]

SNSの活躍[編集]

今回のクーデター未遂ではSNSが重要な役割を果たしたと指摘されている。反乱勢力によるクーデターの様子はFacebookのライヴストリーミングで配信されていた[32]。またイスタンブールに移動中のエルドアンが国民に呼びかけたのはFaceTimeを利用してのことであり、これが国民の抵抗に大きな役割を果たすことになるが、当のエルドアンはSNS嫌いで知られるという皮肉な結果となった[13]

余波[編集]

7月10日よりイスタンブールのイスタンブール・コングレス・センター英語版において開催していたユネスコによる第40回世界遺産委員会の議事が中断し、日本の国立西洋美術館を含むル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-などの審査が翌日に延期となったほか(翌日に世界遺産登録決定)、紀伊山地の霊場と参詣道における熊野古道の登録範囲を拡張する審査は取り止めとなり、委員会そのものも20日までの会期だったものが17日で終了した[33]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f “トルコのクーデターはなぜ失敗したのか”. wsj.com (ウォール・ストリート・ジャーナル). (2016年7月19日). http://jp.wsj.com/articles/SB10352986937800543568904582198302637265294 2016年7月19日閲覧。 
  2. ^ a b c d “トルコのクーデター未遂、軍・司法関係者6000人拘束 死者290人超に”. wsj.com (ウォール・ストリート・ジャーナル). (2016年7月19日). http://jp.reuters.com/article/turkey-security-update-idJPKCN0ZX012 2016年7月19日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g “焦点:狙われたトルコ大統領機、クーデターはなぜ失敗したか”. ロイター (ロイター). (2016年7月19日). http://jp.reuters.com/article/insight-turkey-coup-president-idJPKCN0ZZ0KE 2016年7月19日閲覧。 
  4. ^ “トルコのダウトオール首相が辞任、エルドアン大統領と対立”. ロイター (ロイター). (2016年5月6日). http://jp.reuters.com/article/turkey-politics-idJPKCN0XW1TJ 2016年7月19日閲覧。 
  5. ^ “エルドアン氏、強権体制一段と トルコ首相辞任”. 日本経済新聞. (2016年5月6日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK05H2J_V00C16A5000000/ 2016年7月19日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f “トルコでクーデターか、「全権掌握」と発表 空港周辺に戦車”. AFPBB News (フランス通信社). (2016年7月16日). http://www.afpbb.com/articles/-/3094173 2016年7月19日閲覧。 
  7. ^ “動画:トルコでクーデターか、軍を止めようとする市民”. AFPBB News (フランス通信社). (2016年7月16日). http://www.afpbb.com/articles/-/3094210 2016年7月19日閲覧。 
  8. ^ “トルコ軍トップのアカル参謀総長を救出”. AFPBB News (フランス通信社). (2016年7月16日). http://www.afpbb.com/articles/-/3094226 2016年7月19日閲覧。 
  9. ^ “エルドアン大統領、奇跡的に死を回避(動画)”. スプートニク. (2016年7月19日). http://jp.sputniknews.com/middle_east/20160718/2509389.html 2016年7月19日閲覧。 
  10. ^ a b c d “エルドアン大統領が会見「反乱兵の拘束を始めた」”. 朝日新聞. (2016年7月16日). http://www.asahi.com/articles/ASJ7J355QJ7JUHBI00T.html 2016年7月19日閲覧。 
  11. ^ a b c d “脅迫に銃撃…クーデターの「悪夢」にさいなまれるトルコメディア”. AFPBB News (フランス通信社). (2016年7月18日). http://www.afpbb.com/articles/-/3094342 2016年7月19日閲覧。 
  12. ^ a b c d “トルコでクーデター未遂、国民の支持得られず”. 日経ビジネス. (2016年7月18日). http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/071700389/index.html 2016年7月19日閲覧。 
  13. ^ a b “SNS嫌いのトルコ大統領、ビデオ電話で市民に”. 読売新聞. (2016年7月17日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20160717-OYT1T50015.html 2016年7月19日閲覧。 
  14. ^ “トルコ大統領府周辺の戦車に空爆、大統領府高官”. AFPBB News (フランス通信社). (2016年7月16日). http://www.afpbb.com/articles/-/3094219 2016年7月19日閲覧。 
  15. ^ “「政府転覆の試みは失敗」、トルコ政府”. AFPBB News (フランス通信社). (2016年7月16日). http://www.afpbb.com/articles/-/3094204 2016年7月19日閲覧。 
