S&W M19

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
S&W M19[1]
S&W Model 19-5 .357 Magnum noBG.png
S&W M19(4インチモデル、ニッケルフィニッシュ)
概要
種類 回転式拳銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 S&W
性能
口径 約9mm(.38口径、.357口径)
銃身長 64mm(2.5インチモデル)
102mm(4インチモデル)
152mm(6インチモデル)
ライフリング 6条右回り
使用弾薬 .38スペシャル弾
.357マグナム弾
装弾数 6発
作動方式 シングル/ダブルアクション
全長 205mm(2.5インチモデル)
241mm(4インチモデル)
重量 905g(2.5インチモデル)
1,021g(4インチモデル)
テンプレートを表示
スイングアウトされたシリンダー

S&W M19は、S&W社が開発した回転式拳銃1955年の発売当初はコンバットマグナムCombat Magnum)と称されており[2]1957年にモデルナンバー制度が導入されたあとも、引き続き通称として用いられている[3]

また、本銃をもとにステンレス鋼を導入した派生型であるS&W M66[4]も本項で扱う。

来歴[編集]

1930年代に登場した.357マグナム弾は、先行する38-44 HV弾と同様、基本的には.44スペシャル弾のために設計された頑丈な拳銃小口径化するかたちで運用されていた。スミス&ウェッソン社でも、.357マグナム弾と同時に、その名前を冠して発表した後のM27は、大型のNフレームにもとづいている。しかし、このような大型拳銃は、特に法執行官が日常業務で携行するのは困難であった[5]

このことから、コンバットシューティングの第一人者であり、自身もアメリカ国境警備隊(USBP)英語版で法執行任務に携わっていたビル・ジョーダン大佐の意見を取り入れて、従来は.38スペシャル弾用のミリタリー&ポリスなどで用いられてきたKフレーム・リボルバーをもとに、.357マグナム弾を使えるように強化して開発されたのが本銃である[2]

設計[編集]

上記の経緯より、本銃はKフレームをもとに、ヨーク(シリンダーの保持機構)部分をわずかに拡張したKターゲット・フレームを用いて設計されている。Kフレームと同様に4スクリュータイプであり、シリンダーも同じく6連発であるが、シリンダー長は42mm(1,67インチ)となった。銃身長は、当初は4インチのみであったが、後に2.5インチおよび6インチが追加された。リアサイトは調整可能となっており、フロントサイトは抜き撃ちに優れるランプタイプ。グリップは木製で角を落としていない末広がりの長方形のスクウェアバット型、表面処理はブルーフィニッシュとニッケルフィニッシュから選択できた[2][3]。また、M19はトラディショナルな炭素鋼製であったが、1970年には、ステンレス鋼製とし、トリガーメカニズムもフィーリングをスムーズ化したM66も発表された[4]

なお、小型のKフレーム・リボルバーで強力な.357マグナム弾を常用すると、銃・射手ともに負担が大きいという指摘があった。これは銃自体が軽量であるため反動が強いのに加え、元々小型なKフレームのシリンダーで6発の.357マグナム弾を収めるため、フレームのサイズの割にシリンダー自体が大型となり、エジェクターロッドの位置も高くなるため、ハウジング部分に収めるスペースを確保すべく銃身の下方が削られているのが要因である。1970年代末にはNフレームよりも小さくKフレームと同等の携行性を確保しつつ、より頑丈なLフレームが開発され、1980年よりこれを採用したディスティングイッシュド・コンバットマグナム(M586/686などが発表されている[6][7][8]

M19は1999年[3]、M66は2004年に生産中止となったが[4]、M66は細部のデザインが異なり、ブラックラバーグリップを標準装備した新仕様で2014年に再生産されている。

運用史[編集]

本銃は、本場アメリカの警察で多く採用されている。FBI捜査官の間でも好評を博し、後に同社のM13が制式採用された[9]

また1972年ミュンヘンオリンピック事件を受けて、大陸ヨーロッパの法執行機関では対テロ作戦を担当する特殊部隊の編成が相次いだが、創設直後のこれらの部隊は、動作の確実性を評価して、本銃を含む回転式拳銃を多用していた。1977年ルフトハンザ航空181便ハイジャック事件では、突入したGSG-9隊員が装備していたH&K P9S自動拳銃およびH&K MP5短機関銃が有名になったが、隊長のウェグナー大佐はM19を、また突入隊員の数人もM66を携行していた[10][注 1]

日本でも、海上保安庁特殊警備隊(SST)の前身となった関西国際空港海上警備隊(海警隊)は、4インチ銃身モデルのM19を使用していた[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 狭い飛行機の機内での取り回しを重視して、多くの隊員が拳銃を携行していたものの、本作戦の経験から、拳銃では瞬間制圧力が不足であることが問題になり、GSG9はその後、MP5への依存度を高めていくことになった[11]

出典[編集]

  1. ^ 床井 1993, p. 239.
  2. ^ a b c Supica & Nahas 2007, p. 136.
  3. ^ a b c Supica & Nahas 2007, pp. 185-188.
  4. ^ a b c Supica & Nahas 2007, p. 229-231.
  5. ^ Supica & Nahas 2007, p. 135.
  6. ^ 床井 1993, p. 241.
  7. ^ Supica & Nahas 2007, pp. 346-353.
  8. ^ リボルバーマニアックス. 株式会社ホビージャパン. (2016年9月29日). 
  9. ^ Bill Vanderpool (2011年8月22日). “A History of FBI Handguns” (英語). 2017年1月21日閲覧。
  10. ^ ネヴィル 2019, pp. 156-193.
  11. ^ トンプソン 2019, p. 94.
  12. ^ 小峯 & 坂本 2005, pp. 45-74.

参考文献[編集]

  • 小峯, 隆生坂本, 新一『海上保安庁特殊部隊SST』並木書房、2005年。ISBN 978-4890631933
  • Supica, Jim; Nahas, Richard (2007). Standard Catalog of Smith & Wesson (Third Edition). Gun Digest Books. ISBN 978-0896892934. 
  • 床井, 雅美『最新ピストル図鑑』徳間書店徳間文庫〉、1993年。ISBN 978-4195776544
  • トンプソン, リーロイ『MP5サブマシンガン』床井 雅美 (監修), 加藤喬 (翻訳)、並木書房Osprey Weapon Series〉、2019年。ISBN 978-4890633821
  • ネヴィル, リー『欧州対テロ部隊』床井雅美 (監修), 茂木作太郎 (翻訳)、並木書房、2019年。ISBN 978-4890633852

関連項目[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、S&W M19に関するカテゴリがあります。
  • ウィキメディア・コモンズには、S&W M66に関するカテゴリがあります。
  • コルト・パイソン - コルト社の同口径拳銃
  • S&W M29 - S&W社の大口径拳銃