ダイ・ハード/ラスト・デイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダイ・ハード/ラスト・デイ
A Good Day to Die Hard
A Good Day to Die Hard - TruSpeed Porsche 997 GT3 Cup 1500x1000.jpg
監督 ジョン・ムーア
脚本 スキップ・ウッズ
原作 キャラクター創造
ロデリック・ソープ
製作 アレックス・ヤング
製作総指揮 トム・カーノウスキー
ジェイソン・ケラー
ラリー・ウェブスター
ブルース・ウィリス
出演者 ブルース・ウィリス
ジェイ・コートニー
音楽 マルコ・ベルトラミ
撮影 ジョナサン・セラ
編集 ダン・ジマーマン
製作会社 デューン・エンターテインメント
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗日本の旗 2013年2月14日
上映時間 98分(劇場公開版)
102分(最強無敵ロング・バージョン)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ハンガリーの旗 ハンガリー
言語 英語
製作費 $92,000,000[1]
興行収入 $223,106,916
日本の旗 20.6億円[2]
前作 ダイ・ハード4.0
次作 ダイ・ハーデスト(原題)
テンプレートを表示

ダイ・ハード/ラスト・デイ』(北米題:A Good Day to Die Hard)は、ジョン・ムーア監督、ブルース・ウィリス主演による2013年アメリカ映画

初作から25年目、前作から6年ぶりに制作された、シリーズ5作目である。原題は、インディアンの言葉である「死ぬにはいい日だ(="It's a good day to die.")」をもじったもの。 2013年2月7日には香港・シンガポール、そして2013年2月14日には全米・日本などで公開された。

なお、日本ではPG12指定を受けている。

概要[編集]

ジョン・マクレーンの息子、ジャックが初登場する。前作に引き続いて娘のルーシーも登場する。親子の絆を前面に打ち出した作品となっている。 モスクワで殺人を犯し逮捕された息子のジャックに会いに行ったマクレーン刑事が、ロシアの政治家の陰謀に巻き込まれ、父子で活躍する、というストーリーである。前作で娘のルーシー役で出演したメアリー・エリザベス・ウィンステッドは、当初は「自分は出演しないと思う」と語っていた[3]ものの、のちに出演する事が発表された。また、当初はコール・ハウザー演じるコリンズが悪役であるという報道もされていた[4]が、実際はジャックの相棒役である。

キャッチコピーは、「運の悪さは、遺伝する。」。

ストーリー[編集]

ニューヨーク市警察ジョン・マクレーンは、音信不通だった息子ジャックが、モスクワで殺人事件を起こして身柄を拘束されたことを知る。マクレーンは娘ルーシーに見送られモスクワへと渡る。ジャックが出廷する裁判所にやってきたマクレーンだったが、裁判所は突如爆破され、混乱の中、逃げ出してきたジャックと再会する。だが、ジャックはマクレーンを突き離し、裁判の証人として出廷していた政治犯コマロフを連れて車で逃走する。実はジャックはCIAスパイであり、コマロフを救出する任務を負っていたのだった。コマロフはロシアの大物政治家チャガーリンの犯罪の証拠を握っており、チャガーリンの謀略によって政治犯として捕らえられていた。ジャックから、チャガーリンの犯罪の証拠となるファイルと引き換えにアメリカへの逃亡を持ちかけられたコマロフは、娘イリーナも同行させるよう求める。コマロフを連れ、イリーナと待ち合わせしたホテルに赴いたジャックとマクレーンだったが、イリーナはコマロフを裏切り、チャガーリンの部下アリクとともにコマロフを拉致し、ヘリコプターで逃げ去った。ジャックとマクレーンは、コマロフの持つファイルが保管されているチェルノブイリへと向かう。チャガーリンの過去の犯罪とは、核燃料である濃縮ウランの横流しであり、チェルノブイリ原発事故はそれが原因で起こったのだという。チェルノブイリで金庫を開いたコマロフだったが、そこにあったのはファイルではなく、大量の濃縮ウランだった。コマロフ父娘の目的は、この濃縮ウランを転売して大金を得ることであり、一連のでき事は全てコマロフの筋書きだった。用済みとなったアリクを射殺したコマロフはイリーナとともに逃亡を企てるが、駆けつけたジャックとマクレーンによって阻止され、コマロフはイリーナの操縦するヘリコプターのテールローターに巻き込まれ、イリーナはヘリコプターもろとも墜落し、ともに死亡する。無事にアメリカに帰国したマクレーンとジャックは、ルーシーに暖かく迎えられた。

キャスト[編集]

