FN SCAR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
FN SCAR
FN SCAR-L - FN SCAR-H.jpg
SCAR-L(5.56×45mm)とSCAR-H(7.62×51mm)
FN SCAR
種類 軍用小銃
製造国
設計・製造 FNハースタル
仕様
種別 カービン
口径
  • 5.56 mm
  • 7.62 mm
銃身長
SCAR-L
SCAR-H
ライフリング
  • 6条右転 (5.56 mm)
  • 4条右転 (7.62 mm)
使用弾薬
装弾数 20発/30発(箱型弾倉
作動方式 ガス圧利用(ショートストロークピストン式)、ロータリーボルト
全長
SCAR-L
short
533.4 mm(ストック折畳み)
723.9 – 787.4 mm(ストック展開)
standard
635 mm(ストック折畳み)
825.5 – 889 mm(ストック展開)
long
736.6 mm(ストック折畳み)
927.1 – 990.6 mm(ストック展開)
SCAR-H
short
635 mm(ストック折畳み)
825.5 – 889 mm(ストック展開)
standard
711.2 mm(ストック折畳み
901.7 – 965.2 mm(ストック展開)
long
812.8 mm(ストック折り畳み)
1,003.3 – 1,066.8 mm(ストック展開)
重量
SCAR-L
  • 3,040 g (short)
  • 3,290 g (standard)
  • 3,490 g (long)
SCAR-H
  • 3,490 g (short)
  • 3,580 g (standard)
  • 3,720 g (long)
発射速度 550 – 600発/分
銃口初速
  • SCAR-L: 870 m/s
  • SCAR-H: 714 m/s
有効射程
SCAR-L
  • 300 m (short)
  • 500 m (standard)
  • 600 m (long)
SCAR-H
  • 300 m (short)
  • 600 m (standard)
  • 800 m (long)
歴史 
配備期間 2009年4月[2] – 現在
関連戦争・紛争
テンプレートを表示

FN SCAR(FN スカー:FN Special operations Forces Combat Assault Rifle[3]:特殊部隊用戦闘アサルトライフル)は、ベルギー銃火器メーカーであるFNハースタル社がアメリカ特殊作戦軍(以下SOCOMと表記)向けに開発したアサルトライフルである。

概要[編集]

SCARは、2003年に行われたSOCOMトライアルのために開発され、ロビンソンアーマメント英語版社のXCR英語版と共に参加していたが、XCRが部品調達の遅れによりトライアルから脱落し、結果SCARが選定された。

その後、2005年にはアメリカ陸軍ヘッケラー&コッホH&K XM8を次期制式アサルトライフルとして発表したが、M16の製造元であるコルト社がロビー活動を展開、アメリカ海兵隊SOCOMが猛反発して白紙となり、SOCOMはSCARを大量に購入してトライアルすることとなった。イラク戦争アフガニスタン紛争に投入されている軍やDEA特殊部隊が使用しており、高い評価を得ている。

2009年4月に600挺のSCAR-Lが第75レンジャー連隊に配備された。

2010年5月SOCOMがMK16 (SCAR-L) およびMK17 (SCAR-H)、MK13 (FN40GL) の購入を正式に決定した。しかし、後日SOCOMはMK16の購入をキャンセルした[4]。現在はMK17、狙撃手支援小銃としてMk.20 SSRを使用している。

2011年12月アメリカ海軍はMK16、MK17、MK20、MK13 EGLM、並びに機材保守サービスの追加調達を発表した[5]

アメリカ軍以外の動向は以下の通り。

ベルギー軍でAimpoint社製ドットサイトと共にSCAR-Lが導入されており将来的にFN FNCを置き換える予定である。なお、ベルギー軍に導入されているものは銃身長が14インチでありSCAR特有の大型のフラッシュハイダーではなくより小型のフラッシュハイダーを装備する。

フランス陸軍は、近年急速に小火器の刷新を進めているが、新たにセミオート狙撃銃 (FPSA) として、FN社のSCAR-H PR 7.62×51mm小銃を2,600丁採用すると、2020年1月に報じられた。「PR」は精密射撃仕様を指し、SCAR-H PRは分隊の行動をサポートする、いわゆるDMR(選抜射手小銃)として採用される。

