極左暴力集団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

極左暴力集団(きょくさぼうりょくしゅうだん)とは、極左暴力集団に対する呼称。日本の警察などが、日本の新左翼党派などを指して使用している[1]マスコミ用語では過激派など、日本共産党用語ではニセ「左翼」暴力集団に相当する。

概要[編集]

1967年の羽田事件以降、各地で学生らを中心とした「新左翼」による実力闘争(暴動)が頻発していたが、1970年代に入り「新左翼」各派は学生中心の組織から極左政治組織へと変貌していった。それに伴い、従来は「過激学生集団」と呼称していた警察も「極左暴力集団」と呼称することになった。以降、警察白書などの警察の刊行物では、「極左暴力集団」という用語を使い続けている。

極左暴力集団と申しますのは、これはいろいろ明確に定義することはむずかしいかと思いますが、私どもが通常申しておりますのは、日本共産党に対しましてもっと過激な手段方法でもって共産主義革命社会主義革命をやろうというそういう集団でございまして、一応具体的に申しますと、たとえば中核派とか、あるいは反帝学評派とか、第四インターとか、いろいろございますが、そういうものがいま全共闘というものをつくっておりますけれども、それと別に革マル派というようなものもございまして、現在、まあ勘定のしかたではどのくらいになるか、明確にはちょっとわかりませんけれども、大体五流十三派とか十四派とかいろいろ申しておりますけれども、要するに非常に過激な手段でもって自分たちの主張を貫いていこうという集団というふうに私どもは考えております。 — 1971年2月16日 参議院地方行政委員会 警察庁警備局長 山口廣司の答弁[2]

出典[編集]

  1. ^ 極左暴力集団の動向と対策 - 警察白書
  2. ^ 国会会議録検索システム - 国会図書館(昭和46年02月16日、65 - 参 - 地方行政委員会 - 4号、18/116)

関連項目[編集]