ジョン・マクレーン刑事(ブルース・ウィリス
本作の主人公で、ニューヨーク市警察勤務のベテラン刑事(アメリカ国外での活躍を見せるのはシリーズ初である)。休暇を使ってジャックに会うためにロシアを訪れるが、「ついてない男」を国外でも発揮することになる。
ジャック・マクレーンジェイ・コートニー
マクレーンの息子で、ルーシーより2歳年下の弟。CIAに所属した後はコマロフを保護するために3年前から現地に潜入しており、その間は作戦遂行のために音信不通として連絡を絶ち続ける。その後、コマロフを救出するための作戦としてモスクワで殺人事件を起こし、逮捕されて「コマロフに指示された」と証言するが、後にそのコマロフの策略に嵌められていたことを知り、偶然再会した父であるマクレーンと共に事件解決に向かう。
ルーシー・マクレーンメアリー・エリザベス・ウィンステッド
マクレーンの娘で、ジャックより2歳年上の姉。長らく父とは断絶状態だったが、今作ではアメリカを発つ彼を見送るなどの前作の和解以降は良好な関係を保っている。
ユーリ・コマロフ(セバスチャン・コッホ
ロシアの元大物政治家。かつてチャガーリンと組んでチェルノブイリで濃縮ウランの横流しをしていたが、チャガーリンの裏切りにより逮捕されて刑務所に収監される。その後、チェルノブイリに保管してある濃縮ウランを再び手に入れる為に架空のファイルの存在をチラつかせ、CIAとチャガーリンを利用して刑務所から逃げ出す。その後は計画通りに濃縮ウランを手に入れると娘のイリーナと共に本性を現し、アリクとチャガーリンを始末して逃亡を企てるが、ジャックとの格闘の末に屋上から突き落とされ、運悪くイリーナの操縦するヘリコプターのテールローターに巻き込まれて死亡する。
イリーナ(ユーリヤ・スニギル)
コマロフの娘。父と共謀して濃縮ウランを手に入れる事を目論んでおり、その計画の一環として金のために父を裏切ってチャガーリンに協力した上でアリクと共に父を拉致するという演技を行うが、後に本性を現す。その後は駆けつけたマクレーン親子によって計画を阻止され、更には父も死亡したことで激昂してマクレーン親子を道連れにしようとヘリコプターごとビルに突っ込むも失敗し、そのまま爆死した。
アリク(ラシャ・ブコヴィッチ)
チャガーリンの手下。ダンサーを目指していたようで、マクレーン親子の前でタップダンスを披露する場面もある。チャガーリン共々コマロフの策略に嵌まってしまい、目的地に着いた直後にコマロフによって射殺される。
マイク・コリンズ(コール・ハウザー
ジャックの相棒。ジャックと共にコマロフ救出の任に当っていたが、ジャックがコマロフを保護して隠れ家に戻った後はアリク達の襲撃に遭って射殺された。
マーフィー(アマウリー・ノラスコ
マクレーンの同僚刑事。休暇を取ろうとするマクレーンを気遣う。
ヴィクター・チャガーリン(セルゲイ・コルスニコフ)
ロシアの大物政治家。かつてコマロフと組んでチェルノブイリで濃縮ウランの横流しをしており、その際にコマロフを裏切った。その後、濃縮ウランの入手を目論むコマロフの策略に嵌まって利用されてしまい、その事をコマロフによって知らされた直後に、彼が送り込んだ暗殺者によって絞め殺された。

日本語吹替[編集]

役名 俳優 日本語吹替
劇場公開版 吹替の帝王
ジョン・マクレーン ブルース・ウィリス 中村秀利 樋浦勉
ジャック・マクレーン ジェイ・コートニー 野沢聡
ユーリ・コマロフ セバスチャン・コッホ 伊藤和晃
ルーシー・マクレーン メアリー・エリザベス・ウィンステッド 園崎未恵
イリーナ ユーリヤ・スニギル 加藤忍
アリク ラシャ・ブコヴィッチ 関俊彦
コリンズ コール・ハウザー 宮内敦士
マーフィー アマウリー・ノラスコ 落合弘治
チャガーリン セルゲイ・コルスニコフ 金尾哲夫
タクシー運転手 パシャ・D・リンチニコフ 斎藤志郎
その他の声の出演 山岸治雄
水内清光
斉藤次郎
滝知史
石上裕一
志賀麻登佳
永吉ユカ
ふくまつ進紗
佐々木健
水落幸子
勝田晶子
安達貴英
桂一雅
三宅貴洋
山口協佳
長尾雅世
演出 中野洋志
翻訳 戸田奈津子(字幕) 高山美香
録音 菊池悟志
北浦祥子
製作 ACクリエイト
  • 劇場公開版はDVDBDに収録されている。
  • 本作のマクレーンの吹き替えは、テレビ朝日版と前作の劇場公開版で担当していた野沢那智の愛弟子に当たる中村秀利が新たに起用された[5]
  • マクレーンの息子ジャックの吹き替えには、野沢那智の実子である野沢聡が起用されている[5]
  • 吹替の帝王版:2015年12月18日発売「吹替の帝王第11弾ダイ・ハード ラスト・デイ(日本語吹替完全版)」
    • 吹替の帝王版は中村秀利の吹き替えを全て樋浦勉に置き換えた物である。そのため、その他のキャスト吹き替えは劇場公開版、通常ソフト版と同じ物を流用している。