セミオート狙撃銃選定は2018年8月頃から行われており、当初はH&K社のHK417や、Verney-Carron社のVCD-10、PGM社、シグ社なども候補となっていたようだ。しかし生産キャパシティ問題や調達価格、そしてアメリカ資本・製造の企業ではITARによる輸出規制などの問題があり、ベルギーのFN社に決定したと言われている。

昼間用光学機器としてシュミット&ベンダー社の1-8×24 PM II Dual CCが、Era Tac社の20MOAマウントを介して取り付けられる。サイレンサーはB&T社のRotex-Vが採用された。また、クリップオンサーマルサイトとして、ベルギー・OIP Sensor Systems社のTIGRIS-IRも同時に採用された。

特徴[編集]

モジュラーライフルとして設計されたSCARには5.56x45mm NATO弾7.62x51mm NATO弾を使用するモデルが存在するが、多くのパーツに互換性を持たせている[4]。新しい口径弾丸が開発されたとしても最小限の改良で対応できる。

アッパーレシーバーはアルミ合金[6]、ロアレシーバーは樹脂製である[7]。マガジンウェルとグリップはM16と同形状とし使用感を近づけている[7]

作動機構はガス圧利用方式だが、M16リュングマン式を採用したのに対し、SCARはショートストロークピストン式となっている[7]。ガス調整弁を備えており、サプレッサーの使用時や、作動不良時に調節する[8][9]。弾薬を撃ち尽くすとボルトキャッチによりボルトは後退位置で保持され、マガジンリリースレバー上に設置されたボルトリリースレバーを操作することで解放される[10]

アッパーレシーバー上部とハンドガードにはピカティニー・レールが標準装備されており、各種アクセサリーが取り付け可能である[11]。加えて、フリーフローティングバレル(ただし、下面レールのみバレルに直接取り付けてある)や、折り畳み式フロントサイト[12][13]、高さ調節まで行えるチークパッド[14][13]によって、ストレスなく射撃を行える。他にも、マガジンキャッチやセレクターは左右両方から操作でき、チャージングハンドルは左右に付け替え可能である[15][13]

初期はFDEカラーはなく、TANのバリエーションが存在していたが、現在のカラーリングはブラックとFDE(フラットダークアース)の2種類のみである。

また、M203 グレネードランチャーの後継としてFN F2000用のGL1をベースとした専用のFN40GL (MK13) 40 mmグレネードランチャー (EGLM) も併せて開発された[16]。このランチャーはM320のように銃身を横に向ける動作を加えたため、より全長の長い弾薬を使用できるようになった[16]。更にトリガーグループはマガジンを迂回してライフル本体のトリガーの真下に配置されており、引き金を引く側の手の中指でランチャーの発射が行えるようになっている。

テスト[編集]

2007年7月にメリーランド州アバディーン試験場において、M4カービンH&K XM8H&K HK416M4カービンの近代改良型)を多量の埃がある環境で6,000発発射する品質テストが実施された。この試験では各モデルを10丁用意して1丁につき6,000発、1モデルあたりにして60,000発が発射された。

テストにおいて、SCARは226回の排莢不良を起こし、127回しか起こさなかったXM8に敗北した。一方、M4は882回、HK416は233回であった。 もっとも、このテストはM4カービンの近代改良の有用性についての実験であり、SCAR等の採用テストとして行われたものではない。

バリエーション[編集]

SCAR-L (Light)
5.56x45mm NATO弾仕様。通称MK16
SCAR-H (Heavy)
7.62x51mm NATO弾仕様。通称MK17また、現在導入が検討されている6.5mmクリードモア弾や.260 Remington弾にもモジュール交換だけで即座に対応できるように設計されている。
IAR (Infantry Automatic Rifle)
5.56x45mm NATO弾仕様の分隊支援火器アメリカ海兵隊のIARプロジェクトに参加したモデル。
HAMR (Heat Adaptive Modular Rifle)
IARの改良型。薬室の温度によって、命中精度の高いクローズド・ボルトと銃身の冷却効果が高くコックオフが防止できるオープンボルトを自動的に切り替える。
SCAR 16S/17S
SCAR-L/Hの民間用セミオートバージョン。両方とも16.25インチの銃身を持つ。16Sの値段は1丁2,994ドル[17]
SCAR-H PR (Precision Rifle)[18]
SCAR-H TPR (Tactical Precision Rifle)[18]
7.62x51mm NATO弾仕様のマークスマンライフル[18]。通称MK20。
SCAR-L Mk 16 PDW
5.56x45mm NATO弾仕様のPDW

