モスバーグM500

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モスバーグ M500
Mossberg 500AL.jpg
モスバーグ M500
概要
種類 ショットガン
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
設計・製造 モスバーグ英語版
性能
銃身長 14-40インチ
使用弾薬 12、16、20ゲージ
.410ボア
装弾数 5-8発
作動方式 ポンプアクション
重量 3.3kg-
テンプレートを表示

モスバーグ M500(Mossberg M500)は、アメリカ合衆国モスバーグ英語版社が開発、生産する散弾銃である。

概要[編集]

M7 バヨネットを装備したM590

アメリカ国内では警察・民間と広く使われているショットガンである。唯一USミル・スペシフィケイション(ミル・スペック)MIL-S-3443をパスしたショットガンである。ショットガンでは珍しく銃剣が付けられる。

それぞれの分野に合わせたバリエーションも豊富。日本でも銃砲店で購入可能なものもある。

バリエーション[編集]

M500
基本型。
M505
M510 ミニ
M535
M590
マガジン・キャップがバレル・テイクダウン・リンクを保持しているタイプ。
M500 ブルパップ(マーベリック M88)
M500をブルパップ方式にしたもの。

口径における分類[編集]

  • 500A = 12ゲージ
  • 500B = 16ゲージ
  • 500C = 20ゲージ
  • 500E = .410ボア

採用している国[編集]

2004年イラクラマーディー。M500を装備したアメリカ陸軍の兵士
アイスランド国家警察
マレーシア軍特殊作戦部隊群
オランダ陸軍コマンド部隊 - M590DA1
アメリカ陸軍 - M590・M590A1
アメリカ海軍 - M590A1

登場作品[編集]

外部リンク[編集]