NBCテロ対応専門部隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NBC対策車(神奈川県警察

NBCテロ対応専門部隊(エヌビーシーテロたいおうせんもんぶたい、英語: Counter-NBC Terrorism Squad[1])とは、NBC(Nuclear/核兵器、Biological/生物兵器、Chemical/化学兵器)を使用したテロや、犯罪に対応する日本警察警備部隊警察庁ではテロ対処部隊の一つに位置付けている[2]

概要[編集]

NBCテロが発生した場合に出動し、事件・事故現場において、被害の拡大防止措置の実行及び被害者の救出や救助、避難誘導にあたる[3]。そのために、危害原因となる物質の検知・除去の専門技術や装備を有している。

9都道府県警察(警視庁大阪府警察北海道警察宮城県警察千葉県警察神奈川県警察愛知県警察広島県警察福岡県警察[3]に、総勢200名が編制されている。警視庁では公安部に所属し、他の道府県警察では警備部機動隊に所属している。

1995年に発生した地下鉄サリン事件や、2001年に発生したアメリカ炭疽菌事件を受けて、警察庁は対策を強化、2000年4月19日、警視庁公安部に「NBCテロ捜査隊」を、6月大阪府警察に「NBC初動措置隊」を発足させ[4]、他の道県警察機動隊にも同種の部隊が設置された。

NBCテロ対応専門部隊の隊員は、扱う物質の特殊性から、陸上自衛隊化学学校(さいたま市)で専門教育を受ける。

装備は、化学防護服化学防護車のほか、化学物質を検知する各種器材や除洗器材などを保有している[3]

また近年、日本各地で「合同テロ対策訓練」が実施されており、NBCテロ対応専門部隊も参加している。この訓練は、関係各機関(消防自衛隊等)と合同で行われている[5]

機動隊化学防護隊[編集]

警視庁では公安部にNBCテロ対応専門部隊を設置しているが機動隊の中にも化学防護隊を編成して、テロや化学事故に対応している。

1994年に発生した松本サリン事件の教訓から、警視庁では化学テロの再発に備え、一部の機動救助隊に、化学防護服や化学分析器(携帯用)を装備し、訓練を行った。

1995年地下鉄サリン事件が発生した際は、訓練を受けた部隊の一部が出動している。その後、同年に化学防護隊として正式に発足した。化学防護隊の隊員は、陸上自衛隊化学学校で指導を受けている。

警視庁の特科車両隊、第一機動隊、第八機動隊、第九機動隊などに設置されており、隊員は機動救助隊を兼務している。

装備[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成26年版警察白書 英訳版 Chapter 6 Maintaining Public Safety and Disaster Countermeasures 50
  2. ^ 警察庁 平成26年版警察白書、第6章第1節第2項に記載。
  3. ^ a b c 警察庁編、警察の集団警備力 「平成23年回顧と展望「サイバー攻撃の情勢と対策」」、『焦点』第280号39頁、2012年3月http://www.npa.go.jp/archive/keibi/syouten/syouten280/pdf/ALL.pdf 
  4. ^ ワールドカップ等重大特異事案対策(NBC事案対策の強化)警察庁資料
  5. ^ 例えば消防の合同訓練例 化学テロ対応連携訓練の実施

参考文献[編集]

関連項目[編集]