M79 グレネードランチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コルト M79 グレネードランチャー
M79 グレネードランチャー
コルト M79 グレネードランチャー
概要
種類 擲弾銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 コルト・ファイヤーアームズ
スプリングフィールド造兵廠
性能
口径 40mm
銃身長 356mm
ライフリング 6条右回り
使用弾薬 40x46mm
装弾数 1発
作動方式 中折式単発
シングルアクション
全長 737mm
重量 2,720g
銃口初速 76m/s
有効射程 150m
テンプレートを表示

M79 グレネードランチャーは、40mm擲弾銃の一種である。

概要[編集]

大口径散弾銃のような外観で、40x46mm榴弾・対人榴弾・発煙弾・散弾・フレシェット弾焼夷弾などを射撃できる。暴動鎮圧用に、非致死性の弾薬としてM651催涙弾CSガス)・M1006スポンジ弾・M1029ゴム散弾がある。高低圧理論応用の専用弾のため、反動が抑えられ肩付けでの発射が可能である。

アメリカでは通称「Thump-Gun(サンプ・ガン)」「Thumper(サンパー)」「Blooper(ブルーパー)」と呼ばれ、オーストラリアでは「ウォンバット・ガン」とも呼ばれる。

主にベトナム戦争で使用された。現在は大部分がM203 グレネードランチャーに更新されたが、少数は現役で運用されている。

韓国大宇南アフリカのミルコウが、コピー品を製造している。

構造[編集]

M79は単発・肩撃ち・中折れ方式で、銃身銃床は蝶番で接続されており、40mm擲弾を銃身後部から装填する。手動の安全装置があり、弾薬を装填すると自動的に安全装置がかかるようになっている。トリガーガードは蝶番で横に倒せるようになっており、これは、冬季の手袋の使用などを考慮したものである。

製の銃床で床尾にはゴム製のパッドがあり、射撃時の反動を吸収する。全長およそ74cm、弾丸を装填しても重量3kgほどである。銃身中央に折りたたみ式の照門があり、銃口の照星とあわせて照準し、照準できる距離は最長375mから最短25mの範囲で25mごとに調整できる。

M15照準具と負い紐を併用すれば、仰角40°以上の曲射火器として使用できる。証言によれば、強風でも200mまでの射距離ならば有効な射撃が可能である。

M79の最大の欠点は、単発しかできないということである。つまり、迫撃砲のように短時間に一定地域に多数の砲弾を投射してその地域を制圧する「効力射撃」のような支援は期待できず、射手はしばしば拳銃などの副兵装を持たざるをえない。また、オートイジェクターが付いていないために射手は射撃の度に熱くなった空薬莢チャンバーから引き出さねばならない。

しかし、単発式のため構造が単純であり、故障が少ない。記録上でも、弾そのものに欠陥があった例は多いが、M79自体が損傷した例は極めて少ない。

歴史[編集]

M79を持つ少年兵1968年、ベトナム)

1961年からアメリカ陸軍に導入されている。1971年の製造終了までに約35万丁が生産された。

開発は、1951年からのNIBLICK計画の延長線にある。この計画は、歩兵に随伴した近接支援のために40mmの弾薬を各種の火器射撃し、手榴弾では遠すぎ、60mm迫撃砲では近すぎる(最小射程より近い)50-300mの距離を埋める兵器を開発するものである。

この構想は、M79を経てUGLs(Underbarrel Grenade Launchers, 銃身下擲弾発射機)としてXM148 グレネードランチャーM203 グレネードランチャーに引き継がれていった。

短く軽量であることから、ベトナムの鬱葱とした熱帯雨林での運用に適していた。また、2003年からのイラク戦争では、即席爆発装置の処分にも用いられた。

暴動鎮圧用にゴム弾催涙ガス弾などの非致死性兵器を使用するのに最適であることから、だけでなく警察でも使用されている。

採用した国[編集]

など

登場作品[編集]

外部リンク[編集]