エンド・オブ・キングダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エンド・オブ・キングダム
London Has Fallen
London Has Fallen Logo.png
監督 ババク・ナジャフィ英語版
脚本 クレイトン・ローテンベルガー
カトリン・ベネディクト
クリスチャン・グーデガスト英語版
チャド・セント・ジョン
原案 クレイトン・ローテンベルガー
カトリン・ベネディクト
製作 マーク・ギル英語版
ジョン・トンプソン
マット・オトゥール英語版
レス・ウェルドン
ジェラルド・バトラー
アラン・シーゲル英語版
製作総指揮 アヴィ・ラーナー
トレヴァー・ショート
ボアズ・デヴィッドソン
クリスティーン・オータル・クロウ
ハイディ・ジョー・マーケル
ジギー・カマサ
ガイ・アヴシャロム
出演者 ジェラルド・バトラー
アーロン・エッカート
モーガン・フリーマン
アロン・モニ・アブトゥブール英語版
アンジェラ・バセット
ロバート・フォスター
ジャッキー・アール・ヘイリー
メリッサ・レオ
ラダ・ミッチェル
ショーン・オブライアン英語版
ワリード・ズエイター英語版
音楽 トレヴァー・モリス英語版
撮影 エド・ワイルド
編集 ポール・マーティン・スミス
マイケル・ドゥーシー
製作会社 ミレニアム・フィルムズ
G-BASE
配給 アメリカ合衆国の旗 フォーカス・フィーチャーズ/グラマシー・ピクチャーズ英語版/
世界の旗 ライオンズゲート
日本の旗 ショウゲート
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年3月4日
日本の旗 2016年5月28日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $60,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $62,524,260[1]
世界の旗 $205,754,447[1]
日本の旗 1億4600万円[2]
前作 エンド・オブ・ホワイトハウス
次作 Angel Has Fallen
テンプレートを表示

エンド・オブ・キングダム』(原題: London Has Fallen)は、2016年アメリカ合衆国アクション映画2013年の映画エンド・オブ・ホワイトハウス』の続編。

あらすじ[編集]

アメリカ合衆国は、世界各国でテロを扇動している武器商人のアミール・バルカウィに対するドローン攻撃を行った。

2年後、ベンジャミン・アッシャー大統領のシークレットサービスであるマイク・バニングは、妻レアの出産を前に、危険な今の仕事を辞めようと考えていた。そのおり、イギリス首相のジェームズ・ウィルソンが急逝したとの一報が、ホワイトハウスに入る。大統領は他の主要国首脳も参列する葬儀に出席するため、アメリカ合衆国シークレットサービスのマイク・バニング、シークレットサービス長官のリン・ジェイコブズと共にロンドンへ渡る。

厳重な警戒体勢が敷かれているロンドン。葬儀会場のセント・ポール大聖堂に向かっていたカナダ首相とその妻を乗せた車が、突如、爆発した。それと同時に、他の首脳たちも、警官や近衛に紛れていたバルカウィの手下らによって一斉に攻撃を受ける。一方で、バニングとジェイコブズは大統領を守って、セント・ポール大聖堂から車で逃走する。追跡してくる敵と銃撃戦を繰り広げた末、大統領専用ヘリコプターに乗り込み、空港へと向かう。

テロリストの攻撃によりロンドン中心部は停電となり、通信機能もダウンした。大統領を乗せ、ロンドン上空を飛行していたヘリコプターが、ビルの屋上にいたテロリストから、スティンガーミサイルによる攻撃を受ける。ヘリコプターは墜落し、ジェイコブズは致命傷を受けて死亡した。バニングと大統領は追っ手の追跡を受けながら、ロンドン地下鉄チャリングクロス駅へと逃げ込む。

ホワイトハウスにバルカウィからの脅迫メッセージが届く。また、死亡した英国首相の検死の結果、体内から毒物が検出され、その死は、ロンドンに世界の指導者たちを集めるための罠であったことが判明する。バニングと大統領は、MI6のエージェントであるジャクリーン・マーシャルの隠れ家に到着した。彼らは、隠れ家に救出チームが向かっているという、トランブル副大統領からのメッセージを受信する。

セキュリティカメラが武装した人影を映した。しかし、バニングは、彼らが大統領を救出しにきたデルタフォースではなく、テロリストであることに気づく。ジャクリーンはテロリストに通じている内部協力者を突き止めるために、スコットランドヤードへ向かった。バニングと大統領は、車に乗って米国大使館に向かうが、テロリストによって運転されていたゴミ収集車に衝突され、大統領はテロリストに拉致されてしまう。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

製作[編集]

スタッフ[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c London Has Fallen (2016)” (英語). 2017年1月11日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報 2017年3月下旬号』p.80

外部リンク[編集]