H&K HK33

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
H&K HK33
HK33A2 Flickr (yet another finn).jpg
H&K HK33
H&K HK33
種類 小銃
製造国 ドイツの旗 ドイツ
設計・製造 H&K
仕様
種別 アサルトライフル
口径 5.56mm
銃身長 433mm
ライフリング 6条右転
使用弾薬 5.56x45mm NATO弾
装弾数 10発、30発、40発(箱形弾倉
作動方式 反動利用方式
全長 920mm
重量 3,900g
発射速度 700発/分
歴史
設計年 1963年
関連戦争・紛争 ベトナム戦争
バリエーション HK33A2
HK33A3
HK33K
HK33SG/1
テンプレートを表示

H&K HK33は、H&K社によって開発されたドイツ小口径アサルトライフルである。

概要[編集]

H&K HK33は、H&K G3をスケールダウンしたうえで5.56x45mm NATO弾を使用できるように再設計されたアサルトライフルである。使用する弾薬が小型ゆえに全体的なサイズや重量がG3よりも小型軽量化され、反動も必然的に少なくなった。弾薬も軽量なので、マガジンの装弾数は30発に増加した。

G3と比べると全長がおよそ10cmほど短く、重量も約600gも軽くなっている。この銃の作動方法はG3と同じ反動利用方式であり、半閉鎖ローラー・ロッキングを使用しているディレイド・ブローバック方式ボルトが組み込まれている。

はじめに開発されたHK33は、アメリカ軍M16同様の5.56x45mm弾を使用できるように設計されている。このHK33の発展型であるHK33Eは同じ5.56mm口径だが、NATOが正式採用しているSS109弾を使用できるように新規で設計された。

固定ストックは、G3同様に金属製の基部・ポリマー製(ライセンス生産品では製の場合もある)の中間部・ゴム製のバットプレートからなるものと、MP5同様にポリマーの一体成型のものの2種類が存在する。

グループ2(HK33系のこと)のトリガーグループとストックはG3系サブマシンガンのMP5シリーズと互換性を持っている。

バリエーション[編集]

HK33
基本型。
HK33A2
固定ストックを装備。
HK33A3
金属製の伸縮式ストックを装備。
HK43
民間向けHK33。ごく短期間で生産が終了し、小改良を加えたHK93が主に流通した。
HK33K
バレルを切り詰めて全長を短くしたカービン
HK33SG/1
命中精度を上げ、光学スコープと専用トリガーグループ、および二脚を取り付けて狙撃銃風に改造したモデル。しかし、厳密な意味での狙撃銃ではない。
HK13
マガジン装填式軽機関銃
HK23
ベルト給弾式汎用機関銃アメリカ軍のトライアルにおいてM249軽機関銃に敗れた。
HK53
サブマシンガンサイズに切り詰めたモデル。
GRシリーズ(照準器を固定式スコープに置き換え)
GR2(HK53)
GR3(HK33)
GR6(HK13)
GR9(HK23)
外国製
T223
アメリカのH&R Firearms社がライセンス生産したHK33。
T43
トルコのMKE社がライセンス生産したHK33A2。
T50
トルコのMKE社が独自に開発したもの。独自のハンドガードと半透明マガジン、およびM4カービン同様の伸縮式ストック、ピカティニー・レールを装備している。
T12
トルコのMKE社が独自に開発した狙撃銃風のもの。HK33のバレルを延長してリアサイトを取り外し、PSG1のストックとピカティニー・レール付きのハンドガードを装備している。
PK8
パキスタン・オーディナンス・ファクトリー社製のG3A3ベースのもの。G3A3の装填口に新設計部品を付け、HK33用マガジンが使えるようにしている。
BA-11
ミャンマーがライセンス生産したもの。ストックやグリップ、ハンドガードが製になっている。
BA-12
ミャンマーが独自に開発した軽機関銃。BA-11に二脚と短いハンドガードを取り付けたもの。
11式
タイ製。HK33をブルパップ化したもの。アイアンサイトがM16タイプになっており、ステアーAUGタイプのバーティカル・フォアグリップが付いている。

使用国[編集]

HK33で武装するタイ軍
HK33を装備するトルコ陸軍パトロール

登場作品[編集]

漫画[編集]

こちら葛飾区亀有公園前派出所
悪魔がやってきた!の巻に登場。

ゲーム[編集]

レインボーシックス シージ
SASのサッチャーが使用。

関連項目[編集]