画像[編集]

登場作品[編集]

FN SCARの登場作品を表示するには右の [表示] をクリックしてください。

映画・テレビドラマ[編集]

24 -TWENTY FOUR-
シーズン8、23話「14:00 - 15:00」と24話「15:00 - 16:00」に登場。
主人公、ジャック・バウアーがAdvanced Armament社製BLACKOUT フラッシュサプレッサーテレスコピックサイト、フォアグリップバイポット、レーザーデジグネータ装着のSCAR-Lを使用。
96時間/レクイエム
オレグがMicro T-1 レッドドットサイトを装備したSCAR-Lを使用。また、ハンドガード部分とマガジンに複数の予備弾倉をベルトで括り付けている。
CSI:科学捜査班
第12シーズン9話「殺人兵器」に登場。隠し部屋の壁に掛けてある。
G.I.ジョー バック2リベンジ
SCAR-L・SCAR-Hが登場。デューク、レディ・ジェイ、フリント、ジョー・コルトン司令官が使用。
Micro T-1 レッドドットサイト・Magpul AFG グリップ・AN/PEQ-15 レーザーモジュール・Magpul Eマグなどのアクセサリーが装着されている。
Hawaii Five-0
陸軍(シーズン1)やネイビーシールズ(シーズン5)がSCAR-Lを使用。ネイビーシールズのSCAR-LにはEOTech ホロサイト、レーザーデジグネータ、Mk.13 Mod.0 グレネードランチャーが装着されている。
インセプション
アーサーがACOGスコープ装着のSCAR-Lを使用する。
オール・ユー・ニード・イズ・キル
アメリカ統合防衛軍の兵士たちが着用する機動スーツの右手部分にSCAR-Hが固定されている。
サボタージュ
グラインダーとトライポッドがSCAR-Hを武装勢力との銃撃戦に使用。銃のアクセサリーにAN/PEQ-15とMicro T-1 レッドドットサイトが装着されている。
猿の惑星: 新世紀
マルコムがSCAR-Hを使用。ACOGスコープ、フォアグリップ、AN/PEG-15 レーザーデジグネータ、タクティカルライトが装着されている。
ダイ・ハード/ラスト・デイ
主人公、ジョン・マクレーン刑事チェチェン人の車のトランクに積んであったSCAR-H CQCを車ごと奪う。EOTech ホロサイト、タクティカルライト、Magpul RVG バーティカルグリップ、AN/PEQ-15が装着されており、チェルノブイリ原子力発電所での戦闘で使用する。
トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
NESTのメンバーがSCAR-Lを使用。EOTech 553 ホロサイト・AN/PEQ-15 ATPIAL・PMAGおよびフロントグリップが装着されている。
バーン・ノーティス 元スパイの逆襲
シーズン4、8話「誘拐」でマット・リースの刺客がSCAR-Lを使用。
ワイルド・スピード EURO MISSION
ジゼル・ヤシャがSCAR-L CQCを使用。Mk.13 Mod.0 グレネードランチャーが装着されている。

漫画・アニメ[編集]

