AR-57

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
AR-57
弾倉のように見えるものは、空薬莢受けである

AR-57は、5.56mm弾を使用するAR-15ライフルM16自動小銃の民間向けセミオート専用型)を、5.7x28mm弾が使用できるように改造したもので、カービンもしくはPDW(Personal Defense Weapon:個人防御火器、短機関銃の一種ともされる)のカテゴリーに分類される自動火器である。

ARファイブセブン (AR Five Seven) とも呼ばれる。

概要[編集]

アメリカ合衆国のラインラントアームズ社(Rhineland Arms,Inc)によって設計され、現在はエアロプレシジョン社(AeroPrecision,Inc)によって製造されている改造キットで、AR-15用のレシーバーキットとして、または組み込み済みの完成品として生産・販売されている。

AR-15のアッパーレシーバー、及び銃身部をAR-15本来のものと交換して5.7x28mm弾を発射できるようにするものである。弾倉はFN P90のものを使い、銃の上部に銃身と並行に装着される。

給弾方法もFN P90同様、上部から給弾される方式となっている。発射後、空薬莢はロアー・レシーバーの前部下方、改造前の5.56mm弾マガジン装着口から排出される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]