特殊警備隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

特殊警備隊(とくしゅけいびたい、英語: Special Security Team, SST)は[注 1]海上保安庁特殊部隊[1][2]シージャック毒ガス事案など、高度な知識・技術を必要とする特殊な海上警備事案に対処する[3][4]

来歴[編集]

大阪国際空港の公害問題を背景として、1960年代より、大阪圏に第二空港を設置することが検討され始めていた。諸般の検討や地元との調整を経て、建設位置は泉州沖の大阪湾上と決定し、1980年代後半より、関西国際空港として、具体的な計画が着手された。しかし建設への反対運動も激化しており、極左暴力集団消火器爆弾や迫撃弾などを用いて、関西地域で年間数百件ものテロ・ゲリラ事件を引き起こしていた[5]

この状況に対して、1985年10月1日、同地を管轄する岸和田海上保安署(第五管区)に設置されたのが関西国際空港海上警備隊(海警隊)であった[6]。陸地側を警備する大阪府警察機動隊と連携して海側の警備を担っており、隊員は第五管区内に限らず、全国から希望者を募って配置されていた[5]。発足時はわずか8名であったが、1987年には空港の本格的な着工にあわせて24名に増強され、1990年には更に37名に増強された[7]

また1989年には、日米原子力協定の適用を受けてフランスから返還されるプルトニウムの海上輸送が決定され、その際の護衛を海上保安庁が担当することになったことから、そのための体制整備が進められることになった。その一環として、本庁警備第二課に設置されたのがプルトニウム輸送船警乗隊(警乗隊)であった。この部隊には、海警隊からも複数の隊員が参加したが[注 2]、基本的には、やはり全国から選抜され、志願した隊員から構成されていた[9]1990年にはアメリカ海軍Navy SEALsによる訓練が施されたとされている[7]1992年に輸送が実施され、復路では巡視船「しきしま」の護衛を受けて、フランスから日本まで無寄港で、総日数60日・総航程2万海里の輸送を実施したが、輸送船「あかつき丸」に乗船した警乗隊は、往路や寄港中も含めて、約5ヶ月間150日間にわたって一度も上陸することなく、輸送船の警備を完遂した[9]

そして1996年、海警隊と警乗隊を統合して設置されたのがSSTであった[2][3][注 3]

編制[編集]

組織[編集]

巡視艇すずかぜにて特殊警備隊を激励(加納副大臣)

SSTは、第五管区内の泉佐野市に位置する大阪特殊警備基地を本拠地とする。基地長(二等海上保安監)および統括隊長(一等海上保安正)のもと、7個小隊で編成されているとされている。各小隊は8名ずつ、隊長は二等海上保安正、副隊長は三等海上保安正で、隊員には救急救命士危険物取扱者も含まれる[1]。また7隊のうち、2隊は爆発物処理・化学防護能力を備えている[1]。海上保安庁にはNBC対処の専従部隊がないため、東日本では特殊救難隊が、そして西日本では本部隊が対応するように分担している[2]

SSTは、ヘリコプターからのリペリング(ヘリから降ろされたロープを使って滑り降りる)による降下巡視艇高速艇などによる強行接舷、気泡が出ない循環式潜水器を使用した潜水による接近などによって対象船舶に乗り込み、下記装備等を使用して犯人を制圧する。突入に際しては、公開されている限り自動小銃4名、拳銃4名の編成をとることが多いようである。また任務によっては特別警備隊の支援を受ける場合もある。基本的に2人一組で行動する[10]

装備[編集]

海警隊の発足当初は、4インチ銃身モデルのS&W M19回転式けん銃.38スペシャル弾を装填して使用していたが[7]、Navy SEALsから指導を受けた際に、アメリカ軍人は海警隊隊員の優れた射撃精度に驚嘆する一方、装弾数の少なさに伴う火力不足が指摘された。このことから、1992年にはシグ・ザウエルP228自動式けん銃が導入された[8]

拳銃よりも強力な銃器としては、1988年にH&K MP5A5/SD6短機関銃が導入されたほか[11]、1992年には89式5.56mm小銃も導入された[8]