亜人
対亜人特選群隊員が使用。標準装備としてACOG麻酔銃がレール部分に装着されている。入間基地の地下における戦闘では隊員の一人が狙撃に使用し、64式7.62mm小銃を乱射するゲンの射殺に成功する。
Charlotte
第9話に登場する超能力者研究施設の警備員がSCAR-LをH&K MP5とともに使用する。
バレルの短いCQCタイプが登場するが、フロントサイトがハンドガード上方のレール部分に装着されているほか、オリジナルの伸縮式ストックモデルのほかにスケルトンタイプのストックが装着されたものが登場している。
ヨルムンガンド
シーズン2第3話(15話)「Dance with Undershaft phase.」で、CIAのヘックスがアールとの戦闘にマグプルPMAGと光学照準器、グリップ、タクティカルライトを装着したSCAR-L(CQCモデル)を使用。
シーズン2第10話(22話)「NEW WORLD phase.3」でアメリカ海軍特殊部隊ナイト・ナイン隊員がEOTech ホロサイトとグリップを装着したSCAR-Lを使用。
ダーウィンズゲーム

ゲーム[編集]

Alliance of Valiant Arms
EUROで購入できるアサルトライフルとして、ショップにて販売。
ARMA 2
拡張パック「Operation Arrowhead」で、アメリカ陸軍の主装備としてSCAR-L・SCAR-Hが登場。
BulletForce
「SCAR-H」が登場。
HOME FRONT
SCAR-L・SCAR-H LMGが登場。
Left 4 Dead 2
アサルトライフル系上位武器「コンバットライフル」として登場。実銃と異なり装弾数は60発と多いが、3点バーストに固定されている。
MASSIVE ACTION GAME
SCAR-Lが「SFCR LW」、SCAR-Hが「SFCR HW」として登場。
OPERATION7
SCAR-L・SCAR-Hが登場。
Operation Flashpoint: Dragon Rising
アメリカ海兵隊陣営で使用可能なアサルトライフルとしてSCAR-Lが「Mk16 Mod0」の名称で、SCAR-Hが「Mk17 Mod0」の名称で登場する。カスタマイズはそれぞれ異なっており、SCAR-Lはエイムポイント社製ドットサイトグレネードランチャーを装着したアサルト仕様とサプレッサーを装着したステルス仕様を、SCAR-HはACOGAN/PEQ-2 レーザーサイト、フォアグリップを搭載したマークスマン仕様とAN/PAS-13を搭載した夜間任務仕様をそれぞれ選択可能。
『OPERATION GHOST』
セミオート、3点バースト、フルオートの3段階の切替式のアサルトライフルと、フルオートのヘビーマシンガンの2種類で登場。いずれもマガジン内弾数が24発。2種類の箱を破壊する5発・10発、クリティカルショット(ヘッドショット、もしくは武器を狙撃)でのセミオート時2発、3点バースト時1発とフルオート弾の補充方法が異なる。
Tom Clancy's the Division』シリーズ
アサルトライフルとしてSCAR-L、マークスマンライフルとしてSCAR-Hが登場。
PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS
SCAR-Lが登場。
SOCOM: U.S. Navy SEALs Portable
SCAR-L・SCAR-Hがアサルトライフルおよび戦闘ライフルとして登場。また、表記名はSCAR-Lが「SFCR LW」、SCAR-Hが「SFCR HW」となっている。
クロスファイア
SCAR-L・SCAR-Hが登場。
コール オブ デューティシリーズ
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2
TF141のメインアームの1つとして第二世代のSCAR-Hが登場しており、リマスター版では第三世代のSCARになっている。
とあるミッションでは所持していたM4カービンの弾が切れたラミレスに対してSCAR-Hを所持しているフォーリー軍曹がSCAR-Hの弾倉を渡すというシーンが存在する(SCAR-Hは7.62mm弾を使用するのに対してM4カービンは5.56mm弾を使用するため、疑問が持たれることもあるが、米陸軍兵士の規定(2011年現在)として、必ず5.56mmx45弾を2セット所持していなければならないとあるため、決して間違った表現ではない。装着できるグレネードランチャーはM203になっている。
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3
SCAR-Lが登場。装着できるグレネードランチャーはM320になっている。
コール オブ デューティ ブラックオプス2
アサルトライフルとしてSCAR-Hが、ライトマシンガンとしてHAMRが登場が、厳密にはHAMRはSCAR-Hにドラムマガジンを装着したものであり、実銃とは異なる。
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア
ストーリー、マルチプレイ、COOPモードにてアサルトライフルとしてSCAR-Hが登場。ストーリーでは何故かロシア軍の武器庫で拾える他、最終ミッションではカイルが持っている。マルチプレイとCOOPモードではプレイヤーレベルの47から持てる。CoDシリーズでは初めて専用のFN40GLが装着でき、また二脚付のフォアグリップも装着が可能になった。

