シージャック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シージャックSeajack)とは、運航中の船舶を乗っ取る行為。狭義では、積荷略奪が目的である海賊行為とは区別される。「海」(sea)と「ハイジャック」(hijack)から合成されたカバン語である[1]

シージャックの目的[編集]

シージャックの目的はハイジャック同様、亡命政治的目的によるテロリズムなど目的意識の明確なもの、あるいは精神的錯乱心理状態の異常といったものなど、様々である。日本では亡命目的もしくは政治目的で船を乗っ取った例は無く、またハイジャック事件もしくはバスジャックに比べ、現実的に船の乗っ取り自体が困難であるため、実例が少ない。

日本での主なシージャック事件[編集]

1970年5月12日広島今治行きの定期旅客船「ぷりんす号」が警察から追跡されていた男性(当時20歳)にシージャックされたが、一時愛媛県松山観光港に逃走したのち翌日に広島に戻り、そこで犯人は射殺された(瀬戸内シージャック事件)。

出典[編集]

  1. ^ Seajack, Dictionary.com

関連項目[編集]