海警隊では、狙撃銃として、64式7.62mm小銃照準器を取り付けたものと豊和M1500を使用していたが、ボルトアクション式の豊和M1500は次弾装填の際に標的を見失うため、海上での狙撃には適さなかったとされている[7]。またSST設立後には、2,000メートル級の長射程を誇るマクミラン社製の対物ライフルも導入された[12]

またSST自身の装備ではないが、関西空港海上保安航空基地に配備されているサーブ 340BEC225LP(ヘリコプター)は、通常業務のほか、SSTの移送を考慮した装備となっている[13]

活動史[編集]

  • 1988年 - ソウルオリンピックの期間中、日韓を結ぶカーフェリーのうち日本船籍のものには海上保安官が警乗にあたることになり、所轄の第7管区のほか、海警隊からも数人が参加した[1]
  • 1989年 - 東シナ海でパナマ船籍の鉱石運搬船内で船員が暴動を起こす事件が発生し、所轄の第11管区とともに海警隊も出動して暴動を鎮圧[1]
  • 1992年 - フランスから日本へのプルトニウムを輸送した運搬船あかつき丸に警乗隊が警乗護衛にあたった[1][9]
  • 1996年 - 海警隊と警乗隊が統合され、特殊警備基地が設置される[2][3]
  • 1998年 - 東京晴海埠頭で行われた観閲式で、SSTが訓練展示(容疑船へのリペリング降下)を行い、初めて報道陣の前に姿を現す。
  • 1999年 - 能登半島沖不審船事件の際に、SSTは追跡中の巡視船「ちくぜん」に乗船して、不審船停船後の強行臨検に備えていた。
  • 1999年 - 東ティモールインドネシアからの独立を問う住民投票が行われる。住民投票後の暴動に備え、邦人保護の名目で名古屋海上保安部所属の巡視船「みずほ」をディリ沖に派遣。SSTが上陸し、残留邦人を警護しながら「みずほ」に避難させたとされているが[14]、海上保安庁は本件に関して公式には発表していない[15]
  • 2000年 - 東シナ海を航行中のシンガポール船籍の貨物船で船員が暴動を起こす事件が発生。SSTが出動して暴動事件に対応した[16]
  • 2001年 - 九州南西海域工作船事件に際して出動し、第十管区海上保安本部の巡視船「はやと」船内で準備をしていた。
  • 2002年 - FIFAワールドカップ開幕直前に、釜山沖において、韓国海洋警察特別攻撃隊 (SSAT) と、SSTがテロ対策合同訓練を行う。なお訓練の模様は報道機関に公開された。
  • 2003年 - オーストラリア東岸沖でPSI加盟国による合同臨検(船舶検査)演習「パシフィックプロテクター」が実施され、SSTは容疑船への降下、制圧を担当した。
  • 2008年 - 「シーシェパード」が日本の調査捕鯨船の活動を妨害し、酪酸入り瓶を投擲され乗務員が負傷する事件が発生。この事件を受け海上保安庁は日本鯨類研究所の調査捕鯨船「第二勇新丸」にエコテロリスト対策として海上保安官が乗船し、警備を担当したと発表した。この海上保安官は情報誌に掲載された記事ではSST隊員とされている[17]
  • 2009年 - 高知県室戸岬沖で、大量の覚醒剤を夜陰に乗じて室戸市の椎名漁港に密輸しようとした中国船籍の漁船が、海上保安庁に発見された。該船は巡視船からの停船命令を無視したため、SSTが急襲した。船を制圧したSSTは、同船員6人を立入検査忌避罪で現行犯逮捕した。椎名漁港には密輸の受け入れ役だった在日中国人暴力団員が待ち受けており、この暴力団員らは通報を受けて警戒を実施していた高知県警察が逮捕した。
  • 2010年 - 海上保安庁観閲式で武装船を想定した訓練が初公開された[18]
  • 2013年 - 東京電力福島第二原子力発電所において、テロリストの襲撃を想定した警察との合同テロ対策訓練にSSTが参加し、船舶に立て籠もったテロリスト役の制圧を行った。なお、この合同訓練には千葉県警察特殊部隊 (SAT)福島県警察銃器対策部隊が参加した。
  • 2014年 - 週刊文春によると、同年10月5日早朝、小笠原諸島周辺の日本領海内で赤サンゴを密漁する中国漁船に対処するため、関西空港海上保安航空基地からヘリコプターで緊急出動。巡視船「しきしま」にてブリーフィングを行った後、ヘリコプターから中国漁船にリペリング降下して銃器を構えて船内に突入、包丁等で激しく抵抗する乗組員を制圧して横須賀へ連行したという。海上保安庁は本件に関して「回答を差し控える」としている[19]。(中国漁船サンゴ密漁問題