地上波放送履歴[編集]

回数 テレビ局 番組名 放送日 放送時間 放送分数 吹替版 視聴率
初回 テレビ朝日 日曜洋画劇場 2015年2月1日 21:00~23:10 130分 劇場公開版 12.5%
2回 フジテレビ 土曜プレミアム 2017年2月4日 8.2%

撮影[編集]

日米共に2013年の2月14日の公開を予定していた中、撮影に使用する予定だったセットが火災で全焼したことなどから、製作に遅れが発生。公開前月の1月まで撮影が行われていた。そのためアジア圏におけるプロモーションが全てキャンセルとなった[6]。カーチェイスの撮影で使われた車の総額は1100万ドル(約10億円)。使った車は650台。その内132台は廃車処分となり、残り518台も廃車こそ免れたものの相当な修理が必要となった。撮影に使われたメルセデス・ベンツはメルセデス社から撮影用に無償で提供されたものである[7]

邦題はラスト・デイではあるがシリーズ最終作ではない。脚本家ベン・トレビルクックはすでに6作目の脚本の構想があることを発表している[8]

興行収入[編集]

9200万ドルの制作費に対し、アメリカ国内での興行収入は6700万ドルとなり、全米記録としてはシリーズ最低となった。しかし海外では成功し、最終的に3億ドルを越える興行収入となり、これはシリーズ第3位の記録である。

評価[編集]

全体的に評価はあまり高くなく、RottenTomatoesでは199のレビューの中でわずか16%という評価であり、RottenTomatoesの数値としてはシリーズ最低の記録である。

日本の映画雑誌『映画秘宝』が発表した2013年度の映画に対するワーストランキング「HIHOはくさいアワード」では3位と評価された[9]

備考[編集]

  • シリーズ前4作はタイトルが中央にクレジットされていたが、今作は向かって左下にクレジットされた。
  • シリーズ前4作は本編が2時間超であったが、今作は2時間を切った98分である。最強無敵ロング・バージョンであっても102分と2時間を切っている。
  • 今作の舞台はロシアで、シリーズ初の海外である。
  • 本作は、劇場公開版と最強無敵ロング・バージョンの2種類の本編が存在するが、ロング・バージョン本編は劇場公開版にシーンを追加したものと、劇場公開版から削除されてるシーンがいくつか存在する。ロング・バージョンでは、マクレーンの娘・ルーシーの登場シーンが丸ごと削除されているのが一例である。
  • 日曜洋画劇場』放送時には劇場公開版と最強無敵ロング・バージョンを掛け合わせたハイブリッド版が放送された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ A Good Day to Die Hard (2013)”. Box Office Mojo (2013年2月14日). 2013年2月15日閲覧。
  2. ^ 2013年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  3. ^ 『ダイ・ハード』5作目のタイトルと公開日が決定 | 映画ニュース | MTV JAPA
  4. ^ ブルース・ウィリス主演『ダイ・ハード5』に、コール・ハウザーが悪役で登場 | GQ JAPAN
  5. ^ a b 入倉功一 2013年01月28日掲載 声優父子『ダイ・ハード』でバトンタッチ…故・野沢那智さんの息子が吹き替え版出演! - シネマトゥデイ/読売新聞 2013年01月28日掲載 野沢那智さんの息子が「ダイ・ハード」マクレーンの息子の声[リンク切れ]
  6. ^ ブルース・ウィリスの来日がキャンセル 『ダイ・ハード』製作遅れが原因 cinematoday
  7. ^ 【ビデオ】『ダイ・ハード』最新作はカーアクションに約10億円かかり、132台が廃車! exciteNews
  8. ^ 『ダイ・ハード』6作目は東京が舞台? cinematoday
  9. ^ 『映画秘宝』2014年3月号、および2013年最もガッカリしたトホホなダメ映画が決定!映画秘宝はくさいアワード発表!(2014年1月21日)、シネマトゥデイ、2014年1月28日閲覧。

外部リンク[編集]