S&W M19

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
S&W M19[1]
S&W Model 19-5 .357 Magnum.JPG
S&W M19 (4インチモデル; ニッケルフィニッシュ)
概要
種類 回転式拳銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 スミス&ウェッソン
性能
口径 9 mm
銃身長 64 mm (2.5インチモデル)
102 mm (4インチモデル)
152 mm (6インチモデル)
ライフリング 6条右回り
使用弾薬 .38スペシャル弾
.357マグナム弾
装弾数 6発
作動方式 シングル/ダブルアクション
全長 205 mm (2.5インチモデル)
重量 905 g (2.5インチモデル)
テンプレートを表示

S&W M19は、スミス&ウェッソン(S&W)社が開発した回転式拳銃。1955年の発売当初はコンバットマグナムCombat Magnum)と称されており[2]、1957年にモデルナンバー制度が導入されたあとも、引き続き通称として用いられている[3]

また、本銃をもとに、ステンレス鋼を導入した派生型であるS&W M66も本項で扱う。

来歴[編集]

1930年代に登場した.357マグナム弾は、先行する38-44 HV弾と同様、基本的には.44スペシャル弾英語版のために設計された頑丈な拳銃を小口径化するかたちで運用されていた。S&W社でも、.357マグナム弾と同時に、その名前を冠して発表した銃(後のM27)は、大型のNフレームにもとづいている[4]。しかしこのような大型拳銃は、特に法執行官が日常業務で携行するのは困難であった。このことから、コンバットシューティングの第一人者であり、自身もアメリカ国境警備隊(USBP)英語版で法執行任務に携わっていたビル・ジョーダン大佐の意見を取り入れて、従来は.38スペシャル弾用のミリタリー&ポリスなどで用いられてきたKフレーム・リボルバーをもとに、.357マグナム弾を使えるように強化して開発されたのが本銃である[2]

設計[編集]

スイングアウトされたシリンダー

上記の経緯より、本銃は、Kフレームをもとに、ヨーク(シリンダーの保持機構)部分をわずかに拡張したKターゲット・フレームを用いて設計されている。Kフレームと同様に4スクリュータイプであり、シリンダーも同じく6連発であるが、シリンダー長は42 mm(1,67インチ)となった。銃身長は、当初は4インチのみであったが、後に2.5インチおよび6インチが追加された。リアサイトは調整可能となっている。グリップは角を落としていない末広がりの長方形のスクウェアバット型、表面処理はブルーフィニッシュとニッケルフィニッシュから選択できた[2][3]。またM19はトラディショナルな炭素鋼製であったが、1970年には、ステンレス鋼製としたM66も発表された[5]

なお、小型のKフレーム・リボルバーで強力な.357マグナム弾を常用すると、銃・射手ともに負担が大きいという指摘があり、1970年代末にはNフレームよりも小さく、Kフレームと同等の携行性を確保しつつ、より頑丈なLフレームが開発されて、1980年よりこれを採用したディスティングイッシュド・コンバットマグナムなどが発表されている[6][7]

M19は1999年[3]、M66は2004年に生産中止となったが[5]、M66は新仕様で2014年に再生産されている。

登場作品[編集]

本場アメリカの警察で採用例が多いため、アメリカアクション映画ドラマなどではステージガンとして頻繁に登場し、漫画やアニメーション作品などの他、モデルガンエアソフトガンとしても商品化されている。

映画・テレビドラマ[編集]

相棒season14
廃工場に潜んでいたチンピラが角田課長を撃った銃。
アウトレイジ
石原が2.5インチモデルを使用。グバナン大使に闇カジノの経営を強制させるシーンに登場(発砲なし)。また、大友組を裏切り、山王会にカチコミに行くフリをする場面で、自身の横領を知っていた舎弟の頭に本銃の銃口を突き付け、車内で射殺する。
ガントレット
ベン・ショックリー刑事(クリント・イーストウッド)が、M66の2.5インチを使用。
刑事貴族
須藤刑事が使用。
ザ・シークレット・サービス
冒頭のシーンに登場する。
西部警察
『ゾーン・オブ・ザ・デッド』
『ソルトン・シー』
ダイ・ハード2
タイトロープ
ウェス・ブロック刑事(クリント・イーストウッド)が、M66の2.5インチを使用。
チャイルド・プレイ
チャールズ・リー・レイ(ブラッド・ドゥーリフ)が、2.5インチモデルをマイク刑事との銃撃戦で使用。
トレーニングデイ
バトルロワイアル
元渕恭一が使用していたものを、主人公の七原秋也が使用。
『バレットブレイク』
ハンチョウ〜神南署安積班〜
3シリーズ共に村雨秋彦刑事が使用。
フェイス/オフ
ショーン・アーチャー刑事(ジョン・トラボルタ)が、M66の2.5インチをバックアップガンとして使用。
ブラインド・フューリー
ブラックレイン
ニックの相棒チャーリー・ビンセントが、M66の2.5インチを所持しており、後に松本刑事からニックへ遺品として渡される。
ブロークン・アロー
ペイバック
主人公ポーター(メル・ギブソン)が使用。
マイアミバイス
ジーナが使用。
もっとあぶない刑事
谷村刑事が初期の頃に2.5インチモデルを使用している。
蘇える金狼
TVドラマ版にて茂義賀津夫がM66を使用。
ラスト・ボーイスカウト
ジョー・ハレンベック(ブルース・ウィリス)がM19の2.5インチを使用。
リーサル・ウェポン
ロジャー・マータフが使用。

漫画・アニメ[編集]

ゴルゴ13
ゴルゴ13が2.5インチモデルをS&W M10 2インチ、S&W M36 2インチとともに愛用。
シティーハンター
16巻で槇村香が使用。
ニセコイ
鶫 誠士郎が、ブレザーの袖に仕込み拳銃として携帯している。グリップは製もしくはそれに似た色のもの。
ルパン三世
次元大介が、アニメでは4インチモデル、漫画ルパン三世Y』では2.5インチモデルを使用。ステンレスモデルではないが、使いこまれて表面処理が剥がれ、銀色になっている。

ゲーム[編集]

WarRock
ゲーム内通貨で購入可能。
バトルフィールド ベトナム
メタルギアソリッド ピースウォーカー
作中で唯一の回転式拳銃として登場。開発が進むと長銃身化やレーザーサイトの付加も可能となる。

出典[編集]

  1. ^ 床井雅美 1993, p. 239
  2. ^ a b c Supica & Nahas 2007, p. 136
  3. ^ a b c Supica & Nahas 2007, pp. 185-188
  4. ^ Supica & Nahas 2007, p. 135
  5. ^ a b Supica & Nahas 2007, p. 229-231
  6. ^ 床井雅美 1993, p. 241
  7. ^ Supica & Nahas 2007, pp. 346-353

参考文献[編集]

関連項目[編集]