また、本作のデザインは版権回避のためかAR-15の要素を足したデザインになっている。

スペシャルフォース2
SCAR-H・SCAR-Lともにメイン武器として登場。SCAR-HはH&K MP7とともに、初期の武器として選択が可能。
ドールズフロントライン
今まではストーリー内で名前の登場でしばらくビジュアルも不明の状態であったが、中国での5周年イベントのパネル展示にてSCAR-LとMk20SSRのデザインが存在していることが判明した。現在はまだ未実装である。
ハイドアンドファイア
突撃銃カテゴリーにSCAR-Hと狙撃銃カテゴリーにSCAR-PRという名でSCAR-SSRが登場する他には機関銃カテゴリーでhamrが登場するが全くの別物である
バトルフィールドシリーズ
BF2
特殊兵の装備として初期型のSCAR-Lを使用可能。
BFBC
特殊兵クラスでSCAR-L CQCが使用可能。サプレッサー標準装備。
BFBC2
工兵クラスでSCAR-Lが使用可能。ACOGなどの光学照準器が装備できる。
BF3
SCAR-Lがアサルトライフル、SCAR-Hがカービンライフルとして登場。両方とも初期モデルであるが、アイアンサイトのデザインが微妙に異なり、フレームのネジが省略されている。
BF4
SCAR-Hがアサルトライフル、SCAR-H SVがマークスマンライフルとして登場。なぜかSCAR-H SVは実在のSSRモデルではなく、メダル・オブ・オナー ウォーファイターから流用したMk18のハンドガードのモデリングが流用されており、逆さに取り付けられている。前者はキャンペーンの主人公、レッカー軍曹の愛銃でもある。
BFH
メダル・オブ・オナー ウォーファイター
デモリションのクラスでMk.16 PDWが使用可能であり、キャンペーンのみSCAR-Hが使用可能。
メタルギアソリッド4
「Mk.17」としてSCAR-H CQCが登場。
レインボーシックス シージ
Navy SEALs隊員「BLACK BEARD」の装備として「Mk 17 CQB」の名称で登場。
Fortnite
「アサルトライフル」としてキャラクターが装備。出現率が通常のアサルトライフルと違い低い。通常のアサルトライフルは「M16自動小銃」となっている。
surviv.io
SCAR-Hが登場。一部のイベント限定でMK20 SSRも登場する。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 床井 2020, p. 104.
  2. ^ Matthew Cox (2009年5月14日). “75th Rangers will take SCAR to war”. Army Times. http://www.armytimes.com/news/2009/05/army_scar_051109w/ 2010年3月7日閲覧。 
  3. ^ 床井 2020, p. 102.
  4. ^ a b Morohoshi 2021, p. 71.
  5. ^ [1]アメリカ海軍懇請書 N0016412RJN25
  6. ^ Morohoshi 2021, p. 73.
  7. ^ a b c 床井 2020, p. 108.
  8. ^ 床井 2020, pp. 108–109.
  9. ^ Morohoshi 2021, pp. 75, 79, 83–84.
  10. ^ 床井 2020, pp. 111–112.
  11. ^ 床井 2020, pp. 106–107.
  12. ^ 床井 2020, pp. 110–111.
  13. ^ a b c Morohoshi 2021, p. 75.
  14. ^ 床井 2020, p. 112.
  15. ^ 床井 2020, pp. 107–109.
  16. ^ a b 床井 2020, p. 106.
  17. ^ 月刊Gun 2010年5月号
  18. ^ a b c 床井 2020, pp. 104–105.

参考文献[編集]

  • 床井, 雅美「FN SCAR バリエーション」『Gun Professionals』、ホビージャパン、2020年1月、 102-113頁。
  • Morohoshi, Etsuo「FNH SCAR 16S」『Gun Professionals』、ホビージャパン、2021年2月、 70-85頁。

外部リンク[編集]