STANAG マガジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
左が20発用、右が30発用

STANAG マガジン(STANAG 4179-compliant firearm magazines)は、NATOが1980年10月に提案した5.56×45mm弾用着脱式弾倉である。

概要[編集]

NATO加盟国間で小銃弾薬マガジンを共通化することで、歩兵レベルの共同作戦を容易にする目的で提案された。原型はアメリカ合衆国M16用弾倉で、現在では5.56×45mm弾とともにNATO加盟国以外の国でも広く採用されている。

20発用、30発用だけでなく、40発用、60発用や100発用の複々列弾倉、あるいはベータ C-MAG(100発用)のようなドラムマガジンも開発されている。

使用銃器一覧[編集]

STANAG マガジンを採用した小銃(イタリア軍、ベレッタAR70/90)
弾を装填したSTANAGマガジン
クリップを使ってSTANAGマガジンに弾を装填する兵士
ベータ C-MAGの断面図
ベータ C-MAGの断面図(残弾無し)


関連項目[編集]