M120 120mm 迫撃砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イラク戦争でのM120迫撃砲

M120 120mm迫撃砲(M120 120mm mortar)は、イスラエルソルタム社が開発し、アメリカ陸軍で使用されている重迫撃砲である。

概要[編集]

イスラエルソルタム・システムズソルタムK6 120mm迫撃砲ライセンス生産品で、1991年M30 107mm迫撃砲の後継として制式採用された。

M30迫撃砲よりも軽量かつ大威力であり、砲身はM30迫撃砲やフランス120mm迫撃砲 RT海兵隊が採用)と違って、ライフリングの刻まれていない滑腔砲である。M303 サブ砲身を挿入することで81mm迫撃砲弾を使用することもできる。

移動時にはトレーラーに搭載してハンヴィーで牽引するが、120mm迫撃砲 RTと違って砲本体に車輪が付属していない分、移動と設置の準備にやや時間がかかる。

M120には派生型として車載型のM121が存在し、M113装甲兵員輸送車を基にしたM1064英語版と、ストライカー装甲車を基にしたM1129の2種類の自走迫撃砲が開発されている。

M1129には、同じくソルタムで開発された迫撃砲の発射の衝撃を吸収する自動駐退復座システムであるCardomがM121の砲架として採用され搭載されている。

諸元・性能[編集]

M1064 120mm自走迫撃砲
M1129 120mm自走迫撃砲

諸元

  • 重量: 砲本体:144.7kg
  • トレーラー搭載状態:326.1kg
    • M1100被牽引用トレーラー:181kg
  • 砲員数: 5名

性能

  • 有効射程: 200-7,240m
  • 発射速度: 16発/分(最大), 4発/分(通常)

砲弾・装薬


採用国[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]