レミントンMSR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
レミントンMSR
R-MSR.jpg
レミントンMSR
種類 狙撃銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 レミントン・アームズ
年代 現代
仕様
種別 ボルトアクション方式狙撃銃
口径 .300(7.62mm)
.338(8.6mm)
銃身長 20インチ
22インチ
24インチ
27インチ
使用弾薬 7.62x51mm NATO弾
.338ラプア・マグナム
.338ノーマ・マグナム弾
.300ウィンチェスター・マグナム弾
装弾数 5/10発箱型弾倉(7.62mm NATO弾、.338弾)
7発箱型弾倉 (.300 弾)
作動方式 ボルトアクション方式
全長 46 in(120 cm)
36 in (91 cm、銃床折り畳み時)
重量 13 lb (5.9 kg)
銃口初速 841 m/s (7.62mm NATO弾)
1,002 m/s(.338ラプア弾)
890 m/s (.338Norma Magnum弾)
938 m/s(.300Winchester Magnum弾)
有効射程 使用弾薬により異なる
歴史
設計年 2009年
製造期間 2010年-
配備期間 2013年-
テンプレートを表示

レミントンMSRModular Sniper Rifle)は、レミントン・アームズ社製のボルトアクション方式狙撃銃である。

概要[編集]

アメリカ軍からの要請でレミントン・アームズ社が開発したボルトアクションライフルで、2009年に発表となった。「MSR」は"Modular Sniper Rifle"の略称で、モジュラーの名のとおり簡単な作業でレシーバーの部品及び銃身と口径の交換が可能になっている。アメリカ陸軍、及びアメリカ特殊作戦軍にて2013年3月に「Mk-21 PSR(Precision Sniper Rifle)」の名称で79,700,000ドルの契約金のもと、採用となった。

銃床は右に折り畳みが出来るサイドスイング式、チークピースとバットプレートは射手に合わせて調節可能。銃身はハンドガードに接しないフリーフローティング構造、レシーバーは同社のM24を基にしているが、高威力の弾薬を使用できるように構造が強化されている。ピカティニーレールは、レシーバー上部及び軽量化と放熱のための肉抜き穴が多数あるハンドガードの上下左右に装備出来る。又、スコープ等を装着しても7.7kg程しかならず、狙撃銃としては軽量である。

使用国[編集]

出典[編集]

  1. ^ Colombia Special Forces using Remington MSR - Thefirearmblog.com, June 8, 2012
  2. ^ [1] - Página no Facebook do Exército Brasileiro/Brazilian Army Facebook's profile, May 18, 2016

関連項目[編集]

外部リンク[編集]