  16. ^ “クーデターは失敗に終わった=トルコ軍参謀総長代行”. ロイター (ロイター). (2016年7月17日). http://jp.reuters.com/article/turkey-coup-military-head-idJPKCN0ZW0HC 2016年7月19日閲覧。 
  17. ^ “主要4党、異例の共同声明=反クーデターで一致-トルコ”. AFPBB News (フランス通信社). (2016年7月17日). http://www.afpbb.com/articles/-/3094293 2016年7月19日閲覧。 
  18. ^ “トルコ、クーデターの失敗を喜ぶ市民 広場は赤一色”. AFPBB News (フランス通信社). (2016年7月18日). http://www.afpbb.com/articles/-/3094333 2016年7月19日閲覧。 
  19. ^ “トルコ大統領が涙の弔辞 クーデターで死亡の旧友葬儀で”. AFPBB News (フランス通信社). (2016年7月18日). http://www.afpbb.com/articles/-/3094311 2016年7月19日閲覧。 
  20. ^ “トルコ、死刑復活を検討へ クーデター未遂受け大統領が表明”. AFPBB News (フランス通信社). (2016年7月18日). http://www.afpbb.com/articles/-/3094313 2016年7月19日閲覧。 
  21. ^ “【7/15 クーデター未遂】 エルドアン大統領、CNNインターナショナルに語る”. TRT (トルコ国営放送). (2016年7月19日). http://www.trt.net.tr/japanese/toruko/2016/07/19/7-15-kudetawei-sui-erudoanda-tong-ling-cnnintanasiyonaruniyu-ru-532380 2016年7月19日閲覧。 
  22. ^ “トルコ大統領、「死刑復活」明言=クーデター未遂”. AFPBB News (フランス通信社). (2016年7月19日). http://www.afpbb.com/articles/-/3094371 2016年7月19日閲覧。 
  23. ^ “トルコのエルドアン政権が死刑復活ならEU加盟できず、ドイツがクーデター処罰でけん制”. ニューズウィーク. (2016年7月19日). http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/07/post-5507.php 2016年7月19日閲覧。 
  24. ^ “警官ら8777人解任、拘束7千人超=死刑復活も検討-トルコ・クーデター未遂”. 時事通信. (2016年7月19日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016071900020&g=int 2016年7月19日閲覧。 
  25. ^ “トルコ前空軍司令官、「クーデター首謀者」容疑を否認 裁判所に出廷”. AFPBB News (フランス通信社). (2016年7月19日). http://www.afpbb.com/articles/-/3094388 2016年7月19日閲覧。 
  26. ^ “トルコ兵8人、ギリシャ亡命申請=クーデター関与否定”. 時事通信. (2016年7月17日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016071700242&g=int 2016年7月19日閲覧。 
  27. ^ a b “黒幕か、エルドアン氏と確執=関与否定のギュレン運動-トルコクーデター”. AFPBB News (フランス通信社). (2016年7月16日). http://www.afpbb.com/articles/-/3094244 2016年7月17日閲覧。 
  28. ^ “トルコの米軍基地が閉鎖、空爆も中止 対ISIS作戦の拠点”. CNN.co.jp (CNN). (2016年7月17日). http://www.cnn.co.jp/world/35086007.html 2016年7月17日閲覧。 
  29. ^ “オバマ米大統領「トルコの現政府支持」=クーデターの動きけん制”. 時事通信. (2016年7月16日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016071600130&g=int 2016年7月19日閲覧。 
  30. ^ “各国首脳、トルコ政権支持 独首相はクーデター未遂強く非難”. 日本経済新聞. (2016年7月16日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM16HB2_W6A710C1FF8000/ 2016年7月19日閲覧。 
  31. ^ “安倍首相:民主的な体制尊重を-トルコのクーデターの動きで”. bloomberg.co.jp (ブルームバーグ). (2016年7月16日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-07-16/OAE7YY6TTDS101 2016年7月19日閲覧。 
  32. ^ “トルコのクーデターを世界に伝えた、Facebookライヴストリーミング”. wired.jp (WIRED). (2016年7月17日). http://wired.jp/2016/07/17/turkey-coup-livestream-map/ 2016年7月19日閲覧。 
  33. ^ The 40th session of the World Heritage Committee is suspended until further notice
    40th World Heritage Committee session resumes for one day on Sunday 17 July UNESCO

関連項目[編集]