ひだ型巡視船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ひだ型巡視船
PL51 ひだ
PL51 ひだ
基本情報
種別 2,000トン型PL
運用者  海上保安庁
就役期間 2006年4月 - 現在
同型艦 3隻
要目
総トン数 1,800トン
全長 95.0 m
全幅 12.6 m
深さ 6.0 m
主機関 MTU 20V1163 TB93
ディーゼルエンジン×4基
推進器 ウォータージェット推進器×4基
速力 30ノット以上[1]
乗員 30人
兵装 ボフォースMk.3 40mm単装機銃×1門
JM61-RFS 20mm多銃身機銃×1門
搭載機 飛行甲板および給油設備
ハンガーなし)
搭載艇 7m型高速警備救難艇×1隻
複合型警備艇×1隻
C4ISTAR ヘリテレ装置
船テレ装置
FCS FCS射撃指揮装置(40mm機銃用)
RFS射撃指揮装置(20mm機銃用)
光学機器 赤外線捜索監視装置
遠隔監視採証装置
テンプレートを表示

ひだ型巡視船(-がたじゅんしせん、英語: Hida-class patrol vessel)は、海上保安庁巡視船の船級。分類上はPL(Patrol vessel Large)型、船種は2,000トン型[1]。建造費用は1隻あたり約79億円であった[2]

来歴[編集]

海上保安庁では、1985年日向灘不審船事件を受けて昭和62年度より180トン型PSを、また1999年能登半島沖不審船事件を受けて平成11年度より高速特殊警備船を順次に整備するとともに、1,000トン型の高速高機能大型巡視船の計画も進めることで、北朝鮮による工作船事案に対する体制を整備してきた。しかし2001年に発生した九州南西海域工作船事件において、対処中の巡視船に対してRPG-7対戦車擲弾発射器が発射され、更に自沈した工作船を引き上げたところ、82mm無反動砲携帯式防空ミサイルシステムのように、従来考えられていたよりも長射程で強力な兵器を搭載していたことが判明した[3]

このことから、計画中の高速高機能大型巡視船に対し、これらの兵器をアウトレンジして遠距離から精確な射撃が可能となる新型機銃の導入が決定されるとともに[3]、単独の巡視船ではなく、ユニット単位で対応する体制が整備されることとなった。当初、警備救難部では、高速高機能大型巡視船を元にヘリコプター甲板を設置した2,000トン型1隻を指揮船として、1,000トン型2隻、高速特殊警備船3隻でユニット(機動船隊)を構成し、これを5隊整備することを構想した。しかし予算当局の査定を受けた結果、太平洋岸に配備予定だった2隊が削られるとともに、各ユニットからも1,000トン型1隻と高速特殊警備船1隻が削られて、4隻×3隊の整備となった。このうち、指揮船となる2,000トン型として建造されたのが本型である[4]。上記の経緯より、予算要求時には「ヘリ甲板付き高速高機能大型巡視船」と称されていた[5]

設計[編集]

1,000トン型(あそ型)では船体を総アルミニウム合金製としたのに対し、本型では、上部構造物はアルミニウム合金で造られているが、主船体は高張力鋼製とされた[6]。船型は角型をベースとした高速船型とされ、船首にはブルワークが設けられており、優れた凌波性・堪航性・復原性を実現した[7]

概算要求の段階ではおじか型と同様、中央に大きな煙突を備えるシルエットが予定されていたが、坂本茂宏警備救難監の指示によって、煙突を廃止し、また荒天時の甲板作業に備えて船橋構造脇を閉囲するなど、高速艇を思わせる船容となった[5]。特に上部構造物両舷の通路は、船尾側はオープンであるが、前方は青波の打ち込みを防ぐためエンクローズされており、甲板で待機する乗員にとって格好の待機スペースとなっている[6]

