コルト9mmSMG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
コルト 9mm SMG
Colt 9mm SMG 635 10.JPG
コルトM635(弾倉未装着状態)
コルト 9mm SMG
種類 短機関銃
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 コルト・ファイヤーアームズ
仕様
口径 9mm
銃身長 10.5インチ
使用弾薬 9x19mmパラベラム弾
装弾数 32発
作動方式 ブローバック作動方式・クローズドボルト
全長 730mm(28.9インチ)(銃床展開時)
650mm(25.6インチ)(銃床折畳時)
重量 2.61kg
発射速度 700-1,000発/分
銃口初速 396m/s
有効射程 100m
歴史
製造期間 1982年 -
配備先 アメリカ海兵隊など
テンプレートを表示

コルト9mmSMG(Colt 9mm SMG)は、コルト社がM16小銃を元に設計した短機関銃である[1]

概要[編集]

外見上の特徴はM16小銃のカービン・モデルであるコルト・コマンドーとほぼ一致するものの、いくつかの差異も見られる。最も大きな特徴は9x19mmパラベラム弾を装填する細身の専用の32発箱型弾倉であり、これはウージー・サブマシンガン弾倉をベースに改良を加えたものである。使用弾の変更に伴い排莢口のデフレクタが大きなものに変更されている。また、コルト9mmSMGでは作動方式に標準的なM16系小銃で用いられるリュングマン式ガス圧作動方式ではなく、クローズドボルトブローバック作動方式を採用している。

一方、操作方法などはおおむね従来のM16系小銃と共通している為、M16系小銃を使用した経験があれば新たに複雑な訓練を積む必要がない。アメリカ国内では軍や警察、さらに民間でもM16系の小銃が普及している為、この点は大きなメリットとなる。分解に特別な工具が必要ないというのもM16系小銃と同様である。

派生型[編集]

原型となったM16自動小銃と同様、様々な派生型が存在する。当初、コルト社によって開発されたコルト9mmSMGには、安全/単発/フルオートの3段式セレクティブファイアー・トリガーグループを備えるRO635と、安全/単発/3点バーストの3段式セレクティブファイアー・トリガーグループを備えるRO639の2種類があった[1]。両モデルとも26.7cm長の銃身、コルト・コマンドーやM4カービンと同様の折畳式銃床、M16形式の固定キャリングハンドル、およびA1形式のリアサイト(ただし、50mと100mの切り替え式)を備え[1]、フォワード・アシスト機能を備えない。コルト9mmSMGとして広く流通しているのはRO635であり、刻印される商品名がSMG 9mm NATOに改められているものもある。

RO635の銃身を7インチ (180 mm)まで短縮したRO633と呼ばれるコンパクトモデルも存在する。これはアメリカ麻薬取締局(DEA)で採用された。

現在、コルト社では警察などの公機関向けにRO991およびRO992の販売を行なっている[2][3]。これらはM4カービンと同様、キャリングハンドルが着脱式となり、レシーバー上部およびハンドガードにピカティニー・レールが追加されている。セミオートオンリーのカービンモデルとしてはAR6050AR6951の2種類が製造されており、これらは民間でも所有することができる[2][4]

また、ブッシュマスター社もカーボン15 9mmカービン(Carbon 15 9mm Carbine)の名称で、民間向けに16.1インチのセミオートオンリーカービンを発売している。

主要なコルト9mmSMG
  • RO633 - 短銃身型フルオートモデル。麻薬取締局向け。
  • RO635 - フルオートモデル。制式名称からM635とも呼ばれる。
  • RO639 - 3点バーストモデル。制式名称からM639とも呼ばれる。
  • AR6950 - セミオートオンリー。16.1インチ (410 mm)長の銃身を備える。
  • AR6951 - セミオートオンリー。16.1インチ (410 mm)長の銃身を備える。AR6950とはストックの形状が異なる。
  • RO991 - 新型フルオートモデル。
  • RO992 - 新型3点バーストモデル。

運用[編集]

アルゼンチンの旗 アルゼンチン

アルゼンチン陸軍が使用[5]

バングラデシュの旗 バングラデシュ

ダッカ警視庁SWATで広く運用されている[6]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

アメリカ海兵隊[7][8]および麻薬取締局連邦保安官などの連邦法執行組織で使用されている[9]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Colt Weapon Systems "9mm Submachine gun"”. 2011年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月16日閲覧。
  2. ^ a b Colt 9mm Submachine Gun (SMG)”. 2015年1月16日閲覧。
  3. ^ Colt 9mm Submachine Gun (SMG)”. 2015年1月16日閲覧。
  4. ^ 2015 Colt Product Brochure (PDF)”. Colt. 2015年1月16日閲覧。
  5. ^ Algunas armas utilizadas por el actual Ejército Argentino”. Aquellas armas de guerra. 2014年11月15日閲覧。
  6. ^ Dhaka Metropolitan Police SWAT - Overview”. bdmilitary. 2009年2月22日閲覧。
  7. ^ MSGBN T&R MANUAL (PDF)”. USMC (2006年4月4日). 2012年6月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月19日閲覧。
  8. ^ Modern Firearms - Colt mod.635”. 2015年1月16日閲覧。
  9. ^ Chuck Taylor's ASAA -THE COLT M635 9mm SUBMACHINE GUN”. 2015年1月16日閲覧。

外部リンク[編集]