シングルアクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ストロークが短いため、後部に設置されたシングルアクションのトリガー。(南部式小型拳銃)

シングルアクション (single-action trigger) は、一般的に拳銃の撃発(発射)作動を表現する語句であり、あらかじめ撃鉄(ハンマー)などを通常位置から撃発準備位置まで手動で移動させ、引金(トリガー)の操作により撃発させる作動機構を指す。

トリガーの動作で、ハンマーなどを撃発させるだけ(シングル)の機能を持つことを意味する。

採用される銃種[編集]

自動式拳銃回転式拳銃、小銃や機関銃などに採用される。

銃種による特性など[編集]

  • 自動火器にあっては、発射時のスライド・ボルトの作動で撃鉄などが通常位置から撃発準備位置へ自動的にセットされる。速やかに次弾を発射できる反面、暴発のリスクが高まる。
  • 自動式でないリボルバーポンプアクションボルトアクションなどにあっては、発射ごとに撃鉄などが通常位置に戻されるため、そのつど手動で撃発準備位置まで移動させる動作が必要となる。撃鉄を起こす(撃発準備位置まで移動させることの通称)操作の際、あわせて排莢と次弾の装填がされる。

一部の自動火器は構造的に撃鉄をもたず、撃茎(ストライカー、撃針に質量を持たせたもの)をバネの力でじかに加速して撃発させる方式や、遊筒(ボルト)と撃針が固定されていて閉鎖とほぼ同時に撃発させる方式(オープンボルト)もある。

上記特性から自動式でない火器は連射時に多少の時間を要するという欠点はあるが、拳銃の場合はダブルアクションと比較して撃鉄を先に持ち上げてある分だけ、撃発までの引金の行程(ストローク)が短くかつ軽くなる利点がある。したがって、手ブレが小さく精密射撃に向いている。