航空運用能力を要求されたことから、船尾甲板はヘリコプター甲板とされているが、ここは、当時海保最大のヘリコプターだったAS.332だけでなく、竣工時には未就役だった発展型であるEC.225にも対応した強度を確保した[1]。また減揺装置として1組のフィンスタビライザーを備えている[7]

主機関としては、4基の高速ディーゼル機関が搭載されている。これらは外舷機2基と内舷機2基にわけて前後にシフト配置されている[7]。推進器としてはウォータージェット推進器4基を備えた。4基すべてに逆噴射用のバケットが装着され、左右にも振ることができるなど、操縦性に優れたものとなっている。排気は舷側排気とされており、重心降下・軽量化には効果があったが、船体後半部が半日で真っ黒になってしまうという問題もあった[6]

電源としてはディーゼル発電機、また予備電源としてはシール型(制御弁式)蓄電池を搭載している[7]

装備[編集]

上記の経緯より、本型は機動船隊の指揮船として期待されている[2]。このことから、ヘリコプターが撮影した映像を受信するヘリコプター撮影画像伝送システム(ヘリテレ装置)[7]、さらにこれを地上基地に転送する衛星映像伝送システム船上型(船テレ装置)を備えている[4]。また操舵室側面には可搬式の停船等表示装置を設置できる[6]

主兵装は、先行するあそ型と同じボフォースMk.3 40mm単装機銃である。やはり同様に、赤外線捜索監視装置と連動することで射撃管制機能(FCS)を備えており、荒天時においても、工作船搭載武装の射程外から、容疑船の舵や機関に対して精確で安定した射撃を可能としている[2]。本型の場合は、さらにRFSと連接されたJM61-RFS 20mm多銃身機銃も背負い式に搭載して、火力を高めている。なお安全確保のため、防弾化が図られている[7]。また他の巡視船と同様、船橋上に赤外線捜索監視装置遠隔監視採証装置を備えており、対工作船対応能力に加え、夜間における海難事故への対処能力が向上した[4]

舟艇としては、船橋構造後方に7メートル型高速警備救難艇複合型警備艇各1隻を備えている[5]

同型船一覧[編集]

計画年度 # 船名 建造 進水 竣工 所属
平成15年 PL-51 ひだ 三菱重工
下関造船所
2005年
(平成17年)
8月9日
2006年
(平成18年)
4月18日
新潟
(第9管区)
PL-52 あかいし 2005年
(平成17年)
10月21日
2006年
(平成18年)
4月18日
鹿児島
(第10管区)
平成16年 PL-53 きそ IHIMU
横浜工場
2007年
(平成19年)
8月17日
2008年
(平成20年)
3月11日

(第8管区)

参考文献[編集]

  1. ^ a b c 「警備救難業務用船 (海上保安庁船艇の全容)」、『世界の艦船』第800号、海人社、2014年7月、 54頁、 NAID 40020105550
  2. ^ a b c 不審船への対応について 平成14年10月 海上保安庁
  3. ^ a b 中名生正己「巡視船 武装の歩み(下)」、『世界の艦船』第825号、海人社、2015年11月、 168-173頁、 NAID 40020597434
  4. ^ a b c 坂本茂宏「創設50年から60年 そして70年に向けて (創設60周年を迎えた海上保安庁)」、『世界の艦船』第692号、海人社、2008年7月、 132-137頁、 NAID 40016073810
  5. ^ a b c 「警備救難業務用船 (モノクロ写真頁 写真特集・海上保安庁現有船艇の全容)」、『世界の艦船』第660号、海人社、2006年7月、 52頁、 NAID 40007319924
  6. ^ a b c d 「カラー写真頁 新型巡視船「ひだ」「あかいし」揃って竣工!」、『世界の艦船』第660号、海人社、2006年7月、 6-11頁、 NAID 40007319920
  7. ^ a b c d e f 警備救難部管理課「海上保安庁の「新2,000トン型」巡視船」、『世界の艦船』第628集、海人社、2004年7月、 160-161頁。

外部リンク[編集]