登場作品[編集]

S -最後の警官-
漫画版・映画版にて、プルトニウム輸送船がテロリストに乗っ取られたことを受け、SSTが出動。SATNPSと共同作戦を行う。
海猿
貨物船乗っ取り事案でSSTに出動要請が下る。
救命病棟24時
テレビドラマ。2002年のスペシャル番組にSSTが登場し、豪華客船を乗っ取った犯人を制圧する。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 日本語の部隊名称を略した「特警隊」は、海上保安庁では特別警備隊を指すため、本部隊は「SST」と称される。
  2. ^ 一説には13名が選抜されたとされている[8]
  3. ^ プルトニウム輸送後、警乗隊は海警隊に合流しており、海警隊がそのままSSTに改編されたという説もある[7]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 柿谷 & 菊池 2008, pp. 107-140.
  2. ^ a b c d ストライクアンドタクティカルマガジン 2017, pp. 65-73.
  3. ^ a b c 佐藤 2019, ファイル14 不審船を捕捉せよ.
  4. ^ 海上保安庁. Ⅲ 海上紛争等の警備と警衛・警護(平成9年版海上保安白書) (Report). http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/books/h9haku/2-1-3.htm 2015年11月14日閲覧。. 
  5. ^ a b 佐藤 2019, ファイル9 関西国際空港テロを防止せよ.
  6. ^ 第五管区海上保安本部. “大阪海上保安監部の沿革”. 2019年7月15日閲覧。
  7. ^ a b c d e 小峯 & 坂本 2005, pp. 45-74.
  8. ^ a b c 小峯 & 坂本 2005, pp. 112-130.
  9. ^ a b c 佐藤 2019, ファイル10 核燃料輸送船を護衛せよ.
  10. ^ 特集 海上保安庁特殊警備隊(SST) Off Shore Dream 海上保安庁の総合情報サイト
  11. ^ 小峯 & 坂本 2005, pp. 75-106.
  12. ^ 中名生 2015.
  13. ^ 米田 2019.
  14. ^ 小峯 & 坂本 2005, pp. 147-151.
  15. ^ 柿谷 & 菊池 2008, p. 130.
  16. ^ 海上保安庁 (2004-09-06) (PDF), テロ対処・不審船対処能力の現状及び問題点について, 首相官邸, http://www.kantei.go.jp/jp/singi/ampobouei/dai9/9siryou7.pdf 2015年11月14日閲覧。 
  17. ^ 国際情報誌SAPIO(2008年3月12日号)に掲載された記事『捕鯨船10隻を沈めた「環境テロリスト」シー・シェパードの過激な「海賊行為」』に記載。
  18. ^ 時事通信2010年5月29日付の記事[リンク切れ]
  19. ^ 中国サンゴ密漁船に海上保安庁特殊部隊SSTが出動していた![リンク切れ] 週刊文春 2014年11月12日

参考文献[編集]

  • 柿谷, 哲也、菊池, 雅之『最新 日本の対テロ特殊部隊』三修社、2008年。ISBN 978-4384042252
  • 小峯, 隆生坂本, 新一『海上保安庁特殊部隊SST』並木書房、2005年。ISBN 978-4890631933
  • 佐藤, 雄二『波濤を越えて 叩き上げ海保長官の重大事案ファイル』文藝春秋、2019年。ISBN 978-4163910567
  • 『日本の特殊部隊』ストライクアンドタクティカルマガジン、2017年3月。NCID BB01834038
  • 中名生, 正己「巡視船 武装の歩み(下)」『世界の艦船』第825号、海人社、2015年11月、 168-173頁、 NAID 40020597434
  • 米田, 堅持「海上保安庁のスペシャリストたち」『世界の艦船』第902号、海人社、2019年6月、 NAID 40021918394

関連項目[編集]

外部リンク[編集]